スポンサーサイト このエントリーのはてなブックマーク数 このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

やる夫は勇者で、やらない夫は魔王のようです(5) このエントリーのはてなブックマーク数 このエントリーをはてなブックマークに追加

330 ◆1VJnZKjaM2:2010/08/28(土) 22:04:25 ID:GJfjHMOo

前回までのあらすじ



       /::::::.:.:.:.:.              |
       ./:::::::::::::::::.:.:., .-────‐-、|
      〈:::::::::::.:.:,r'"´  _   -─‐─‐-L_
      ヽ::::.:/ , -'"´              \
       Vr'´.:::::::::::::.:.:.,   - ─‐──‐‐- 、/
       /.::::::::.:.:.:.:., ィ:7::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.、:::.:.<
      \.::::::::::,ィ.:.:/:/::ヽ:::::、:::::::::::::::.、:.:.:.ヽ:.:.\   蒼の魔王が仲間になった!
       \,::イ::|::/:/.::::::ト、:::ヽト、::::::::::i::l:::::|:::.:.i::|   (やらない夫の)
          i.::i:::|/ー-、/ \::.\`> -‐'':|:::.:.|::|
           |:::|:::!/:::::''ー==z、 ヾ:、´,、-=ュ!::!::::::l/  ,‐ 、
         l:、!::ト、::〈ヾ_トッツ    〈じソ7l/:::/:/   /  l   , '⌒i
            !::ヽ:::`:、      ′    /.:/:/  /   .!/   /'⌒i
         ヽ.::ヽ:::.\   r‐‐┐   /:,:::イ  /   /   /  /
            \ト、:::::: .、 ゝ ノ  ,.イ:::/l仁ニ7   /'  /  /⌒i
             \Nト> ー‐<'´ ̄17.:.:.:ノ   ,.ト  ノ  /  /
              _ノイ厂   (´ ̄ `ー'    ヽ     ノ  /
              /イ夊刄   `ゝ─-、    >      ノ
           ,イ7!ノネ;l/;/  /ソ.:.:.:.:〈/ 「ヽ ̄`ニ   >、/ヽ
             /ノj 〉;/,};;;/  /j}.:.:::::::::::i  \`Tにコソ´`Y^7
          /.ノj./;/j} |;;|  ,/ソ'.:.:.:::::::::::|    \。〉仁ここソ
            /::ノj l;/ j} !」 /j}.:.:::::::::::::::::| ___, イニニ7'´ ̄
          ,イ:〈/   _j}  , イソ'.:.::::::::::::::::::j /.:.:::::::.:.:.|

331 ◆1VJnZKjaM2:2010/08/28(土) 22:06:47 ID:GJfjHMOo









     ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
     ┃やる夫は勇者で、やらない夫は魔王のようです ┃
     ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛





  ───────STAGE5:勇者のお話───────



332 ◆1VJnZKjaM2:2010/08/28(土) 22:09:16 ID:GJfjHMOo


       ___
      /     \
    /   ⌒  ⌒\
   /   ( ⌒)  (⌒)\   お茶とっても美味しいですお!
   i  ::::::⌒ (__人__) ⌒:: i   (怖いけど悪い人じゃないみたいだお)
   ヽ、    `ー '   /
     /     ┌─┐
     i   丶 ヽ{ .茶 }ヽ      ノ^ 、
     r     ヽ、__)一(_丿     ,;'   ヽ 
     ヽ、___   ヽ ヽ      {,   ・∀・}    とってもおいしいよ!
     と_____ノ_ノ      `ー---ー’ 茶



          ____
        /      \
      /         \  そぉ?それはよかった
     /   (●) (●)  \  僕お茶が趣味なんだよね
     |   (トェェェェェェェェイ)   |
     \  \ェェェェェ/   /
     (ヽ、      / ̄)  |
      | ``ー――‐''|  ヽ、. |
      ゝ ノ      ヽ  ノ  |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

