スポンサーサイト このエントリーのはてなブックマーク数 このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【超氷河期】やる夫が一流大学からブラック企業に行くようです(9) このエントリーのはてなブックマーク数 このエントリーをはてなブックマークに追加

935 ◆cAfqILQaOk:2010/04/10(土) 14:06:12 ID:6Q3rHii6
やる夫が一流大学からブラック企業に行くようです。
第9話


                           ___
                     _      /      \        〈/x仭
                  ( c)   / ⌒  _⌒  \     〈/x仭 x仭
                  ヽ ヽ / (●)  (●)   .\    /x仭_/
                   ヽ  |    __´___      |  ///
                      \ \   |r┬-| /\/ //<ミ)  ギュイーーン♪
                       \ ー  `ー'´ /   [_////
                       ヽ|      ,ノ,o。´////
                      人..|     イ/o///ヽ__
                         | .,ィ´ {_///ヽ ーフ
                       ./  /XXX/   ゝ‐     、__人__人__人__人__,
                      /   //XXXl  o/.      _)             (_
                      |   \::ヾ//l|l‐/ヽ      _)  イェーイ!  (_
                      \   \/ /!::!|  \      )           (
                        \    !::。゚ノ/    \     ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒

936 ◆cAfqILQaOk:2010/04/10(土) 14:06:35 ID:6Q3rHii6
         ___
        /     \   ・・・
      /⌒   ⌒  \ 
     / (ー)  ( ー)   \
     |    (__人__)      |
     \_  ` ⌒´    __/
     /´:::/ヘ;;;/∨::\::::::::`ヽ
     i:::,::>:::i/;;;;i /:::::::く:::::::,::::::ヘ
    {:::i::ヽ::i;;;;;;;/:::::/::::::::i:::::::::}

やる夫は悩んでいた。




937 ◆cAfqILQaOk:2010/04/10(土) 14:06:57 ID:6Q3rHii6
         _ , -―-、
    , 'ニニニ、::::(0::::::::::ヽ、
      ̄ ̄ヽ':::::::::::::::  ヾ
         ):::  ....   \
        /    ::::::::::::::::::ヽ
        /      ::::::::::::::::::|
       /       :::::::::::::::::::|
      / ̄ ̄ ̄\ ::::::::::::::::::::::::::|
     ─   ─  \::::::::::::::::::::::::|
    (●)  ( ●)   \:::::::::::::::::::|
    | (_人__)      | :::::::::::::::::::|
    \` ⌒´     //::::::::::::::/::::|
      | ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄ /:::::::::::::::/:::::|
      .|  ||      /:::::::::::::/::::::::|
      |  ||      |:::::::::::::/::::::::/
       | .||     |::::::::::::/::::::::/
       | ||     |:::::::::/::::::::/
       | ||     |::::::::{::::::::/
        | ~      .ヽ::::|:::::::/
        |       .ヽノ::::/
        λ        :::|
        ヽ        ::::|
          ト、_  |    ::::::ヽ、
         |   |~7  ::::::::::::::`ヽ、
       -‐W~フ {  ト、:::::::::::::::::::ヽ、
      z__,―' ̄Σ Z  ̄ヽ―-、_ノ
          '―z_,┴'~

株式の仕事は面白いし、今まで教科書でしか見たことのない書類や実務に触れ
非常に勉強になった。

しかし・・・




938 ◆cAfqILQaOk:2010/04/10(土) 14:07:18 ID:6Q3rHii6
     ____
   /      \                 シンジンノクセニオレニイケンスンノカゴルァ!>
  /         \  
/           \
|     \   ,_   |
/  u  ∩ノ ⊃―)/
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

弱冠22歳という年齢で全社の法務を担当するのは
この異常な体育会系気質の会社では無理であった。
本来であれば露払いをすべき上司も全く動こうとせず
やる夫のため、法務のために動くことを嫌がった。




939 ◆cAfqILQaOk:2010/04/10(土) 14:07:36 ID:6Q3rHii6
        :::::::::::::/ ̄ ̄∨ ̄ ̄\ ::::::::::::::::
   ::::::::::::::::::::::::::::::|  / ̄ ̄ ̄\ |:::::::::::::::::::::::::
    ::::::::::::::::::__|/  _ノ  ヽ、_ \|__::::::::::::::::
   ::::::::::::::/  / ((>)) ((<)) \  \::::::::::::::::
  :::::::::::::::::|   | o゚  (__人__)  ゚o|   |::::::::::::::::::::::::
 :::::::::::::::::(⊥_⊥)\___`⌒´__/(⊥_⊥):::::::::::::::::
    ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

やる夫は全社に法務部門の重要性を説きまわった。
平身低頭して契約書を取引先から言われたまま締結しないでほしいことや
おかしいと思ったことはやる前に相談してほしいことも伝えて回った。




940 ◆cAfqILQaOk:2010/04/10(土) 14:07:53 ID:6Q3rHii6
     _____
   /.::::::::::::::::::::::::::.ヽ
   |.:::::::::γ⌒Y⌒ヽ::.| うるせーな!
   |::::::::/ \::::::::/i:::| 忙しいんだから、そんなことやってられっかよ。
   |:::::::〉( ●)::( ●).| 法務?んなもん今まで無かったけど回ってきたろ?
  .(@ ::::::⌒(__人__)⌒)
   |      ` ⌒´  |
   \         ,/
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
   |  \/゙(__)\,|  i |
   >   ヽ. ハ  |   ||
【営業第1部 部長 いく夫】




