スポンサーサイト このエントリーのはてなブックマーク数 このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【論理学】やる夫が論理的な考え方を学ぶようです(3) このエントリーのはてなブックマーク数 このエントリーをはてなブックマークに追加

497 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:17:47 ID:yg7EH6hU

┏───────────────────────────────────┓
│                                                    │
│         【論理学】やる夫が論理的な考え方を学ぶようです           ..│
│                                                    │
│                                                    │
│                  第3回 命題論理(2)                    .│
│                                                    │
│      ~ 含意が表現する物事の関係(1):『抽象的概念と実体』 ~        │
│                                                    │
┗───────────────────────────────────┛
498 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:18:36 ID:yg7EH6hU


  ┌────────────────────────────────┐
  │                                              ..│
  │~ 論理記号の意味 ~                          . . .      │
  │                                              ..│
  │                                              ..│
  │・ ∧ …… 連言。「かつ」。AND条件                         .│
  │                                              ..│
  │・ ∨ …… 選言。「または」。OR条件                        .│
  │                                              ....│
  │・ → ……  含意 「ならば」。条件あるいは包含。                │
  │                                              ..│
  │・ ⇔ …… 同値。必要十分条件。                        .....│
  │                                          .    .│
  │・ ¬ …… 否定。「ではない」。                           .│
  │                                              ..│
  └────────────────────────────────┘


499 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:18:51 ID:yg7EH6hU
【長門の研究所:研究室】
              ||                  ||
         || ||           ||   ||
        r======、          ||    t======_
         |    /          ||  //   ,,-''               ,,..-''"
         |    /        ..  ||//   ,,-"      .       ,,..-┬─''"    ,,..-''"
         |   /           .//  ,,-''             .|  |  |  ,,..-''"||
         |   /         . |/ ,,-''           . ,,..-''" |  |  |  ||  ,,..-''"
         ̄ ̄          .  ̄ ̄          ,,..-''"  ,,  |  |  |  |-''" ,,..-''"
_______________________,,..-''"   ,,..-''".|| |  |  |  |-''"...||    ||
               ...__           ...|  .,,..-''||,,..-''"|| |  |  |  ||   ||    ||
__________ ||(l||l)| ______  | ||,,..-''" ,,..-| || |  |  |  ||   ||    ||
               ||.└─┘ l|         ||  | ||二l.|| ||  | || |  |  |  ||   ||    ||
              ||     ||         ||  | ||  || ||  | || |  |  |  ||   ||    ||
              ||     ||         ||  | ||  || ||_| || |  |  |  ||   ||    ||
              ||     ||         ||  | ||  ||    || |  |  |  ||   ||    ||
          _ ...... ||     ||         ||  | ||  ||    || |  |  |  ||   ||    ||
______[l_l]___||     ||________.||  | ||  ||    || |  |  |  ||   ||    ||
___________]    .|]______]...|  ||  ||    || |  |  |  ||__..||__..||
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|                      | ||  ||    || |  |  |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ .「  _______    _______|_..||  || __..||_____
        |  L   ___  \  \   ___ "''-..,, .゙r-..,,   ___ "'''-,,,
        |__..|| ̄[     ]  ̄||__..||、|| ̄[     ] ̄|「  |ト.,,|| ̄ [     ] ̄|「
        |   || ̄ || ̄ ̄||  ̄||   || .l| ̄ || ̄ ̄||.. ̄|| .......||.....|| ̄ || ̄ ̄|| ̄ ||
            ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\  \ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄"''-..,, "''- ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄""'''--....,,,,


500 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:19:04 ID:yg7EH6hU

                     .. - ─……‐-. .、
               ,. '"´ . : : : : : : : : : : : : : :`ヽ、
                ,.'´. : : : : : : ,.: : : : : : : : : : : :ヽ
              /. :./: : :/:/: : /:l: : : |: :l:l: : : : : :.!
             , イ: :〃l: : :/:/: : /: :|: : : |: :|:|: :|: :i: : ::`ヽ
              |: 〃 l: :/:/_L/1 : |: : /|: :|:|: :|: :|: : :.:.:.::.';
              |/ Ⅳl:/l/ {  |: /|: /. |: :|:|: :|: :|: : l: :.l:!
              { ∧Ⅵィ行ミヽ|/ .|/ ̄「/メ、/: /: : l: :.l:!
               ,′: :l 辷ソ    ニ二_l/l: /: : ./: :.l: l
               l: l: : l "" ,    〒テテミV/: : /: :./l: {
               l/l: : ト、       辷ソノ: : :,.イ: : /l人{
                l: : l/ ヽ `   ""〃: ∠ノl/
                  \|   >r‐r‐ < ィ´l/l/
              , r‐‐ァ‐ァ'´‐-、 ,r‐-- ゝ-ュ.、_
              ,.'´   / /            / /  ̄¨'ヽ、
              |  i/  ゝ、       _ _/  i       ',
             i.. /`' ト、,_ `'ゝ-‐'_¨´,、--、 i   i.   i
                i /  / /  `¨'''¨´   / / ヽ ',.   ノ.   |
                 |.  i../        i i.   '、.',. /     |
                 |.  | |          i i     ヽイ     |
                |.  i i         i. i      ハ     |
                  ',  i i        i. i    / |.     |
              ',. i i.         i. i    /  i     |