   ∠^\
  _/ニニゝ__
  ~ヾ_ *゚ヮ゚)′そんなことよりほら、説明してあげないとかわいそうでしょ
   _ノ゚゚○゚
   ~~~`



333 ◆1VJnZKjaM2:2010/08/28(土) 22:10:49 ID:GJfjHMOo


            ____
          /     \
        /         \
       / (●) (●)    \  そうそう、そうだった
       | (トェェェェェェェェイ)    |
       \ \ェェェェェ/   /_
     //              ヽ /\
    / /        _     /  /
  /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(__.ノ ̄|\/|
    |              | /
    |__________|/



            ____
          /     \
        /         \   じゃあ色々と説明しようね
       /   (●) (●)  \
       |   (トェェェェェェェェイ)   |
       \  \ェェェェェ/   /_
     //              ヽ /\
    / /        _     /  /
  /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(__.ノ ̄|\/|
    |              | /
    |__________|/



334 ◆1VJnZKjaM2:2010/08/28(土) 22:13:14 ID:GJfjHMOo



       ,,,_______,,..._  ___
      ,/',/',/',/',/' ,.- 、.ヽ| |
    /~/~/~/~/~/:.:..::.:.` 、\  ここ、民家のように見えるけど、実はこっちが勇者の洞窟なんだよね
   ,/',/',/',/',/'/:. ___ \ヽ  
  , /'/~/~/~//:: .:.├┼┼┤ \\
 'i, 'i, 'i, 'i, 'i/:.:.:::..   ̄ ̄ ̄    :\_,、
  | ̄ ̄ ̄|::..:.:...:.   , '⌒l⌒ヽ  .:.::|
  | l;;;;i;;;; l |:.:.田田 | :iili | iili |:.田田|
  | l;;;;i;;;; l |:.:.田田 | :iili | iili |:.田田|
  |:.:.:   |:.::, :,: ::;:.| :iili | iili |:. .,:.::.|
"''`"`"'''::;;.`"''',;,;;,;``"/' ̄"' ̄ヽ` "''`"`"'''::;;.`"''',;,;;,;``"'''`
       `"'''`  ,'      \ "'''`"
"'';; :;:`"`"'''::;;.`"'"'';;       ,.:;:`"`"'';; :"'''::;;.`"'''::;;.`'',;,;;,;``"



       __________   
      ///////////\
    ///////////:::::\\     
  /∠∠∠∠∠∠∠∠∠/::::::::::::::::\\ むこうにあるのは最近増え始めてきた一般人用のアトラクションなんだ
   ̄|::::┌┬┐┌┬┐:::: l::::::::::::::::::::::::::::l ̄    
    |::::├┼┤├┼┤:::: |::::::::l ̄ ̄|:::::::|     
    |::::└┴┘└┴┘:::: |::::::::l   。 |:::::::|     
    | ┬┬┬┬┬┬┬ :| ┬:l   |:::::::|     
  """"""""""""""""""""""""""""""""



335 ◆1VJnZKjaM2:2010/08/28(土) 22:13:52 ID:GJfjHMOo


       ____
     /     \
   /         \  勇者の血をひくものにしか見えないんだよねココ
  /     (●) (●)\ 嘘じゃないよ。外を見てごらん
  |    (トェェェェェェェェイ) |
  \   \ェェェェェ/ /



           ____
         /       \
        /       ― ヽ
      /         ( ●) '、  どれどれ、みてみるかお
      |             (__ノ_)
      \            `_⌒
      /           \



336 ◆1VJnZKjaM2:2010/08/28(土) 22:14:53 ID:GJfjHMOo


───お外


     _____
..   /.:::::::::::::::::::::::::::ヽ
..   |:::::::γ⌒^Y⌒ヽ :.|
..   |:::::::::/ ._ノ  ヽ  ..|
   |:::::::〉 ( ○) (○)|  おっかしいなぁ…さっきまで走ってたのを見たのに…
.  (@ ::::⌒(__人__)⌒)  煙のようにぱっときえちゃったぞ
    |  u   |r┬-|  |
    \    `ー'´ /
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||



                 うゎぁぁ  ''';;';';;'';;;,.,                  うゎぁぁ
                       ''';;';'';';''';;'';;;,.,   う ゎぁぁあああ
          う  ゎぁぁあああ    ;;''';;';'';';';;;'';;'';;;
                        ;;'';';';;'';;';'';';';;;'';;'';;;
               ヽ        vymyvwymyvymyvy     う ゎぁぁあああ
               つ ゎぁぁ MVvvMvyvMVvvMvyvMVvv、
                   Λ_ヘ^-^Λ_ヘ^-^Λ_ヘ^Λ_ヘ
     う ゎぁぁあああ     ヘ__Λ ヘ__Λ ヘ__Λ ヘ__Λ      ヽ
               __,/ヽ_ /ヽ__,.ヘ /ヽ__,.ヘ _,.ヘ ,.ヘ    つ ゎぁぁあああ
    /\___/ヽ   /\___ /\___/ヽ _/ヽ /\___/ヽ
   /    ::::::::::::::::\/    ::::::/    ::::::::::::::::\  /    ::::::::::::::::\
  . |  ,,-‐‐   ‐‐-、 .:::|  ,,-‐‐   |  ,,-‐‐   ‐‐-、 .:::|、(|  ,,-‐‐   ‐‐-、 .:::|
  |  、_(o)_,:  _(o)_, :::  、_(o)_,:  |  、_(o)_,:  _(o)_, :::|_, )|  、_(o)_,:  _(o)_, :::||
.   |    ::<      .::|    ::< |    ::<      .::|ニ=|    ::<      .::||
   \  /( [三] )ヽ ::/\  /( [三]\  /( [三] )ヽ ::/ニ´\  /( [三] )ヽ ::/
   /`ー‐--‐‐―´\ /`ー‐-  /`ー‐--‐‐―´\-‐‐ /`ー‐--‐‐―´\
   消えた  消えた   消えた   消えた   消えた  消えた



337 ◆1VJnZKjaM2:2010/08/28(土) 22:16:01 ID:GJfjHMOo