941 ◆cAfqILQaOk:2010/04/10(土) 14:08:09 ID:6Q3rHii6
        :::::::::::::/ ̄ ̄∨ ̄ ̄\ ::::::::::::::::
   ::::::::::::::::::::::::::::::|  / ̄ ̄ ̄\ |::::::::::::::::::::::::: それは偶々ですお!
    ::::::::::::::::::__|/  _ノ  ヽ、_ \|__:::::::::::::::: 事故はいつ起きるか分からないんですお!
   ::::::::::::::/  / ((>)) ((<)) \  \:::::::::::::::: お願いだから契約書見せてくださいお!
  :::::::::::::::::|   | o゚  (__人__)  ゚o|   |::::::::::::::::::::::::
 :::::::::::::::::(⊥_⊥)\___`⌒´__/(⊥_⊥):::::::::::::::::
    ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::




942 ◆cAfqILQaOk:2010/04/10(土) 14:08:26 ID:6Q3rHii6
     _____
   /.:::::::::::::::::::::::::::ヽ
   |.:::::::γ⌒^Y⌒ヽ::.|  は?
   |::::::::ゝ ノ^,  ^ヽ |  お前に見せて何になるんだよ
   |::::::( ((・) ((・) |  うちにはな、「伝統の契約書ひな型」があるんだよ。
   (@  ::::⌒(__人__)⌒) もう20年使ってるんだから、今更お前が見なくてもいいんだよ。
    |     |r┬-|  | 
    \      `ー'´ /
 ,,.....イ.ヽヽ、___ ーノ゙-、.
 :   |  '; \_____ ノ.| ヽ
    |  \/゙(__)\,|  i


              ____
            /      \ え、20年前の契約書のひな型をまだ使ってる・・・
           / ─    ─ \
         /   (○)  (○)  \
         |      (__人__)     |
         \     `⌒´    ,/
         /     ー‐    \




943 ◆cAfqILQaOk:2010/04/10(土) 14:08:44 ID:6Q3rHii6
     _____
   /.:::::::::::::::::::::::::::ヽ
   |.:::::::γ⌒^Y⌒ヽ::.| なんだお前、偉そうなこと言う割に
   |::::::::ゝ \  / | うちのひな型見たこと無いのかよ。
   |::::::( ( ●) (●)| ホレ、見せてやるから帰れ!
   (@ ::::⌒ノ(、_, )ヽ⌒)
    |    `-=ニ=-  |
    \     `ー'´ /
 ,,.....イ.ヽヽ、___ ーノ゙-、.
 :   |  '; \_____ ノ.| ヽ
    |  \/゙(__)\,|  i




944 ◆cAfqILQaOk:2010/04/10(土) 14:09:12 ID:6Q3rHii6
         __,‐⌒ヽ、
         /   '─ \ こ、これは酷いお・・・契約書の体裁になってないお・・・
        ノ ノ-、 (○) \ 20年前のっていうことを差し引いても
        | 。(○)  、゚ ヽ, ヽ こんなんで数億円の金が動くのかお・・・
        ヽ  ヽ__,,,トー'i   ) それにこの値引は・・・
        ノ    ` ⌒''  ノ
        (           }
        ヽ         /
         ヽ     /
       ./ー-.l`‐-‐< ̄``ヽ
      (   ⌒⌒ ̄ ̄`r:ュ〈
       ´`´ー-、_,. -‐'´/l .ト''ヽ




945 ◆cAfqILQaOk:2010/04/10(土) 14:09:30 ID:6Q3rHii6
     _____     ━┓
    / ―   \    ┏┛ いく夫さん、この値引ってなんですお?先方に支払う
  /ノ  ( ●)   \  ・  業務委託料が1億円から1,000万円になってますけど・・・
. | ( ●)   ⌒)   |
. |   (__ノ ̄    /
. |         /
  \_      _ノ\
    /´         |
.     |  /       |




946 ◆cAfqILQaOk:2010/04/10(土) 14:09:47 ID:6Q3rHii6
     _____
   /.::::::::::::::::::::::::::.ヽ あ、それか?
   |.:::::::::γ⌒Y⌒ヽ::.| それはな俺が先方の社長に会って
   |::::::::/ ⌒  ⌒ | 「この値段じゃなかったら、他の取引も停止にすんぞゴルァ!」
   |:::::::〉 ( >) (<)| って交渉した結果なわけよ。
   (@ ::::⌒(__人__)⌒) 向こうは中小だからさ、全く逆らわなかったぜ。
    |    /| | | | |  | ま、俺の成果を残すために契約書に明記したんだよ。
    \ (、 `ー―'´, /


         ____
        /⌒  ⌒\         ━━┓┃┃
      /(  ̄)  (_)\         ┃   ━━━━━━━━
     /::::::⌒(__人__)⌒:::: \         ┃               ┃┃┃
    |    ゝ'゚     ≦ 三 ゚。 ゚                            ┛
    \   。≧       三 ==-
        -ァ,        ≧=- 。
        イレ,、       >三  。゚ ・ ゚
        ≦`Vヾ       ヾ ≧
        。゚ /。・イハ 、、    `ミ 。 ゚ 。 ・




947 ◆cAfqILQaOk:2010/04/10(土) 14:10:07 ID:6Q3rHii6
         ____
        /ノ   ヽ、_\    r ⌒j それは
      /( ○)}liil{(○)\  /   /  独占禁止法にも下請法にも違反してますお!
     /    (__人__)   \/   /   /  ) 公正取引委員会から怒られるし
    |     |i|||||||i|     /  /  /  /  1億の仕事を1,000万円にして
    \     |ェェェェ|     /   '` ´  /    その会社が大丈夫とは思えませんお!
      r´  (⌒'ー―- イ′     ´廴
     /    > 、     ヽ      _  ̄ ̄ ̄)
    /        -、      }        (  ̄¨´
   /           ヽ._       __  \
                `   --‐'´ `゙' 、_.)