長門有希
「では再開しよう。

今回からしばらく、含意が表現する物事の関係について細かく考えていきたい」


501 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:19:22 ID:yg7EH6hU


             ∴∵∴∵∴
              ∴∵∴∵∴∵
           ∴∵∴∵∴∵∵∴∵∴∵      
       .∵∴∵∴∵∴∵∴∵
         ∴∵∴∵∴∵∴∵
        ∴∵∴∵∴∵∴∵∵
      ∴∵∴∵∴抽象的概念∴∵∵∴∵
      ∴∴∵∴∵∴∵∵∴∵
   ∴∵∴∵∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴
  ∴∵∴∵∵∴∴∴∵∴∵∵∴
  ∴∵∴∵∵∴∵∴∵∴∵∴∵
    ∴∵∴∵∵∴∵∴∵∴∵∴∵
      ∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵
       ∴∵∴∵∴∵∴∵
     ∴∵       ∴∵∴∵


長門有希
「今回の題は『抽象的概念と実体』。

誰もがわかっているようで、実は案外あいまいな抽象的概念について学んでもらう」


502 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:19:47 ID:yg7EH6hU


          / ̄\
         |     |  
          \_/
           |
       , - '´`ヾ ''ヽー-ッ、
     / ,   /  ,、ヽ'  ヾ-.、、
   /  /  /  /_ ヽ^l      ',ヽ
  / / /   / //  `´7 ,'    ',.ハ
  Ll__/  斗=ト、,'     ,' /  |   l  l
   / l  ハ ,'.l ,'   /ォミ、 /   l  |
   ,'`ー'r┘-' ヽ   /,//  メ、   ,'  |
  ,'  ,' 三ミミ   `_<__//   //ヽ{
  l   ノ xxx      =ミx、 >、/l/  l´
.  l .〈         xxx`ヾ   /ニ〈
  l   ヽ、  、__     /   /´   ヘ
  l   / l`r-、、_    /   /    ',
  リ  l'  l lヽ ` ''`フ"7   / l     ',
  | /   ヽ'ー`ニ7./ /   / ヘ     ',

朝倉涼子
「今回の説明は仮想空間で行います。

ベッドの上で楽になって、このボンボンを頭につけてください」


503 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:20:14 ID:yg7EH6hU


          / ̄\
         |     |  
          \_/
          _|__  
       /⌒  ⌒\
      /( ●)  (●)\
    / ::::⌒(__人__)⌒:::: \
    |     |r┬-|     |
    \      `ー'´     /

美筆やる夫
「ボンボンにはあまりいい思い出がないけど……
拒否権ねーし大人しくつけるお」


504 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:20:39 ID:yg7EH6hU



                 _,..-‐::─:.─::─-:.、_
               ,.イ´: : : : : : : : : : : : : : : : `:ー-.、__
               /: : : ;: : : : : ; : : : : : : i:. : : : : : : : : :`ヽ、
              /: : : : :/: : : : :/: : : : : : : |: : : :.、: : : : ::ヘ ̄`
           /: : : : : j: : : : :/: : : : : : : : |、: : : :i: : :.、:: :∧
           j: : : : : : |: : :-‐|‐-::/:i : : : :|-‐‐-:l: : : :l: : : :ハ
            |: : : : : : l:: : : :/|:: :/|::|: : : :/ ∨:.:/: : : :j:: : : : :|
              |: :; : : : : :V: :/__|::/ j;ノ: : :/ ___j::/∨:: :/:.: : : : :|
          j;/|: : : ::|:: :∨テ弐オ´j:.;/ 〒弐テj:/::.: :/\::|
            |: ::("|: : :| {:k:ィ:;j ´     |:kィ:;j,'ハ::: : :/   `
               |: : ::`|: : :| `ー-"     、 `ー'" {:::|:;/  j^l
              ∨: :.:∨ :|              j:::l"  r' _ヘ、
             ヽ、::::∧:|ヽ、 ___/⌒)___,.ィ::::/   {__ヽ_,,〉
              ∨ ヽ::_,::-‐'´{' ̄ヽ〉ー-V∨   /::: ̄::}
                 r'ヽ、   |'ニニ}  / /::ヽ、,,ノ:::::::::::/
                  /:::\\   |゛ ̄| / /:::::::::::::::::::::::;/
                   {:::::::::::\\ |   | / /:::::/:::::::::::::/

長門有希
「私は仮想空間の管理業務があるので参加できない。

かがみに講師役を任せているので彼女から講義を受けてほしい。

二人とも用意はいい?」


505 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:21:02 ID:yg7EH6hU



        / ̄\
       |     |  
        \_/
         |
       _,. _-_‐_‐-、
    ,.-<' ` 、  \ ヽ
   r'l  ' r、、 ヽ ヽ ヽ'_´ヘ
  /  l |`‐ヘ', ハ__ヽ ヘ ∧
. /  l l ヘ  サ´‐'´',´`<、、 \
/l  ', ',,ィヘ   ィ彡 ∨'ヽ' `ヽ ヽ、   _,、
| l ヽヽ∧ z彡      ∨ `ヽ、  `ニ`ニ´∠
 ` `゙`T ハ    _ ,.ィ','ヽ  Y´`' ‐-、    /
     } , ト‐‐ッ'´`ノl  ヽ'   `ヾ、ヽ,/
    /, ',l, / l  | /  ヽ     >
    l、l、_/トv'´ハ  `'´   ,.>、 /
     l / ´   ヘ    / ∨
     レ    l   {,.,.-r‐'〈_X |
      |,.--、ハヽ‐'゙'''l-7'´  `'
                ∨