       ____
     /⌒三 ⌒\
   /( ○)三(○)\  本当だ、やる夫たちの姿が見えてないみたいだお
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\    みんな引き返していくお
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /



         ____
         /     \
.     / (ー)  (ー)\  いやー待ってたよ勇者の血をひく人
    l^l^ln (トェェェェェェェェイ)\  ここんとこずっと偽物ばっかりみてたから
    ヽ   L \ェェェェェ/  |  飽きて寝ようかと思ってたんだ
     ゝ  ノ         /
   /   /         \
  /   /            \
. /    /         -一'''''''ー-、.
人__ノ        (⌒_(⌒)⌒)⌒))



     ____
   /      \
  /   _ノ ヽ、_.\  やる夫は何も知らないまま出てきてしまったんだお
/    (●)  (●) \  本当にやる夫は勇者なのかお?なんか実感できないお
|       (__人__)    |
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /



338 ◆1VJnZKjaM2:2010/08/28(土) 22:17:28 ID:GJfjHMOo


           *  _______
    / ̄|  +   /         ヽ   +
    | ::|    /⌒       ⌒   \     もちろんだとも!
    | ::|x  / ( ●)    ( ●)   |  .人  さっき言ったけど、ここは勇者じゃないと見えない
  ,―    \   | :::::(トェェェェェェェェェイ)::    |  `Y´ 触ることもできないんだから!
 | ___)  ::| .!   \      /   /
 | ___)  ::|+ヽ    \ェェェ/    /     十
 | ___)  ::|   .>          \
 ヽ__)_/   /                 \



       ____
     /     \
   /         \  あ、自己紹介遅れたね。僕はここで勇者が来るのを待ってる
  / (●) (●)    \  勇者専用の具象気体だよ。名前はないんだ
  | (トェェェェェェェェイ)    |
  \ \ェェェェェ/    /



            ___    ━┓
         /   ― \   ┏┛
       |     (●) ヽ\ ・
       l   (⌒  (●) | ぐしょーきたい?
        〉    ̄ヽ__)  │
.     /´     ___/
     |        ヽ
     |        |



339 ◆1VJnZKjaM2:2010/08/28(土) 22:18:19 ID:GJfjHMOo


         ____
         /     \
.     / (ー)  (ー)\   簡単に言うと勇者に助言したり、導いたりする役割を持った
    l^l^ln (トェェェェェェェェイ)\  魔法の塊だと思ってよ
    ヽ   L \ェェェェェ/  |
     ゝ  ノ         /
   /   /         \
  /   /            \
. /    /         -一'''''''ー-、.
人__ノ        (⌒_(⌒)⌒)⌒))



      _____    
    / ―   \  
  /ノ  ( ●)   \
. | ( ●)   ⌒)   |   魔法の塊…かお?
. |   (__ノ ̄    /
. |             /
  \_    ⊂ヽ∩\
    /´     (,_ \.\
.    |  /     \_ノ



          ____
        /      \
      /         \  そ。勇者が来るまでは眠ってて、
     /   (●) (●)  \  勇者が来たら前の勇者のお話と、勇者諸注意を説明するんだ
     |   (トェェェェェェェェイ)   |  いつどうやって情報を入手してんの?とか、細かいことは気にしない気にしない
     \  \ェェェェェ/   /
     (ヽ、      / ̄)  |
      | ``ー――‐''|  ヽ、. |
      ゝ ノ      ヽ  ノ  |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



340 ◆1VJnZKjaM2:2010/08/28(土) 22:20:28 ID:GJfjHMOo


         まずは前の勇者のお話をしようね




            ____
           /     \
          /  \   /\  前の勇者できる夫は、とても体術に長けた勇者だった
        /   (●)  (●) \  ただ強いだけでなく、人柄も良かった
      |         ´     |  
      \       ⌒    /
    / ̄ ̄ヽ           \
   (「    `rノ          \
    ヽ   ノ              \
     |   |             「\   \



       _________
      /     \
    /   ⌒  ⌒\  魔物にも好かれ、本人もそれを嫌だとは思っていなかった
   /   ( ●)  (●)\  当時世界のほとんどが魔王に征服されている中、
   i   ::::::*  __´___ *  .i  仲良くなった魔物も多かった
   ヽ、    `ー'´  /
   /         \



         ___
      /)/\  /\
     / .イ ' (●)  (●)\  だから前の魔王と取引をして、人間と魔物
    /,'才.ミ).   、_',__,    \  どちらも住みよい世界にしようと言った
    | ≧シ'           |  魔王もそれに応じて、丸く収まると思ったんだけど・・・
    \ ヽ           /



341 ◆1VJnZKjaM2:2010/08/28(土) 22:22:16 ID:GJfjHMOo


      ___    ━┓
    / ―\   ┏┛
  /ノ  (●)\  ・
. | (●)   ⌒)\   けど、なんなんだお?
. |   (__ノ ̄  |
  \        /
    \     _ノ
    /´     `\
     |       |
     |       |



       ____
     /      \
   /         \
  /  (●) (●)   \  それがね…
  |     r───-、     |
  \               /



342 ◆1VJnZKjaM2:2010/08/28(土) 22:23:13 ID:GJfjHMOo


───約束の日、勇者が待ち合わせ場所に行くと…



                                                 、Х
                                             〈`
                                               /\
                                              //.:::.:.::〉