948 ◆cAfqILQaOk:2010/04/10(土) 14:10:24 ID:6Q3rHii6
     _____
   /.::::::::::::::::::::::::::.ヽ
   |.:::::::::γ⌒Y⌒ヽ::.| いちいちうるせーよ!
   |::::::::/ \::::::::/i:::| 向こうの会社がいいって言ってるんだからいいんだよ!
   |:::::::〉( ●)::( ●).| うちの利益が上がるんだからいいじゃねーか!
  .(@ ::::::⌒(__人__)⌒) 食わせてもらってる事務の癖に邪魔してんじゃねーよ!
   |      ` ⌒´  |
   \         ,/
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
   |  \/゙(__)\,|  i |
   >   ヽ. ハ  |   ||




949 ◆cAfqILQaOk:2010/04/10(土) 14:11:06 ID:6Q3rHii6
              __
           .-´    ``ヽ ぶべらっ!
          /  ヽー     `ヽ
         / ノ    (O )ノ ̄ ̄`ヽ、―ニ
        / (●) __)⌒/ ´`ヽ _  三,:三ー三,:
        | ::⌒(__ノ/  ノヽ--/ ̄ ,    `   ` ̄ ̄ ̄
       。ヽ 。   )(  }.  ...|  /!
         ヽo (__ン  }、ー‐し'ゝL _
         人  ー   jr--‐‐'´}    ;ーー------
        /        ヾ---‐'ーr‐'"==




950 ◆cAfqILQaOk:2010/04/10(土) 14:11:23 ID:6Q3rHii6
      \\ ,-、               | || !| |
\\   、,、-' 弋              | || || | !   ./
  _,、-'      (              ! || || | |   / / ̄ ~/   __ __
 (_          ヽ、           | l ! || | | /  /   /___./  //  /
.\ ¨''、         ヽ、,_          || !| |  // ̄ ̄       /  //  /
    ヽ、    _,、―--、,__)         ! | || .|  //__   __ /  //  /
  \\.ヽ  /      ヽ\\      || || |  /    /   / / /._M//_M/
    \ | .f         }        ! | || | /    /   / /   /
      し|  _      ノ  \\   | |  !  !    /   / /   /
       .ゝ_____,、-'´      .\  !   !    ./   / /   /
      \\    ¨¨・・,\\    |   | /  /μM/ /   / _ _ _
        \   \   ;,       . し'/      ./μM/ / // // /
                      。     て_         ./M//M// /
                           て                / /
                          ~               /M/




951 ◆cAfqILQaOk:2010/04/10(土) 14:11:45 ID:6Q3rHii6
                ,. '"´ ̄  `、
               /           ヽ こ、これはまずいお・・・
              /      ノ,    (○) Y
             i      (○)   、__ ) ヽ
             |       '、__/    !
             |                  /
             |               /
             |       _,,.. -‐'"´
             |    , .'"´
              i   .!
              ゙、  ゙、
               \  ヽ
                 ヽ  !
                ノ/
               i'/
                !

いわゆる下請イジメであった。
中小・ベンチャーの会社に圧力を掛け、不当な値引や有りえない納期での納入を迫り
仕入原価を下げていたのだった。
ある程度は許容されるものの、1億の仕事を1,000万円でというのは
違法行為以外の何物でもなかったが、V速株式会社では「営業努力」として評価された。




952 ◆cAfqILQaOk:2010/04/10(土) 14:12:06 ID:6Q3rHii6
       / ̄ ̄ ̄\
     /ノ     ヽ、 \
    /o゚((●)) ((●))゚o \
    |    (__人__)    |
    \ ヽ |!!il|!|!l| /  /
   /::ノ"''フ:ノ|゙ x ''|ヽ!:::_,,,L,,ノ,,ノ_ノ゙>i、
.  i/ヘ" ムノ:::::| i::::! |-''"::::/    ゙ヾノヽ
  /(:::::::゙ソ"_;;;;;;ノ: :V: :ヽ,,.::''"ヽi、  をノ
 (::::ヽ,ノ"!,,_::;/: :i: :i: : :ヽ_;;:::::"ヽi、
  ^゙''" /::::;シ: : : : i , -ii !、\::;;ノ::::)
    (::::ヽへ、: : : i    i/  ゙''ヽ,/
    ヽ" | ゙''' -r|    |    !゙
       | "''ヾ!|     .|
        |    i|   .|
        |   /| , il |

やる夫は直ちに管理本部長に報告し、ひな型の使用停止を全社に通達するように頼んだ。




953 ◆cAfqILQaOk:2010/04/10(土) 14:12:34 ID:6Q3rHii6
.           ____
        /- 、 ! ,. ./`i また、お前か!
       /ヘ二_爪_/  リヽ いい加減営業の邪魔をするな!
     / ヾニ・ニハ /|  /フ \ 公取?そんなもんくるわけないだろ!
     .|     / | | |リ  ヒ   |
     \   ィニ//  ,`弋ヽ
   __ ヽ  - ′.Y´  , `ヽ`.l
  / :  : :介〈  `ー〈::....ノ   Vヽ
  | : : : : ::〈 「`ヽ_ー 、 `ヾ_/ //:|
  | : : : : : /: | {::::} フ-、`ー┴‐- │
  | : : : 〈: :│ {::::l /. :`ー‐一′ ::|

管理本部長も営業と同じ意見であった。
彼らの根底に「違法行為は見つからなければいい、
そして見つかることは無い」という根強い価値観があった。
何十年も他社から訴えられたりすることは無かったために
このような根拠の無い自信が醸成されたようであった。




955 ◆cAfqILQaOk:2010/04/10(土) 14:13:08 ID:6Q3rHii6
         ____
       /      \ ヤバいお・・・
      / ─    ─ \ 予想以上にヤバいお、この会社
    /   (○)  (○)  \ 
    |     (__人__)    .|
    .\     ` ⌒┃   ,/