      / ̄\
     |     |  
      \_/
       _|__
     /ノ  ヽ_\
   /( ー)  (ー)\
  /   (__人__)   \
  |     ー-u'     |
  \              /
 / ⌒⌒⌒⌒⌒⌒/^)
//######/ /

二人とも
「いつでもどうぞー」


506 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:21:57 ID:yg7EH6hU


                _______    /:|
            _,..-─'":: : : : : : : : : ̄`ー'´: :/
           /: : : : : ,:: : : : :: : : : : : : : : : : : ̄: ̄:゛ー-.、__
        /: : : : : .::/: : : : : ; : : : : : : : : : : : :、:: : : : :ヘ-一"
         /: : : : : .::/: : : : ::/: : :;|:: : : : : : : : : :ハ::. : :、: :`ヽ、
       j: : : : : .::/: : : : :;/:: : :/|::. : : : : :|::. : : :|:: : : :ヘ:: : :ハ
         |: : : : : :/: : : : .:/|::. :/ |::. : : :; :jヽ、::. :j::. : : : :|:: : : :l
       j: : : : : :j: : : ::ー/┼:/-、,|:: : :;/∨,-┼;/‐::.: : : :|:: : : :|
       |: : : : : :|: : ::/:/ヤ弐行j::;/ 〒弐テァ|:: : ;∧|: :ト、::|
        }:;/: : : ::j:;/:::;ハ |ト-':;j:|'"    |ト-'::j:|´j:;/::: : : :| `
      j:ノ|: : :|: :´::.: :/  、V::ィ:;リ     , V::ィ:;リ,'{::::::::::: : : :|
          |: : :|:.: : : :/ ,ィ'⌒ヽ"   r─┐ ̄" ∨:::: : : :/
          |: ::人: : ;/、(.rュ: ,,,ノ   {  ,{   ,.ィ:::::|:: : ;/
       j:/ ̄ ̄ ̄/,ト''´::ー--__ニニ-‐'"´_,|::;/|;/____,.-‐─ュ、_____
      /    ___/ /j::::/|:::;ィ::|i__/ }::::|'´ '"           /{{{´ ,rァ‐'"
     / ̄ ̄ ̄,/l// ,r‐'´ |:::|ヽ-/ |::::|      ,        { ゞゝ、_,,⊃
      l` ̄ ̄ ̄",//} ̄" , |:::|/´`^^^'ヽ、    /          |-‐';/
      lニ二二二"ィ´} |::.  l  j:/,,/~`´~},,j,,ノ;〉   {         | /
      / ゞ彡",ノ' :::   |  /_,ハ> < },,/,>  λ、_,,      !/
      / _,.-‐'´       l くヽ、ゝヽフ /,イ     } `\    ,,/
       {      ,     iノ;イヽ`ー‐´ノ;ノ/l      |    `ー-'´
      `ヽ、__,ノ´ ̄`ー-‐{~ { `゛   ~,,/:::|      |
                  } /ヾ_,ィヽr'´,}:::}       |
     /´ ̄゛`ー‐-、____,ノ l,イ:::|  ∨//,|:::|     ∧

長門有希
「ではポチッとな」


507 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:22:30 ID:yg7EH6hU



              !  ,./ ''゙゙゙゙'''ー、      ◯            。              ◯  __      ,'
              !  /       `、 '"⌒''、,        。                     ,r'"   ゙"   !
           / .│       │    .!   。          _..-….' -、.   ◯     /        ,!
          /  - ヽ       /   .,./             /       .\      .l        l          ほわわわわ……
'-、         _/゛     ヽ、   . / : ''=ニ´              l゙   .__   .l,  。   `'-.__ ‐'  '!
。 `゙ ̄ ̄ ̄"        `゙゙゙゙´           。     ◯  !  ./   .`''、 ,!              !
           。             。             ヽ .|      . !/               '!
 。                                               。    _          `、
        。            ◯                 。             /.'、___,..r       ヽ
 ̄`'''-、           ,, --.                           ,,ィ―ー、     \,,,,./         \
     ヽ       ◯  /    `'、                    ◯  〃     l                    ヽ、
     |          l゙      }                     .l     ,/.    。    ◯      / ''''   `-、
     l          ヽ     ./  ◯                   `;;  -'"                 ヽ,_,.   `゙゙''ー
   ./ .        ◯.`'―-ー'"                                lヽ,
――'" , ‐                  。              。          i、  ./  !   。   _,,,
               。                          ◯      ヘ ̄゛  /       /  }
                     。                 /⌒'i          `"'"゛        `'ー''′
               , ‐'ー、                    .`ーイ
      ◯    ◯  'ヘ,ミ,  │                            、_
          ,i     .} l .'"                            .,i'"   `\
  。       |.l    / /                            l广' l      .!
             ゙'ミ―ー'' /                         -''|“゛ ゙゙. .ヽ、  ./     。   ◯          __
       ◯       ̄゛                          l゙ .l    、  . ̄´                  ,r'"   ゙"
ーー ,,、                           ◯      ヽ `'ー-グ         。   _..-….' -、.     /
    .`'-,          ◯                        ` ̄'''″            /       .\  .l
      .ヽ                      。                          l゙   .__    .l  `'-.__ ‐'
        l .                               .,,-'''" ̄ ゙̄'''-、、."   ◯ . !  ./   .`''、 ,!
        .|    。                         ./         \      ヽ .|      . !/