                                          〉へ::.:/ヌ/〉
                                            /'个y´ ̄Lム、
                                         |:.'.;| [] . :::.ヒ!
                _                         |;'.:.| . : : : :ロ.::|
                   /:/\                       |.:::;|.: :.: :.:.::.:.::.:|
              ┌个┐| | .:_|___.                   |_.' |.::.:..:.[]::.:.::.:|
              | .:|...:|/:/...:.:|..: : : : : :.:`L..r─┬i            .//| |.: :.: :.:.:.:.:..::|
\             | └┴┬i::::|==========|: : ://__.        rr┴' | |.:.::.[]:.:: : : :|
:::...>、           |[]..::[]. 〈〈::::|::::::[]::::.:.:[]..r、]: :.[_[;;::::.}      ]:]:: : | | :.:: ::..::.::.:::.|. ┌::、     /〉
‐く.:〈     ,、   |. : : : :.: :\:|:::::::::::::::::::::/. : : : : :〉〉       //:: : :| | : :.::.::.:::..::.:|-┘:::L、r‐//┐ ,、
.: ::L└i   _ .||_ | : : : : : :、 〉〉/〉::::::;;:::〈 : : : : :〈〈      rく〈:.;:..::..::.::_|:::/Tl::::;二/ム、|  || _r─
::.: :└i:| //\| ::::ト、__ : : :||_'//、п∥::.:l| : : : : 〉〉      | :.|::|..::./rへ/レYL;/:>┘/ト┘.//::::.`L「|-┘/:::トyィ
工エ::「 /〈. ::〈|-、_/::::::..\r':.|.::[,/T>.:/ロ〃乢.: :: :〈〈       ̄└─匚|__| :| |:L:冂_| :|┐ .::::::ir==| |.:::.「.:[]:}il|{´
: :∠7ヘlコ:::|:.:..|-i_::_r√ソ\>へ:| :|:ln| :]:|:П叮  ̄               。l;_|_|ー|__!」====l|_<>‐┴─|i|l|
: :|ェ| .:::::|:.:.|:::..|::::.|\.::::》: :::L;:.::r| .L/∟ロ⊥!        rュ    ´         '                 ルヘ



         ____     l_
       /   u \    /
      /  \   / \   >    勇者が見たものは廃墟だった
    / U (○)  (○) \ \    仲の良くなった魔物達も、無残な姿に…
    |    u  __´,_  U |
     \u    /__/   /



343 ◆1VJnZKjaM2:2010/08/28(土) 22:24:29 ID:GJfjHMOo


         / ̄ ̄ ̄ \
      /   :::::\:::/\
     /    。<一>:::::<ー>。  勇者がその場に倒れこみ
     |    .:::。゚ __ ´ _~ ゚j  自分の無力さを嘆いていると…
     \、   ゜   ̄ ,;/゜
    /  ⌒ヽ゚  '"'"´(;゚ 。
   / ,_ \ \/\ \
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.



                      ''';;';';;'';;;,.,
                      ''';;';'';';''';;'';;;,.,   ザッ
         ザッ            ;;''';;';'';';';;;'';;'';;;    
                       vymyvwymyvymyvy     ザッ
              ザッ     MVvvMvyvMVvvMvyvMVvv、
    ザッ           ヘ__Λ ヘ__Λ ヘ__Λ ヘ__Λ
                 ,/ヽ_ /ヽ__,.ヘ /ヽ__,.ヘ _,.ヘ ,.ヘ
          |\_/ ̄ ̄\_/| |\_/ ̄ ̄\_/| |\_/ ̄ ̄\_/|
  |\_/ ̄ ̄\_/| |\_/ ̄ ̄\_/| |\_/ ̄ ̄\_/| ▼ |_/
  \_| ▼ ▼ |_/\\_| ▼ ▼ |_/ \_| ▼ ▼ |_/.皿 /\
     \ 皿 /  /    \ 皿 / /     \ 皿 /     \ |
     /    \  | | マモノ /    \ | | マモノ /    \| マモノ .| |

        なんと魔物の群れが襲いかかってきた
        勇者は魔王に騙されてしまったんだ



344 ◆1VJnZKjaM2:2010/08/28(土) 22:25:56 ID:GJfjHMOo


                             .//           //     \  \
                            //         // .    / / \   \
.   / ̄ ̄ ̄\                ,//、`       //     / /    .\  \
.  /ヽ  /   \_____       .//. ,. _._   //       / /      \  \   ザンッッ
./(●) (● )。    ヽ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    // '''‐-._ ~゛゛''' ‐-. .  ' / /`ヽヽ    . \  \
|   __´___       |‐-  _ ──────     /゛゛''' ‐-. ._ ヾ从   ''' ‐-‐-   \  \
.\               _∠__  ‐-、、         //          / /    ゙i! ゛'' '‐-=   \  \.~゛゛''
 (    ̄ ̄ ̄ ̄      _,,_゙iー' `ヽ_)__//________ _  / / _________ /  /~゛゛ニ
.  |    ̄ ̄ ̄ ̄丁 ̄ ̄ ̄   ゛'''-..,_,       ̄______二_______ __  /  / ̄ ̄ ̄
  |          |――  ____\゛7>-..,_,  ゛'''-..,_,   / /_      ゙  . /  / ̄ ̄ ̄ ̄
 /          ` ‐- _  ̄ ̄ ̄  / \/ ゛''-..,_,   ゛'''-'..!,_,         /  /
/    / ̄‐-__  ――――‐-  // \\       ゛'''-..,_,   ゛'''-.., _,  ./  /
\  イ ___    ‐-   ___//    \\             !゛'''-..,_,       /
  \  ̄ ̄ ̄    ――___      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ノ  ノ――――________