そして、会社はやる夫に「法務」としての機能を求めなかった。
相変わらず株式や他の庶務業務は引切り無しに依頼が来たが
自主的に動いて法務業務の拡張をすることは一切求められなかった。
そして、法令に違反した発注はやる夫の頭上を通過して
何事も無かったのかのように遂行された。




956 ◆cAfqILQaOk:2010/04/10(土) 14:13:54 ID:6Q3rHii6
         ____  >>954の言うとおりだお・・・
       /   u \ このままじゃやる夫も巻き込まれるお・・・
      /  \    /\ 
    /  し (>)  (<) \
    | ∪    (__人__)  J |
    \  u   `⌒´   /




957 ◆cAfqILQaOk:2010/04/10(土) 14:14:11 ID:6Q3rHii6
         ____
       /   u \  ・・・辞めるのかお・・・
      /  \    /\  就活であれだけ苦労したのに
    /  し (○)  (○) \ すぐ転職なんかできないお・・・
    | ∪    (__人__)  J |
    \  u   `⌒´   /




958 ◆cAfqILQaOk:2010/04/10(土) 14:14:28 ID:6Q3rHii6
           _-─―─- 、._
         ,-"´          \  でも、やる夫はこの会社じゃ出世できねーお・・・
        /              ヽ
        /       _/::::::\_ヽ
       |         ::::::::::::::  ヽ
       l  u    ( ●)::::::::::( ●)
       ` 、        (__人_)  /
         `ー,、_         /
         /  `''ー─‐─''"´\




959 ◆cAfqILQaOk:2010/04/10(土) 14:14:50 ID:6Q3rHii6
こんなことがあった。
やる夫が給与規程など人事関係の社内規程を見ていた時のことだった。

   / ̄ ̄ ̄ ̄\
  /    .100   \  おまえはあと10年はヒラだ。
. |  u  (◎)    .|  主任にもなれない。安心しろ。
. |            |
  |  / ̄\″/ ̄| .|
.  |  、_(○)_ _(○)_, .|
.  ヽ   .(__人__)  /
   ヽ  /( [三] )ヽ /
    >       <
    |        |
    |        |

ねらわれる夫はこう言い放ったのだった。
V速株式会社は建前上実力主義であり
年齢と出世は関係ないはずであった。
事実営業部に配属され、数年で主任になる者もいた。
しかし、それには裏があった。




960 ◆cAfqILQaOk:2010/04/10(土) 14:15:34 ID:6Q3rHii6
      ____
     / ~~~\
   /( ◎)―(◎)\
  /:::::( ((__人__)))::: \
  |     |r┬-/      |
  \     ` ̄'´     /

異例の出世を遂げる者は、みなやる蔵社長の出身営業部の所属であった。
その他の営業部の昇進は全て年功序列であり、実力主義など制度上の建前にすぎなかった。
また、事務部門は「コスト」という認識が強く、事務部門の給与は全体的に安価に抑えられていた。
先日株主総会でのやる夫のような奇跡の働きを見せても、
不自然なタイミングで上司に引き継がれ、結果は上司のものになる。




961 ◆cAfqILQaOk:2010/04/10(土) 14:15:53 ID:6Q3rHii6
     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)  この会社にいる価値があるのかお・・・
/    (─)  (─ /;;/  
|       (__人__) l;;,´|
./      ∩ ノ)━・'/
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |
  \ /___ /

この頃やる夫のモチベーションはもうほとんどなくなっていた。




962 ◆cAfqILQaOk:2010/04/10(土) 14:16:11 ID:6Q3rHii6
     ____
   /      \
  /─    ─  \
/ (●)  (●)   \
|    (__人__)      |
\   ⊂ ヽ∩     <
  |  |  '、_ \ /  )
  |  |__\  “  /
  \ ___\_/

一方で、一流企業に就職した大学の友人は
やる夫に比べ楽な仕事をして、やる夫より給料をもらっていた。
仕事内容も新聞に載るようなスケールの大きいものであった。

  ,,,,,,,,,,,,,,,∧,,∧   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
~′,,,,,,,,,,ミ,,゚Д゚彡<  イケイケだぞゴルァ!
 UU"""" U U    \_________




963 ◆cAfqILQaOk:2010/04/10(土) 14:16:59 ID:6Q3rHii6
      ____
     /:::     \ みんな、大学の時はやる夫より成績悪かったお・・・
   /::::::::::     \ でも、今はやる夫が負けてるお・・・
  /::::::::::         \ やる夫の偏差値は75(駿○模試)だったお・・・
  |:::::::::::::::         | 大学の試験だって優ばっかりだったお・・・
  \::::::::::::::       /ヽ なのに、なのに・・・
   /:::::::::        くゝ  )
  ;|::::::::::::          / ;
  ;|::::::::::::::       イ ;

入社したときから消えなかった今までの自分と現在の自分の
あまりにも大きな差によって生じる違和感が、この時頂点に達していた。

そして、やる夫の体にも変化が起こっていた・・・




964 ◆cAfqILQaOk:2010/04/10(土) 14:17:20 ID:6Q3rHii6
         __,‐⌒ヽ、
         /   '─ \ 最近おかしいお・・・
        ノ ノ-、 (○) \ 毎朝胃が痛いんだお・・・咳が止まらないお・・・
        | 。(○)  、゚ ヽ, ヽ 会社行きたくないお・・・
        ヽ  ヽ__,,,トー'i   ) 休みたいお・・・
        ノ    ` ⌒''  ノ
        (           }
        ヽ         /
         ヽ     /
       ./ー-.l`‐-‐< ̄``ヽ
      (   ⌒⌒ ̄ ̄`r:ュ〈
       ´`´ー-、_,. -‐'´/l .ト''ヽ