508 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:22:48 ID:yg7EH6hU

【仮想空間】

.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;
.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;
.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;
.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : _,,--'"´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`゛'--.,,,_: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : /..,,:;:;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:...,.\: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
         ̄ | ̄|:| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄|| ̄
          | ;|:|                   | ;|;|
          | :|:|                   | ;|;|
          | :|:|                   | :|;|
          | :|:|                   | :|;|
             .| :|:|    ,,        ...    | :|;|
"'~ ''""'~"'~ ''""'~| :|:|"'~ '''~ ''""'~'~"'~'''.~."''~''~| :|;|"'~ ''""'~"'~ ''""'~'~"'~ ''""'~~"'~ ''""
          | :|:|              .  | :|;|
          | :|"'              | :|'"
           "'"'     `''"     '"''"'"
                             ::'' ;,
     ::'' ;,                 ::'' ;,
                                   ::'' ;,
              ::'' ;,


509 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:23:00 ID:yg7EH6hU


              /. . . . . . : : : : : : : : i!: : : : : : : : : : :`  、
               ̄ /  . . . . : : : ; 小: : : : : : : : : : ヽ: : :ヽ、
                 /  . . : : /: : : : // | ヘ : : : : : : : : :ヘ: : : : r‐t‐-   、
             / . . : : : : /-‐‐:メ/  | V:. :-ト‐- 、 : : ヘ: : : l::::::\::::::::::ヽ
              /. ://: : : :,: : : :/ノ   |  V : :l \ : : : : ヘ: :/::::::::::::\:::::/
             //  ' : : : :.|: : :/__   |  \:.l  ヾ: : : : :∨::::::::::::::/::/
                 | : : : : !: ヤ孑仍ュ    ィfチ庁マ:. : : : |::::::::::/|::::/
                 | : : : ∧/ { ::;;;j}       { ::;;;jl} ノ\ : : |::::/: : :!`′
                 | : : イ :ヘ 弋zソ      辷zり  レV /7´/: :j: |
                 |: :/ |: : :.ト     '    ` ¨   )´V/: /: :/:.|
                 |/  |:. : :.{     ー‐ '      ,r- イ: :/: :メv⌒}
                ,': : : :|> ..       . < /: : r'-「   !ヽ
               /: : : :,'l : : : : :.`卞  ¨´{_ ィ´ :/ |       `二つ
         ___ ..ノ : : : / |: : : : :/ レ'´ ̄: : : : : /:.;「 ̄ ̄ ̄ ̄ | \\
      , . :´ : : : : : : : : __: :ノr十' "7 /7: : : :_ : イ:./ |=====|   \\
    /: : : : ._.. -… '"ノ ノ/|l!l!:.:.:.//ノ/:. :./:.:〃:.:/   |=====|    \\
    /: : : /     ∠ イ/ |l!l!:.:/   {: :/:.:.:〃:/     .| ̄ ̄ ̄ ̄´|     \\

助手:柊かがみ
「はい、2名様ごあんなーい」


510 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:23:29 ID:yg7EH6hU


         ___
        / .u   \
      /((○)) ((○))\
/⌒)⌒)⌒).::::  (__人__) l_j :::\     /⌒)⌒)⌒)
| / / /     |r┬-|     | (⌒)/ / / //
| :::::::::::(⌒) U .| |  |    /   ゝ  :::::::::::/
|     ノ    | |  |    \  /  )  /
ヽ    /    └ー.┘    ヽ /    /

美筆やる夫
「うわ、なんだここ!? 

とつぜんワープしたお!?」

.


511 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:24:07 ID:yg7EH6hU



              \  ___
               _>‐  `ー‐「 `ー―――‐-
                '" : : : : : : : : /|: : : : : : : : : : : : : : 丶、
            /.:.:.:.:.:  '".:.:.:.:.:.: .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ヽ:.:.:ヽ
            /:; -ァ:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ∨___V⌒\
        // /:/:::::::::::::: /:: /:::/  l:::::: \:::::::::::::::::::::::::::∨ン′!  jヽ
           l/:::::/::::::: /::_/_:/   l:::::| ::: \_:::::::::::::::::::',:  K_/  ',
              /::::〃:::::::,'::: / !:l     ',:: lヽ´:::::\`:::::::::::::::: l  |::::|  l
.            ,':::::::{{:::::::: |:::/ |:{     ヽl \|_  \ ::::::::::: |  |::::|  |
          !:::::::/!::::::::jレ えテトミ     ィ斗テ〒ア ::::::::::|  |::::|  |
           |:::::/│::::::Ⅳヾ r'::::::「       r'::::::: j バ ::::::: |_/ ::,|_,/
           |:::/_厶:::::::|ハ Vヘ j      !ヘイ/  ヘ :::: |:::::::::/:|
              V  ヾヘ::::|ヽハ ゞ ''      ` ー''   レ'Ⅳ^|):: /:: |
                l ヽ|::::: { .:.:.   '     ::.:.:. ,、 _ イ:::: /::::::|
                |:::|:::::: 个    ヽ)     イ/::::::::::':::: /::::::: |
                |:::l::::::::::|::リ  >t-r   セヽ 〃:::::::::::::::/:::::::::::|
                |::::l:::::::::|/ _/ /-}   V  /:::::::::::::: /::l::::::::: |
                |:::::l::::::::l'´    |-―=:-/  /:::::::::::::: /| ::l ::::::: |
                |::::::l::::::::|ヘ.   |   :/  /::::::::::::: /ヽl:::| ::::::: |
                |::: ∧:::: lヘヽ │   /  /:::::::::::: / / l::| ::::::: |
                |: / ∧:::.ヽヽ\.l /  /::::::::::/     | | ::::::: |