  `‐'´           ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

        勇者は涙を堪えながら剣を振り、魔物の群れを打ち倒していった



────そして、魔王と一騎打ちになったんだ



345 ◆1VJnZKjaM2:2010/08/28(土) 22:27:28 ID:GJfjHMOo


───その結果は



           ___
         ,/      \
      ,,---、   ノ  ヽ、\ ― 、
      l   l ( ○)}liil{(○)\  |  そ、そんな馬鹿な…
      |   |   _´_    |  |  あなたとはわかりあえると
      |   | ヽ |!!il|!|!l| //  /
     ゝ      |ェェェェ|     /
彡    \          /
    彡  /          |
       ./              |



        / ̄ ̄ ̄\
      /        \   そう、信じていたのに…
     /  --‐  ‐--    ヽ
     |  (◯)  (◯)   |
     \    '     __,/
     /         \



                               ヽ`
                              ´  魔王の起こした爆発で勇者は跡形もなく
                               ´. 攻撃した魔王の方も爆発に耐えられず
                           __,,:::========:::,,__    相うちになったってわけさ
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                    \
        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                       ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙       .'                             ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:                ゙゙゙゙゙;;;;;;
  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                              ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙ i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,   ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙ -;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙ /`゙
                    ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙|lii|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´`゙
                         ´゙゙´`゙``´゙`゙´``´゙`゙゙´´



346 ◆1VJnZKjaM2:2010/08/28(土) 22:28:53 ID:GJfjHMOo


                       ! |l!│!l│!l!│!l!l│
                    │!l│!l!│!l!l│
                ―‐  、   │!l!│!l!l│
                /      .:ヽ     │!l!l│
             l         .:.:.l         │
              ヘ     .:.:.:.:/
              \ .:.:.:.:.:.:.:く  そうかお。トーチャンは…
              ィ´ .:.:.:.:.:.:.:.:|  トーチャンはそうやって死んだのかお…
            〈     .:.:.:.:.:.:.:.:|
               />、   .:.:.:.:.〈
                / !  l!    .:.:.:.:.l
           / {         .:.l
           ゝ‐'\____.:ノ
               :::::::::::::::::::::::::::..
                ::::::::::::::::::::::::::::..
                  ::::::::::::::::::::::::::...
                   ::::::::::::::::::::::::::
                     ::::::::::::::::




    ノ^ 、
   ,;'   ヽ
  {,   ・A・}  やる夫…
   `ー--ー’



347 ◆1VJnZKjaM2:2010/08/28(土) 22:30:08 ID:GJfjHMOo


         ____
        /      \
      /  ⌒  ⌒  \     大丈夫だおスラっち
    /   (⌒) (⌒)   \l⌒l  トーチャンもやる夫みたいに魔物と仲良くしてたんだお
     |      (__人__)     |`''|  やる夫はスラっちを嫌いになったりしないお
    \     ` ⌒´    _/ /
                   /



        ___
      /      \
   /          \  それにトーチャンの話が聞けてよかったお!
  /   ⌒   ⌒   \  カーチャンは絶対にしてくれなかったんだお
  |  /// (__人__) ///   |  トーチャンは強くて優しい立派な勇者だったんだお
. (⌒)              (⌒)
./ i\            /i ヽ



       ____
     /     \
   /         \
  /     (●) (●)\ お、なかなか強いねぇ。それでこそ勇者の血をひくものだよ
  |    (トェェェェェェェェイ) |
  \   \ェェェェェ/ /



348 ◆1VJnZKjaM2:2010/08/28(土) 22:31:40 ID:GJfjHMOo


          _____.|┃┃
.         /       |┃┃
     /        |┃┃
    /   (●) (●)|┃┃  じゃあ今度は勇者諸注意だね
.   |.  (トェェェェェェェェイ|┃┃
.     \ \ェェェェェ/|┃┃
    /          .|┃┃
    / i       (.二つ┃
   { ミi      (.二⊃┃
   l ミii         ト、二)┃
   | ミソ      :..`ト-'. ┃


      / ̄ ̄ ̄\
    / _, 、_ \  勇者になるのに注意事項があるのかお?
   /  (●)  (●)  \
   |    (__人__)    |
   \    ` ⌒´    /



   ∠^\
  _/ニニゝ__
  ~ヾ_ *゚ヮ゚)′<それについては私から説明するわね~
   _ノ゚゚○゚
   ~~~`