965 ◆cAfqILQaOk:2010/04/10(土) 14:17:59 ID:6Q3rHii6
<やる夫のアパート(明け方)>
                   _
                  /O \                                      ゲホッ!ゲホッ!>
                 |. °  |
                  \_/       もう食べられないよ…
             , --‐‐‐-、ノ  ムニャムニャ…
.            /      `ヽ      ___ ________ __ ___ ________ _
           /  ,     ー-  ヽ  r''",r":::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::ヾ
           |  /     ─   |/ / ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ \
           ヽ  /   ,、_, ⊂/ /:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::\
            ⊂⊃ ヘ _) /  / ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ \
         /   ヽ-、_〕l_/  /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::\
        <、___,,,, / ./ ☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆  |ヽ
      /      / ∠....______________________ノ |
      <______(、.____________________________________________________________________ノ




966 ◆cAfqILQaOk:2010/04/10(土) 14:19:04 ID:6Q3rHii6
                   _
                 /O \
                 |. °  | ん?あ・・・
                 \_/ やる夫のセキがまた止まらないみたいだ・・・
                   ノ   私が様子見に行くといつも、「大丈夫だお」って言うけど・・・
            ,,.-‐ ´ ̄ ̄`ヽ、
           /         ヽ
          /   ,    ー-   i
          |   /      ●     |
         │ ●   _,  ⊂⊃ |
.           l ⊂⊃`´      ノ
          ヽ/⌒i       イ
          /  /三三三三彡ヽ
          |:::::::::|          i

この頃、やる夫は朝4時前後に目覚め、激しく咳をするようになった。
口からは黒い血の塊のようなものを吐き出すようにもなっていた。




967 ◆cAfqILQaOk:2010/04/10(土) 14:19:27 ID:6Q3rHii6
ゲホッ・・・・う・・・・

         ___
       /::::::::::::::::\  ゲハッ !
      /::::::─三三─\           :∴: :;. ;. .: :`:: ∵:゛
    /:::::::: ( ○)三(○)\     :゛;∴゛` ;`: :゛;:`´..;.∴;.`:':
    |::::::::::::::::::::(__人__)::::  |  ゛;.゛;. ; :″:: :゛;. :∵゛ ;. :'-、
    \:::::::::   |r┬-|' ;`∵: ;`;.:`´..; ` ;.゛;.: ::゛;.゛;.
    ノ::::::::::::  `ー;:: :゛;.・:゛∴;.゛;.: ::゛;.″:: :゛;∵゛ ;
  /:::::::::::::::::::::     ∵∴゛;.゛;.:: `;  :; `,  ・
 |::::::::::::::::: l



バタッ・・・・


                _
              /O \
              | °  |
              \_/
                ノ
         ,,.-‐ ´ ̄ ̄`ヽ、
       / u     し  ヽ
       /      ー-"   i
       |  ノ'     ○` J |
      │ "○  u      |
       /⌒i⊂⊃ ,_,⊂⊃ ノ
      /  / 、_`i´  | ι /
     |:::::::::|ミミ三|r┬|三彡ヽ
     ヽ      `ー'     i




968 ◆cAfqILQaOk:2010/04/10(土) 14:19:57 ID:6Q3rHii6




やる夫ーーーーーーーーーーーーーーーーッッッ!!!!




969 ◆cAfqILQaOk:2010/04/10(土) 14:20:32 ID:6Q3rHii6
   {ヾ`Y^)    バ⌒Y〃__{ L)'/              _,,; -、
  (´ >cソ ( 。;○(__ノb'^)ヾ,二ノソ゚               ヽ-''-`ヽ、   /)
  `r 人_ノ爻二f{  ソ、)ノ ^`~´ o  ,              ,-、   \(
    メミ、(⌒`rーバ´`ー'  "" ,,,  "/             ( (ヽc==( )`)i iヽ
 。 (゚,ハ(⌒ fゞ く:*゚o         /               (::彡`(    ̄`ヽ ヽ)
※;,_,ィ○=(_,ンー='′  "" ,,.  "" /                   ヽ( ヽ    ,, \|i
ニ二{ヾ`Y^ヽ   " ,,, ,  c3 ,,/                  .'  ,,
 ̄/´ゝq'、_ ノ   。    ヽレ /                    /      "" ,,,,
  `く__ノ、_ノ  "  ""   "'' /                     / ""  @
  ̄     ,,--、`ヽ、      /   _                /''" ,,,  ヽ}丿 '',,,
       `ー' ̄`\ ,、 ./   /_)              /      ~`
   "" ,,  ''  , -、,、 ( ) .'    〉ノ                 /"""  "   ""
     ,,,,  /⌒'i  _)-、\    /                 /   "" ,,
       >  ::))),'   ) iヽ|)/                / "",,,  ,,,  "''
 """,, " (___、ノ;' '-'"ヽ '\Vヽl)             /
     ,-、,-、ノ (  ,ノ===;;ヘヽ.))            / ,,  c3  " ''
  ,-'~`ヽ....  )"~) ヽ~   /``\\          /    ヽレ  ,, ""
  ヽ,   )))/⌒`,ー'ヽ)⌒,,,^-, ,ー` ヽ,,__      / " ,,  "''"
    ニ= ''''iヽ_ノ!!!ヽ_)ー;;;;;ヽ__)``ー-、,, "'-- 、 '"", ,,, ""   "

     / ̄ ̄ ̄\
   / ─    ─ \ あれ・・・ここはどこだお・・・
  /  <○>  <○>  \ やる夫はいつものようにオプ子とセクロスして
  |    (__人__)    | 寝たら苦しくなって洗面所に行って・・・
  \     `⌒J´   / なんか気持ちいいお・・・
  /              \