柊かがみ
「予め説明受けてるんだからそんなに驚かないの。

ここは参加者の主観的世界の一部を観察できるようにした仮想空間よ。

ワープしたってのも言いすぎ。

感覚を制御下に置かれたから別世界に飛んだと錯覚してるだけよ」


512 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:25:17 ID:yg7EH6hU


::::::... ..丶
:::::::.... ...\
:::.' ──-.. \
:::::::... ⌒__丶 \
:::::::::.... .'::. ).ヽ  .ヽ
:::::::::::.... __ ..丿   ヽ
:::::::::::...    ヽ   .ヽ
:::::.._ ノ ヽ.____丿   .丶
::::::::::::::.... ..::ノ      .)
:::::::::::..   ../       .ノ
:::::::::.⌒ "       ..ノ
:::::::::::::::::....    ....::::::../
:::::::::::::::::::::.. ......::::./
美筆やる夫
「あれ? かがみ、体が……」


513 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:25:36 ID:yg7EH6hU


            / / /                     \
         /Y^Y^ヽ/  /    /  .イヽ        \ \
.       /: : : ∨: : /  /     / / / !  !  ! !   \ ヽ
    /: : : : :::/: : :.l  /     / イ / |  |  | l  ',   l`ヽ.l
   /: : : : : :: /: : : :{  l、_  / / ! /  |  |  ,.l -ト  l   |   l
   \: : : : : : i: : : : :|  { `メ、 l/ l/  l  l//l |  !   ト、
    \: : : :.|: : : : :|  | / / `ニナー〃 ー'l / !/l  l   l: :〉
       \/l___.r|  l え¨斤〒     f 斤fア从 ∧   |/
        |  l  l{ ヘ l/ 辷ラノ      辷ノノ /}l /: :〉 /
        |  l  lト、_V          ,    、、 {/l /'´//
        |  l  l   ̄lヽ、   f^ー--ァ    ノ l/
        l  l   ',    |   >  辻_ノ_,.  イ  l
.        /   ト、  ヽ、 |/: :.|   T:.ヽ |   l   |
      /   /  \  \|: : :.<   Lュ: 弋.  l   |
      /   /   | >、  \: : \___ ヽ: : lヽ.l   |
.     /   l   /⌒ヽヽ  ヽ: : : \  ̄| : l: :l|   |

柊かがみ
「ここなら『私自身が信じている自分本来の姿』を取れるのよ。
ここは主観的世界を観察できるようにした仮想空間だからね。

よくわからないなら、今は『イメージがそのまま物や事になる世界』、
と思ってくれたらいいわ」


514 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:25:55 ID:yg7EH6hU


                    ___                   ___
                 //⌒ヾ.、   ,ヘ_____    //⌒ヾ.、
                   //   , >`´ |: : `ヽ: : : : : : `ヽ、.//    ゞ,
                     // /,: : :. :.:. :.|: : : : : : :.:. :. ̄`ヽ《〈/`ヽ,//
                〈《//:. :.: : : : :.ト、:. :. :.: :. :.:.:. :.\: \ヽ: : : く
                //: : : : : : : : i:.| \: : : :\: : :. :.\:.:\i: : : ヽ
                  //: : : : : :i:.: : :.∧{   \___\:. : : :.\: :\: : : ',
              /'i : : : : : : | : r十、i!    '´`ヽ、`'.\:.: : : :\i`ヽ: : i    ぱっ
               |: : : : :| : |: : : l          . ィ=≠ァト、: : : : \j:. :.|
               |:.:.ト、:∧ハ: : {气テ、    f'´V爪__/∧jiFト、 : : }: : |
               |:.:.| ヘト、ヽハ: ハ、 Vi'}    ヽ 辷ッ/ {::(i_l::|_ノ\j:.:.:.|
               |:.:.|  ヾ、: jハiハ`‐´ ,    ̄;;;;; 〉-イ¨:/: : : :|:.:|
               |:.:.|   `i\ヾ人'''   _    . イ  /::,イ:. :. ::.:|:.:|
                   Ⅵ     l: : : :》vっ≧‐ ┐'´_ノ}, /: / |: : : :.:.|::.|
                          |: : : i|ヽ, -‐/ ハ ̄   i/: / .i:.: :. :. |:.:|
                          |:.|: :.i|/  ./,イ__入  .〃 /`ヽ.!:.:. :. :.|.:.|
       ____             |:.|: :.ll /ij/´/  \,イ' :/   ',.: : : : |:..|
     ,. ´:::::::::::::::`ヽ           |:.|: /''´ /: :/___ /.:./   01 l: : : : |:.:|
    /7i、:::::::::::::::::::::::::\       |:.i/{  /: : :/ `ー´ i : :i     |: :. :.:.|.:.|
     i::{」 V´:::::::::::::::::::::::::\     〉':7-/:.:.:./     |.:.:.| il     |:. :.:. :|:.:|
     |::::| ト》、::::::::::::::::::::::::::::',    /::::/ /: : :/ `ー-''’{: : |ノレ'⌒ロ,ト:.: :.:.il.:.|
     |::::| |i::::}:::::::::::::::::::::::: :: ト、 /::::/ /: : :/       |:il:.| |::::: :¨:::::|: : :.|l: |
    ヽ.| |::::il::::::::::::::::/ ::::: | ::Yヽ/ /: :.:./       /lハ:.| | :::::::::::: |.: : :|l :|
       | l___|_ , <:::::::::::::::::::::/ /:. :.:/    _, イ | || | :::::::::::: | : : l }:.l
       | | ̄´     \___/ ./.:.:.:./     _人   | | :::::::::::: ト、: :| l/
       |: :|         ,_/   ,〈_:.:.:/          `\  | :::::::::::: | }:.|