349 ◆1VJnZKjaM2:2010/08/28(土) 22:32:41 ID:GJfjHMOo


      ┌-、へ/|
       >: : : : : : :>、
       ヽ: : :..:.r-ヽ:::::::\   _,ri
     ,--、_|^::'`::::::::::::::::_\/:: /            勇者の諸注意!
     ゝ: :r`;>―一''"´::::::``::ー- 、
     ,,>‐'":::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、
  、-'"´ ゝ,;,;、--t―;tェュ、_,ィtァ─- 、:::::::)    その1:困っているものがいたら人でも魔物でも助けること
 r‐`: : : :(´:::::::::::::ヽ、`-゙' vv У:::::::::::;>'     その2:勇者としての自覚を持つこと
 ``7,、べ、:::::::::::<"´``:::::t'''´_;、ィ'"´       その3:勇者の権利をむやみやたらと行使しないこと
     `ー'フ-;ュレ>:、;::::::::;ゝ'ヽ:/
        ̄  .,ィ':::_T´              以上三点よ~しっかり覚えていってね~
      ,、-=‐'''"´:(゚ノ`i
    _/-'´:::::::::;:::::::::::::;:':,
   / /:::::,::-'::::/:::::::::::::i:::':,
   レ-'"::::::/:::::::::::::::::i,::::':,
   ヾ:::vv:;i'´ ヽ/l/`´/::::::',
   く: :r‐'        」:`<
    'ー'        /;、-''´



350 ◆1VJnZKjaM2:2010/08/28(土) 22:33:17 ID:GJfjHMOo


      ____
     / _ノ   \ ( ;;;;(
   / (●)   ヽ_\) ;;;;)
.  /   γ   (● /;;/  勇者としては当たり前のことばっかり書いてあるお
  |    `ー'、_,ノ   l;;,´   ていうかその1は当然のことじゃないのかお?
  /     ∩ ノ)━・'/   
 (  \ / _ノ´.|  |
 .\  "  /__|  |
   \ /____/



       ____
     /      \
   /         \   最近のエセ勇者はこれが守れてない輩が多くてねぇ
  /  (○)  (○)  \  まったくマナーの守れてない奴ばっかりで嫌になっちゃうよ
  |   ┌ェェェェェェェェ┐    |
.  \ Lェェェェェェェェ._l  /



       ____
     /     \
   /         \   ねぇマージ。君、この子についてってあげなよ
  /     (●) (●)\  この子なら大丈夫だと思うんだ
  |    (トェェェェェェェェイ) |
  \   \ェェェェェ/ /



351 ◆1VJnZKjaM2:2010/08/28(土) 22:34:37 ID:GJfjHMOo


         <^~ヽ
      ゞ~):::::_ヾフ
    -=二::´*・w・)::二=-  あら、じゃあついていこうかしら
        <..::::>      ここにいたって、あなた眠ってしまうものね
        ノo○、
      ヾノ::l..::::::iゝ
      `~~~´



    ノ^ 、
   ,;'   ヽ なかまがふえるの!?やったーやったー!
  {, *・∀・}
   `ー---ー’