970 ◆cAfqILQaOk:2010/04/10(土) 14:20:56 ID:6Q3rHii6
      ___
     /⌒  ⌒\ あ、夢かお。
   /<○>   <○>\ 夢ならもう一度寝ちまうかお。
  /   (__人__)   \ やる夫はもう疲れたお・・・
  |     |r┬-|     | あー、意識が・・・
  \    `ー'J    /
  /              \




971 ◆cAfqILQaOk:2010/04/10(土) 14:21:14 ID:6Q3rHii6
やる夫・・・・・・・・・・・・やる夫・・・・・・・・・・


       ____
      /      \ ん?やる夫を呼ぶのは誰だお・・・
    / ⌒  ⌒   \ もう寝かせてほしいお・・・
   /  (ー) (ー) /^ヽ
  |   (__人__)( /   〉|
  \   ` ⌒´  〈 / ⌒^ヽ
―――――――― \ _ _ _ )




972 ◆cAfqILQaOk:2010/04/10(土) 14:21:35 ID:6Q3rHii6
                 ,.-''";;;;;;;;;;``'ヽ、
               /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
              /;;;;、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
             ,!;;;!゙`''~^~ァrr-'゙`'´''ラヘ;;;! 
             |;;;|      ノリ     ミ;;;| や ら な い か
             _ゞ;! r─-- 、  ,rェ--- 、ミ;リ
             !ヘl;|. ぐ世!゙`` ,ィ '"世ン 「ヽ
             !(,ヘ!   ̄'"  |:::.`  ̄  ,ドリ
             ヾ、!      !;     ,レソ
              `|      ^'='^     ム'′
.               ト、  ー- ─-:  /|
               i| \   ===   ,イ.:|
              ,イi| ゙、\  ;   /リ.:;ト、
             ノ :.:i|  ゙、 `ー─''゙:::;:'::::::!:::\、_
         ,. -‐'´.: : .:|           !:.:...     ̄  ̄``ー-、 _
    _,. --ーr'´.:.:.:.::  ..:.:∧:.:.:.:      :::::::::|:.:.:.:.:...    r        \
 r‐'´ _:.:.:.:.:ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l |!:.::   ν   .:::: |;;;;;;:.:.:.:>....:.|:..       、  ヽ
:.:.:.:.:.:.:.:.: ヽ  :.:.:.:.:.:.:.:.:.:  ゝ         /       j            ',
´:.:.:.:.:.:.:.:.: .:\_______ヾ:.:.:.:.:.    >:┴ー…'´ー‐-、|:.:.:..  \:   |:.:.:.: |、
了:.:.:.:.:. :.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.   ``ー-、L.. __〉.'"         \:.:.:.:.:.:. ヽ:.:./:.:.:./ \
:.:.:./ :.:.:.:/-、:.:.:...     __     .:Y´::: _,       =ミ:.:\_;;;;; V;;;/ヽ  l
.イ :.:.:.:.:.:ノ|! _}‐‐::.:.:.. ,r‐'´ ノ   . . ::lr'´:::"            :;;|:.:. `ー'⌒  |  |
; ;辷==' /⌒|::.:_;. -'´...:/      :.:l!:.:::.              :;;;;;|:.:.:     ',     ∧
: .:´ `ヾ|::  レ'ヽ:.:.:.:/    .:.:.:.:.:.:.:.|!:.:.:.        rぅ...:.;;;;;:∧:.:.:.    ヽ.  |: \
     :.:.|::/ /r─  ̄〉 .:.:..:.:.:.:.:.:.人;;;;;;,,          ,;;;;;/::∧:.:.:.:..... . ヾ \
    :.:/: :/.:.:/__ノィ' ̄〉     '´ ___ヾ;;;;;;;;;,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,;;;;;l ヾ、:/ \_::::::.:  . l|  :ヽ



::::::... ..丶
:::::::.... ...\
:::.' ──-.. \
:::::::... ⌒__丶 \
:::::::::.... .'::. ).ヽ  .ヽ
:::::::::::.... __ ..丿   ヽ
:::::::::::...    ヽ   .ヽ
:::::.._ ノ ヽ.____丿   .丶
::::::::::::::.... ..::ノ      .)
:::::::::::..   ../       .ノ
:::::::::.⌒ "       ..ノ
:::::::::::::::::....    ....::::::../
:::::::::::::::::::::.. ......::::./




973 ◆cAfqILQaOk:2010/04/10(土) 14:21:57 ID:6Q3rHii6
                  ,,,r------.、   , -‐――- .,_
   __,,,,,,,,---――-、   ,r"       i、 ,/'       ゙ヽ、   ┌―、
 | ̄      _、  ゙i  ,r"         V          '、    l   │
 |,,,,,-―''''''"゙゙゙ ,i  / ,i                      i    |  │
     .| ̄~ァ ,l  /  |        ________    i   l゙  ,i
    ,i'  │ ヽ_/  | ̄| | ̄ l/ ̄ 7 |     __,,,,,,,,,,,,,|  l   i'  .!
    ,i'   ,i'      l、_从__ツ   ./ "''''"" ̄          /   ゝ--'
   ,l'   ,i'         ヽ/  ,/              ./    i´""!
   く   ,i'          l  /              /     ゝ- '
    ヽノ           ヽノ \,_          ,r''″
                      ゙'ー、,_  _,,r‐''