柊かがみ
「だからこうして突然服装を変えたりすることも」


515 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:26:20 ID:yg7EH6hU

                         _
                  _ ......┤ヽミ_ー:.:.:.: ̄:.:.:.:.:ー....
          ー‐-=ニ二:.:.:.´:.:.:!:.:.:i:.:.:.`:.:.:.、:.:.:、:.:.:.:.:.:.:.ヽ,-.、._
                 /,:,:.:.:.:.:.:.:.:!:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:ヽ:.:.:.:.:/⌒、j:::\
             ./:,イ/:.:. ,:.:.:.:.:.', : ',:.:.:.、:.:.:.: 、:.:,ヽ:ヽ:/::::::::::',:::::::::\
            /,ィ'/:/:.:.:/:.:.:.:.:'ハ:.:.',:.、: 丶:.:.:.:\:.:.ヽヽ:::::::::::i,:::::::/
              〃 /:/:.:.:.:':.:.:.:.イ:! . ',:.::',::ヽ:.ヽ:ヽ.:.:ヽ:.:ヽヽ:::::::::!ゞ:',
           '' /:.:!:.:.:.:.!:.:.:.,'.l:l   ヾ::.ヾ匕=ー-..、:.:. ',ハ:::::::}:':.:.:,   ぱっ
           ! l:.:.ll:.:.:.:.l:.:.:.l, l:l-、  ヾ:. ヾ.. `\ヾ:.:.:.:.l_:.!ヾ:':.':.:.:,
             l:.:l l:.:.:.:.!イi ll    ヾ.   \__  ヽ:. l ヽ::::,:.':',:.:
               l:l l:.:.: l:.:.{  !     ヽ,イ=ミヽ }!:l }!::,:.:':.:',:',
             ll .!:.:.:.!:ハィ=ミ、    \    ,' !/}:,: ,':',:.:',:',
        , ⌒丶  .! l:ヽ:.',:. ハ.    ,    ::::::::::. /フ,':.,'::, ,':.',:',:.:',:',
       /    .'    i:.i.:ヾ!:.:∧::::::  、   ァ   , ' i',.':.,':, ,'.',:.:.',:',:.:',',
      ,     '   !:.!.:.i.:.!:.!i:.ゝ.   ゝ '   / ,.',.':.,.':.:,'  ',',: ',:',:.:':',
      ,'      l   !:.!.:.:!:.:.:,',:',:.:',:.! >  _ イ  ,.',:':.,:':.:,:' ̄! .',',:.:.',',:.:.:',
     .i  = = .!  !:.!.:.:!:.:イ .',:.':,:',:', _..-ァ} .,.,.',:':.:,:':.,:'::::::: ! .',',:.:.':',:.:.:',
     . !   ω  !  .!:.!:.:.!:.,:.l  ゝ:.'/::::,.‐'´/,.',.':.:.,':.,:',..:-‐::ヽ .',:',:.,:.:',:.:.',
     . !     .,'  .!:.!.:.:!./!:l  . /':::::,.' イ :,;',:':.:.:,':,:'::::::::::::::::::',  ',:',:':,:.':,:.:',
     . ! ,..-、  /  .!:.!:.:!:.,' l:.!  //::::::/イ:::::,;'':,':.:.:.:,:'::::::::::::::::::::::::',  ', ',:.':,:.':, '.,
      V,',','∧/  !:.!:..!:.! .l:l . 〃:::/:::::::,:,''::,':.:.:.:,'::::::::::::::::::::::::::::::!  ',: ',.,:':,:.':,:',
      ',',',','.'   .!:.!:.:!:.!  !:!,'才::::::::,:::':,',':::,':.:. ,:'i:::::::::::::::::::::::::::::::::!  ',:.:','.,:',:.:',:',
       ',,ra   i:.i:.!:.!  /::::::::::/:::::,''::::,:.:. ,'::i:::::::::::::::::::::::::::::::::::!   ',: ', ',:',:.:.:',
     .,-,',{ 、   l:.!:.!:l /:::::::,::::':::::::::::,::::::,'::::, '::::!::::::::::::::::::::::::::::::::::::!  __ ',:', '.,',:.:.',
     .冫、_ヽ、ヽ l:.!:.!:l  ',:::::,::'::::::::::::::::::,::::::,:::,'::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::l 乞:}. ',',  .,:',:.:',
     冫、二ヾ .弋ー、!」__ Y::::::::::::::::::::::::,::::::,::,:::::::l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l 圭} ,:;  ',:',:.:,
     ゝ二ヾ ゝ  .!::::::::::::::`{ヽ...._::::::::::::::::,::::::,,:::::::: l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::', 以 ,,   . ',:;:.:.,
     ,','ー 、 ___  !::::::::::::::::{圭圭圭圭圭圭ll,圭 llli:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V  ,,   . ,;:.:.:,