352 ◆1VJnZKjaM2:2010/08/28(土) 22:35:57 ID:GJfjHMOo


      ┌-、へ/|
       >: : : : : : :>、
       ヽ: : :..:.r-ヽ:::::::\   _,ri
     ,--、_|^::'`::::::::::::::::_\/:: /
     ゝ: :r`;>―一''"´::::::``::ー- 、   私、ムウマージ。気軽にマージって呼んでね~♪
     ,,>‐'":::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、
  、-'"´ ゝ,;,;、--t―;tェュ、_,ィtァ─- 、:::::::)
 r‐`: : : :(´:::::::::::::ヽ、`-゙' vv У:::::::::::;>'
 ``7,、べ、:::::::::::<"´``:::::t'''´_;、ィ'"´       ムウマージをげtt…ゲフンゲフン
     `ー'フ-;ュレ>:、;::::::::;ゝ'ヽ:/         ムウマージが仲間になった!
        ̄  .,ィ':::_T´
      ,、-=‐'''"´:(゚ノ`i
    _/-'´:::::::::;:::::::::::::;:':,
   / /:::::,::-'::::/:::::::::::::i:::':,
   レ-'"::::::/:::::::::::::::::i,::::':,
   ヾ:::vv:;i'´ ヽ/l/`´/::::::',
   く: :r‐'        」:`<
    'ー'        /;、-''´



         ____
        /⌒  ⌒\
    (ヽ /( ●)  (●)\   /)   やる夫だお!勇者がなんなのかを探す旅をしてるんだお!
   (((i ):::::: ⌒(__人__)⌒::::\ ( i)))
  /∠ |     |r┬-|    |_ゝ\
  (___     `ー'´   ____ )
       |        /
       |       /
         |   r  /
       ヽ  ヽ/
        >__ノ;:::......



    ノ^ 、
   ,;'   ヽ  ぼくスラっち!世界がみてみたくてやる夫とたびをしてるんだ!
  {, *・∀・}
   `ー---ー’



353 ◆1VJnZKjaM2:2010/08/28(土) 22:36:39 ID:GJfjHMOo


       ____
     /      \
   /         \
  /   (●) (●)  \  それじゃあいってらっしゃい勇者の血をひく人
  |   (トェェェェェェェェイ)   |  君が勇者がなんなのかを理解した時
  \  \ェェェェェ/   /  君は『勇者の血をひく人』から『勇者』になれると思うよ
  |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
:::::::||:::::::::::::::::::::::::::/::::|       じゃあね。
:::::::||::::::::::::::::::::::::::/||
:::::::(_|:::::::::::r:::::::/:::::(_)
::::::::::::::ヽ:::::::|/
::::::::::::::::::;:::....::::::::::::::   サラサラサラ
















    やる夫が後ろを振り返ると、もう勇者の洞窟は消えていました



"''`"`"'''::;;.`"''',;,;;,;``"/' ̄"' ̄ヽ` "''`"`"'''::;;.`"''',;,;;,;``"'''`
       `"'''`  ,'      \ "'''`"
"'';; :;:`"`"'''::;;.`"'"'';;       ,.:;:`"`"'';; :"'''::;;.`"'''::;;.`'',;,;;,;``"



354 ◆1VJnZKjaM2:2010/08/28(土) 22:38:11 ID:GJfjHMOo


         ___
        / .u   \
      /((○)) ((○))\    勇者の洞窟が消えてしまったお!
/⌒)⌒)⌒).::::  (__人__) l_j :::\     /⌒)⌒)⌒)
| / / /     |r┬-|     | (⌒)/ / / //
| :::::::::::(⌒) U .| |  |    /   ゝ  :::::::::::/
|     ノ    | |  |    \  /  )  /
ヽ    /    └ー.┘    ヽ /    /



   ∠^\
  _/ニニゝ__
  ~ヾ_ *゚д゚)′<仕方ないわ~勇者に伝えるという使命を果たしたのだから~
   _ノ゚゚○゚
   ~~~`



    ノ^ 、
   ,;'   ヽ
  {,   ・A・}  なんか、かなしいんだね。ぐしょーきたいって…
   `ー--ー’



355 ◆1VJnZKjaM2:2010/08/28(土) 22:39:20 ID:GJfjHMOo


   ∠^\
  _/ニニゝ__
  ~ヾ_ *゚ヮ゚)′<過ぎたこと言っても仕方ないわ~前に進みましょう
   _ノ゚゚○゚
   ~~~`



                  ,ヘ
      ____      / /
     /\  /\   / /
   /( ⌒)  (⌒)\/  /   そうだお!やる夫たちは旅を続けるんだお!
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\ /    まだまだ勇者が何かはわかってないお
  |     |r┬-|       |
  \     ` ー'´     /
  /          \
 /             \
/  /\           ヽ
 /   \          ノ
U      ヽ        ノ