974 ◆cAfqILQaOk:2010/04/10(土) 14:22:21 ID:6Q3rHii6
  /  | |        / | |: : : |
/  /| |      /   | |: : : |   チ
  /  | |┐  /  / | |: : : |   ュ
/    | |┘/  /   | | : : :|  ン
     | |/  /     |〉==:|
     | |  /       | |: : : |  チ                 ハ
   /| |/         | |: : : |  ュ                  ァ
_//| |________________| |: : : |  ン              ___
_|「 ̄ ̄||_____rl___|:_:_:_|             /     \
 ̄|l___|| *==== r」 [] cx   \             / ⌒   ⌒  ヽ
   ̄ ̄ ̄                \        / (●) (●)  ',
 ̄ ̄ ̄「.「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄「「        l  (__人__) u  l   ,. ----------------
    ||               | |        \ ` ⌒´    /.   f.f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   []|| []            | |    ハ   u  /Z〈  ,ニr‐=〈  l  .| |
    ||               | |    ァ   7 .ト、ァ'゚/  ハ八___j|
__ チ ______________|_|        ___/   L.i゚/   /  | ミゝー'"`ー‐- 、-- 、__
   チ ───── 、             / r'二>ー 、 / ̄`ヽ、| 、              ̄
  チ           \        ,. -‐'ー-(_、_f´ ̄`ヽУ     ヘ、_`ー、
  ・       ×       \  ,. -‐'"´: : : : : : : : : :`^ー'´^`~'ヽ、 '"    ̄`ヽ
. ・ \             ,.-‐'"´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ        ヽ





976 ◆cAfqILQaOk:2010/04/10(土) 14:26:06 ID:6Q3rHii6
             _
            /O \
            |. °  |
            \_,/
              |
        / ̄ ̄ ̄ ̄ \ やる夫ーーーーーーーー!!!
       /            \ よかったよー!目が覚めたよー
.      /  _ノ     ヽ、_  ヽ 
     /  圷旡≧/ / /≦乏ア |
     |    |  |/ / / / | |   |
     ヽ  |  | , -- 、 | |  /
      \_ /⌒lー'⌒ー' | | /
       l/  /三三三三三l.


     ____
   /      \え、どうしたんだお・・・
  /─    ─  \ てか、ここどこだお・・・
/ (●)  (●)   \
|    (__人__)      |
\   ⊂ ヽ∩     <
  |  |  '、_ \ /  )
  |  |__\  “  /
  \ ___\_/




977 ◆cAfqILQaOk:2010/04/10(土) 14:27:53 ID:6Q3rHii6
物語の途中ですが、次スレ立てましたので、念のため書いておきます。

http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1270877103/




978 ◆cAfqILQaOk:2010/04/10(土) 14:28:05 ID:6Q3rHii6
            _  -───-   _
          ,  '´           `ヽ
        /                 \
       /                    ヽ 君の家の近くの病院だ
      / __, ィ_,-ァ__,, ,,、  , 、,,__ -ァ-=彡ヘ  ヽ 君は昨日の明け方、家で吐いて倒れたんだよ。
      ' 「      ´ {ハi′          }  l
      |  |                    |  |
      |  !                        |  |
      | │                   〈   !
      | |/ノ二__‐──ァ   ヽニニ二二二ヾ } ,'⌒ヽ
     /⌒!|  =彳o。ト ̄ヽ     '´ !o_シ`ヾ | i/ ヽ !
     ! ハ!|  ー─ '  i  !    `'   '' "   ||ヽ l |
    | | /ヽ!        |            |ヽ i !
    ヽ {  |           !           |ノ  /
     ヽ  |        _   ,、            ! , ′
      \ !         '-゙ ‐ ゙        レ'
        `!                    /
        ヽ     ゙  ̄   ̄ `     / |
         |\      ー ─‐       , ′ !
         |  \             /   |
      _ -‐┤ ゙、 \           /  ! l  |`ーr─-  _
 _ -‐ '"   / |  ゙、   ヽ ____  '´   '│  !  |     ゙''‐- 、,_




979 ◆cAfqILQaOk:2010/04/10(土) 14:28:22 ID:6Q3rHii6
          ____
        / _ノ ヽ_\ またでたおーーーーーーーー!!!
       / ∩l^l^lnnl^l^|\ やめるお!やる夫はノンケだお!
     /  。ヽ   ∥  ノ \ セクロスは大好きだけど、女の子とだけだおー!!!
     |   /   人   l   | お尻の穴がシクシクするおーーー!!
     \ /   /|ii!i!|\ \/
.      |    /. |;;;;;;|  \ |
            `ー´




980 ◆cAfqILQaOk:2010/04/10(土) 14:29:35 ID:6Q3rHii6
                  , '´  ̄ ̄ ` 、,
                 i r-ー-┬-‐、i 何を言ってるのかわからんが
                 | |,,_   _,{| 確かに俺はノンケでも平気で食っちまうような男だぜ
                 N| "゚'` {"゚`lリ
                  ト.i   ,__''_  !
                 ノ i.\ ー .イ、
             ,.-‐='´ ノノ_/___,,,..ノ>.、_
            /,   ̄`ヽ/     '´/  ',ヽ
            li     /      、 i   ,' .i
           ノ ト ...,,...ノ、._      )! 丶 / ,イ
    ,-─    / .l i     ¨゚''ー--‐"l    Y j
  ,-弋__ /  l l /¨iヽ、    __/ l   / /
 弋__   i  ハ / /   \、_,.-‐l    ,'
      /l'´l / ./i  i_  _ /  /  l  / ,'
     r'  .!/ / l  ,ノ  ̄ .ソ  ,./-‐ノ、 i  l
    /ト‐、 \‐" _ノ  '  //    / / 、ノ
  r'´、 i    ヽ/     /    / /  ./   ‐-、
/ ヽ ',     i∧ /    し   i /  /  __,ナ-、
 、__/il. ', ヽ  l ∧/     /   ,'   /     ___,ノ
ノnnhl', \    ∧     // .,'   /
ノ┴'‐'l:::',  \   ∧  /   /  ./