柊かがみ
「この通り余裕ってわけね」


516 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:26:37 ID:yg7EH6hU


             ____
            /⌒  ⌒\
          。o(゜>)  (<゜)o 。
         /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
          |     |r┬-|     |   て
         \      `ー'´     /( `´) そ
        /           \ノ ノミ
        |\ \・      ・ \____ノ

美筆やる夫
「すっ……、すげーお! 

とうとうモニタの向こう側へやる夫はやってきたお!

いくつになっても心は中二のままでいた甲斐があったお!」


517 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:26:54 ID:yg7EH6hU


      / ,.‐-y'´'ヽ/ ヽ-゙-ヘ
     /  / , / ∧∧ ',  ',ヽ
    ,'  /  l l l ,'‐-' | | |  l 'ハ
    ∧' ,'  l | ,リ  _リ l l  l l l
    ト、 'l   l`ニ´   ` ̄-r'___「
   / ヽl ̄'l ====  === ,'´ |
   /  ,∧l  |          { l|
  ,'   /  ', lu_   ,、 _,.ノ ,'|
  ,'   /   ', .lヘ ',三|{=', |   'l |
 ,'  ,'    ', ', ヘ ', |,l ,}|  ,'.l |
 |  l  l   /ヽ | ヘlレ'',´ l-‐' l |
 |l  L._ハ_ }-‐',=l<,ヘ.ヽ{  l   l l
 `ヽ.|   `'、_  `   ´ ',´ ̄ `レ'
        ',゙T'''''''T'7´
         ',ノ.  レ

朝倉涼子
「それもどうかと思いますが

やる夫さんらしい感想ではありますね」


518 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:27:08 ID:yg7EH6hU


         _>ー-  -―∧ー- _
      , <´ : : : : : : : : : : : :|: : : : : : : :` - 、
    /  _/     : : : : :|: : :.: : : : : : : : : :\
   /:_: <:〃    /: : : /: : .:|: ∧:.:.: : : : : : : : : : ヽ
  /イ:;:;:;://: : : : : :.:/: : : :イ: : / |:;|iハ:.:.:.:. : : : : ヽ:.:.:.:>>- _
 '  ヘ//: : : : : :;:;/: : : / |: :/  |:;|l  i:.:.:.:.: : : : : :l: : i:;:;:;:;l:;:;:;: ̄\
  /:;:/: : /: : :.:/!: :__/_|:/   |:| l  i_l: : : : : : l: :l:;:;:;:;!:;:;:;:;:;:;:;/
 <:;:;:;:/:. :/: : :.:.:i:.l: ´/  |,'`   |! l '´\l`゙: : : i : l: :l:;:;:;:;:;i:;:;:;:;/
  \i: :/|: : : : :l:.:|: /   |!.    |  !   ヽ!: : :| : l: |:;:;:;:;:;:!:/
    |:/-|: : : : |/不示テミ、   ! ィ=≠=z\|: :ハ |:;:;:;:;:;:;|  
    |i  |:. : : :|l-||! V{::::::|      ヘノ:::::::} ア'|i: i:;:;l:|t―f-´
    !  li: : : :f.{ !| i ゝイj      |iゞ-イソ ' |!'|゙i、:|!:l: : |
     |:.ヽ: : |:丶i ゞ-''"      ヾ''-"  う'´|j:.:.:.! : |
     |:.:.:.:ハ:|:.:.|/! '"'    '     '"'  ィ‐ナ":.:.:/:. : |
     |:.:.:.:.:|i|:.:.:! > 、   、    _ <___/:.:.:.:./|: : : |
     |:.:.:.:.:|!: : :∨' ̄ `> 、   ィ7:;:;:;:;:;//:.:.:.:/|:|:.:.:.:.:|
     |:.:.:.:.:.ト、: :/    _ィ--`}‐-/:;:;:;:;:ィf/:.:.: / ヘi:.:.:.:|
     |:.:.:.:.:|/ヽ/    /:;:`iー" /:;:;:;:;:;:/: : : :/   }:.:.:|
     |:.:.:.:.:! ∨   /:i:;:;:;:;l  /:;:;:;:;:;:;/: : : :/    l:.:.:|
     |:.:/ /    l: }ヽ:;:;:;l /:;:;:;//: : : :/     l:.:.:|
     {: {  /    lヽ \:∨:;/ /: : :/      }:.:.|
     |: :ヽ /     l i´ ̄`‐´ ゙̄/: :;/        }:|