    ノ^ 、
   ,;'   ヽ  そうだね。すすまないとだね。まだ世界はちょっとしかみえてないもん
  {, *・∀・}
   `ー---ー’



356 ◆1VJnZKjaM2:2010/08/28(土) 22:40:24 ID:GJfjHMOo





===============================



   ──君にはできるだろうか。勇者の宿命をひっくり返すことが




      僕は、どこまで真実を保持できていたのだろうか──




      君に、『真実』を伝えることができたのだろうか



===============================



357 ◆1VJnZKjaM2:2010/08/28(土) 22:41:10 ID:GJfjHMOo

以上で5話は終了です
ありがとうございました

質問、苦情は随時受け付けておりますぞ!



358名無しのやる夫だお:2010/08/28(土) 22:41:34 ID:VfiIN14c

乙です



359名無しのやる夫だお:2010/08/28(土) 22:42:45 ID:EwRsGED2

ムウマージも可愛いがサーナイトこねーかなー



360名無しのやる夫だお:2010/08/28(土) 22:55:17 ID:gCXDy93I





361名無しのやる夫だお:2010/08/28(土) 23:04:01 ID:uzJQMEhA

乙です

やる夫含めて仲間がめっちゃ弱そうなんだが
魔王連中とまともに戦えるのか?



362 ◆1VJnZKjaM2:2010/08/28(土) 23:07:50 ID:GJfjHMOo

>>361
マージさんはとあるワードを言ってしまうとブチ切れるのです
そりゃあもうポルターガイストってレベルじゃねぇぞって勢いで



363名無しのやる夫だお:2010/08/28(土) 23:07:54 ID:z6O.hlb6


仲間は6匹までなんですねわかります



364 ◆1VJnZKjaM2:2010/08/28(土) 23:18:04 ID:GJfjHMOo

いるようでいらない質問コーナー

Q なんか今回短いね
A なんでだろうね。書いてたら短く収まってしまった

Q 仲間が弱そうです
A 最初の方だからね

Q サナは!サナは!!
A サナとブイズだけは使わんぞ絶対にだ!!



365名無しのやる夫だお:2010/08/28(土) 23:27:46 ID:hyrz0Uak





366名無しのやる夫だお:2010/08/29(日) 00:08:12 ID:lUhNiAtE

最終的にミュツーやカイオーガが仲間になるんですね、わかります



367名無しのやる夫だお:2010/08/29(日) 00:08:15 ID:nLQeSRag

だっしゅ読みしました。

勇者側にもルールがあるんですね。
これは面白い。



368 ◆1VJnZKjaM2:2010/08/29(日) 00:19:58 ID:qAi0eLBw

Q 勇者側と魔王側で具象気体の言ってること違うんだけど
A どっちが正しいのか、それともどっちも正しくないのか
 それはこの先わかっていくことです
 しかしマオウはこのお話の核心部分を既に知っているはずなのですが…



369名無しのやる夫だお:2010/08/29(日) 02:23:28 ID:q5ogAcJc


漁夫の利を得た奴がいるのかな



370名無しのやる夫だお:2010/08/29(日) 02:42:56 ID:RwmyFxa.

乙です
具象気体ってグルグルにもそんなのがあったな



371名無しのやる夫だお:2010/08/29(日) 07:13:51 ID:1XLQVaLw

乙!
これはワクワクして来たな!



372名無しのやる夫だお:2010/08/29(日) 07:52:04 ID:JSTAcvhw

乙ー



373名無しのやる夫だお:2010/08/29(日) 09:50:31 ID:2tLF3i7I

乙!
これはアレだな、そこらの有象無象にホイホイ勇者認定を授けておきながら
やる夫に対してだけは賢狼ホロロ・・・もとい、けんもほろろに追い払った王様が何か知っているとにらんだねw



374名無しのやる夫だお:2010/08/29(日) 10:33:29 ID:gLCbcXc.

ところで世界観が知りたい
場面が変わるごとにやる夫たちに周りの景色を教えてほしいな、わがままな自己中ですいません



375名無しのやる夫だお:2010/08/29(日) 10:42:47 ID:yvJrMbOM





絶対ヒーロー改造計画(初回限定版)絶対ヒーロー改造計画(初回限定版)

プリニー2 特攻遊戯! 暁のパンツ大作戦ッス!! クラシックダンジョン ~扶翼の魔装陣~ 絶対ヒーロー改造計画 ザ・コンプリートガイド ディスガイア インフィニット 世界樹の迷宮III 星海の来訪者 特典 サウンドトラックCD付き

by G-Tools





コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://run1dekiru.blog28.fc2.com/tb.php/435-f407ae5d


ブログパーツ











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。