やる夫はとうとう病院に担ぎ込まれたのだった。
その後23歳にして胃カメラを飲むことにもなった。
やる夫の胃の粘膜は既に爛れ、年齢相応の健康さは失われていた。




981 ◆cAfqILQaOk:2010/04/10(土) 14:30:55 ID:6Q3rHii6
                           /..:::::::::::::::::::::::::::..ヽ、
                           (,、:::::::::::_::::_,、::::::::::::::..゙:、しかし、胃カメラで見るとすごいな・・・
                           .l `'^'´ ..: :.: :. }::::::::::::::::::i 胃潰瘍一歩手前だぞ。
                           ._  、__,、 〈:::::::_::::::::::| 食生活とストレスが原因だな。
                           !)  ヘラヾ´ ゙! /ベ!::::::| あんたの普段の食べ方を聞いてると
                           .ソ   ```  :.:.: ソ,iノノ:::: | こりゃ、心療内科の領域かもしれないぞ。
                           ヽ,-     .:..:.:シ_,イ、::::::l
                             i==-  .:..:.:イ   ヾヘ.
                            , ゝ...:.  _,.ィ  i ,.ィ´  ヽ.──────────┐ 、
                           , ´  ゙'ーイシ″/   /:.:.:.l:.:.`:.:.....///////////////}||ll\
                        ,..'´    \ ヽ,.イ   /:.:.:.:.:.: l .:.:.:.:.:.:.:.:` ー- 、///////:}||ll|ll|}
                       /     ノト_,ノ┘.∧  /、:.:.:.:.:.:.:l.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.ヽ///// }||ll|ll|}
                      / ̄ ̄ヽイ:l: :イ!ハ///  ヽ./:.: \:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,':.:.:.:.:.:.:.:. '/////}||ll|ll|}
                    / ̄ ̄`ヽ/:.:./:.:.:i:l//i:   /: : :.:.:.:.\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,':.:.:.:.:.:.:.:.: :.:'////:}||ll|ll|}
                    /.:.:.:.:.:.: : : /iく.:.:.:.:.:.:!l//!   /:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:,':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ///}||ll|ll|}
                   /:.:.:.:.:.:.:.: : /::!.:.:ヽ.:.:.:.ll//!:  /:.:.:.:.:.:/:.r──ュ:.:.:.:',::...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.V//}||ll|ll|{
                  /:.:.:.:.:.:.: : : :'::::i.:.:.:.:.ヽ:.:l!//! /.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∧ : :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨/||ll|ll|{
                 /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ' ..:.:{.:.:.:.:.:.:ヽl//!/.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:. ヘ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨||ll|ll|{
                ,.:′ :.:.:.:.:.:.:.:.:;:.:.:..:.':...:.:.:.:.:.:.:.li///:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:∧:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: 'l||ll|ll|{
               :′:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.j:..:..:/ !:.:.:.:.:.:.:.:.〈:O : .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.//∧.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. :l|l|ll|{
                :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;'.:.:; ′}.:.:.:.:.:.:.:.:.:}.:.:.:.:.:\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : ':.://///ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: 'l||ll|{
                ‘.:.:.:.:.:.:..:..:.://   }.:.:.:.:.:.:.:.:'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.'´..:.://///// ヘ:.:.:__ : :.:.:.:'l|l|{
                } ..:.:.:.:∠  .....-─} .:.:.:.:.:.i:O.:.:.:.:.:.:.:.:.:}.:.:.:.:.:.:.:.:.: : ///////,.. ´  `ヽ : :.:'l|l{

この医者はやる夫の異常な食欲が、心因性のものであると考えていたようだ。
異常な食べすぎは既に病であり、きちんとした治療を受ける必要がある。
そう考えてやる夫にカウンセリングの受診を勧めた。




982 ◆cAfqILQaOk:2010/04/10(土) 14:32:17 ID:6Q3rHii6
      ____
     /_ノ   ヽ_\ そんなんで心の風邪(笑)認定されちゃたまんないお。
   /( ●)( ●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
  |     (  (      |
  \     `ー'      /

やる夫は心療内科受診を断った。
万が一鬱病などと診断された場合、会社からは逃げられるかもしれない。
だが、その後の社会復帰の難しさを考えれば
ここで折れるわけにはいかないと思ったのだ。
会社からは逃げられるかもしれないが、今と同じようには生活できないかもしれない。
やる夫にとって、誰かに迷惑をかけながら生きるのは
会社で潰されるより耐え難いことであった。




983 ◆cAfqILQaOk:2010/04/10(土) 14:34:19 ID:6Q3rHii6
             _
            /O \
            |. °  |
            \_,/
              |
        / ̄ ̄ ̄ ̄ \ やる夫、お願いだから病院行くか
       /            \ 今の会社辞めるかしてほしいよ・・・
.      /               ヽ もうこんなの二度とやだよ
     /  ノ     `ヽ    |  ウッ…
     |    =    =      |   ウッ……
     ヽ ⊂ | | 、_,、_, | |⊃   /
      \_ /⌒l        /   グス
       l/  /三三三三三l.      グス
      / |   l   ___ ヽ


       ____
      /    \ ・・・・
.    /          \
.  /    ―   ー  \
  |    (●)  (●)  |
.  \    (__人__)  /
.   ノ    ` ⌒´   \
 /´             ヽ

やる夫はこの時、初めて会社を辞めることを真剣に考えた。
会社をどうにか正常にしようと頑張ってきたが
結果、自分の体を壊し、身近な人を悲しませてしまった。
大切なものを犠牲にしてまで続ける価値があるとは思えなかった。

やる夫が一流大学からブラック企業に行くようです。
第9話

End








コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://run1dekiru.blog28.fc2.com/tb.php/202-6339979e


ブログパーツ











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。