柊かがみ
「現実には貴方たちは先ほどと変わらず研究所の中にいて、
ベッドの上で横になってるわけだけどね」


519 :名無しのやる夫だお:2010/04/28(水) 22:27:26 ID:UX3GDv5E
かがみが命を捨てたら長門殺る事もできるのに
それに対する措置を取ってないのが長門の「主観的世界」か


520 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:27:36 ID:yg7EH6hU



【現実世界】
              ||                  ||
         || ||           ||   ||
        r======、          ||    t======_
         |    /          ||  //   ,,-''               ,,..-''"
         |    /        ..  ||//   ,,-"      .       ,,..-┬─''"    ,,..-''"
         |   /           .//  ,,-''             .|  |  |  ,,..-''"||
         |   /         . |/ ,,-''           . ,,..-''" |  |  |  ||  ,,..-''"
         ̄ ̄          .  ̄ ̄          ,,..-''"  ,,  |  |  |  |-''" ,,..-''"
_______________________,,..-''"   ,,..-''".|| |  |  |  |-''"...||    ||
               ...__           ...|  .,,..-''||,,..-''"|| |  |  |  ||   ||    ||
__________ ||(l||l)| ______  | ||,,..-''" ,,..-| || |  |  |  ||   ||    ||
               ||.└─┘ l|         ||  | ||二l.|| ||  | || |  |  |  ||   ||    ||
              ||     ||         ||  | ||  || ||  | || |  |  |  ||   ||    ||
              ||     ||         ||  | ||  || ||_| || |  |  |  ||   ||    ||
              ||     ||         ||  | ||  ||    || |  |  |  ||   ||    ||
          _ ...... ||     ||         ||  | ||  ||    || |  |  |  ||   ||    ||
______[l_l]___||     ||________.||  | ||  ||    || |  |  |  ||   ||    ||
___________]    .|]______]...|  ||  ||    || |  |  |  ||__..||__..||
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|                      | ||  ||    || |  |  |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ .「  _______    _______|_..||  || __..||_____
        |  L   ___  \  \   ___ "''-..,, .゙r-..,,   ___ "'''-,,,
        |__..|| ̄[     ]  ̄||__..||、|| ̄[     ] ̄|「  |ト.,,|| ̄ [     ] ̄|「
        |   || ̄ || ̄ ̄||  ̄||   || .l| ̄ || ̄ ̄||.. ̄|| .......||.....|| ̄ || ̄ ̄|| ̄ ||
            ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\  \ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄"''-..,, "''- ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄""'''--....,,,,


521 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:27:59 ID:yg7EH6hU

      / ̄\
     |     |  
      \_/
       _|__
     /ノ  ヽ_\
   /( ー)  (ー)\
  /   (__人__)   \
  |     ー-u'     |
  \              /
 / ⌒⌒⌒⌒⌒⌒/^)
//######/ /

美筆やる夫
「Zzz……」


522 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:28:12 ID:yg7EH6hU

                           _,. -─- 、__
                        _,.-'´       `ヽ
                       ‐ァ'´          ヽ
                      /,ィ   , ,. 、   ヽ l    、\
                      '゙ | j ' j. ハ. 、 ヽ ',| | l |`¨
       ,.、               | | HV、ヽ',ヽ、.ト、j |l」,、|
       / /\      __       ヽト N{沙 ` 傍フ| レリ
       / /  \   (‐ェ'`)  _ ,..r─ヽ }、  ' _ `¨_,! ハ
.      / /    \    ̄   f,.   |    ヽ| ` ァニ -' /イ ',
    / /      ゙;.───‐└乞 -'ー──-//l、 /´  |
    / /        /        l.l    |     l.|゙シ'´      |
    ヽ′     /        l.l    |      j/ ,. -_ニ_-、|
     \.    /          l.l   |-─l二ヘ,r',r' ´   ヽ|
       \  /           l.l   |  |   {/       |
         \/         l.l.    |-ー { __,/       ,   |
         ヽ二二二二ニコl、__,. -ー '' ´      /   |
                {-   |           /       |

長門有希
「…………」


523 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:28:27 ID:yg7EH6hU


【コンソールのモニタ】
┌────────────────────────────────┐
│                                              ..│
│                                              ..│
│                                              ..│
│                                              ..│
│                                              ..│ <とうとうモニタの向こう側へやる夫はやってきたお!
│                                              ..│
│                                              ..│
│                                              ..│
│                                              ..│
│                        -  - 、                   ...│
│                         / (≡ ≡)ヽ                  ....│
│                      R *(_人_)*Я                   │
│       .                弋_     _丿                  .│
│       .                |       |                     │
│                         し    J                     │
│                                              ..│
│                                              ..│
│                                              ..│
│                                              ..│
│                                              ..│
│                                              ..│
│                                              ..│
└────────────────────────────────┘


524 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:28:47 ID:yg7EH6hU

【仮想空間】

.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;
.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;
.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;
.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : _,,--'"´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`゛'--.,,,_: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : /..,,:;:;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:...,.\: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
         ̄ | ̄|:| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄|| ̄
          | ;|:|                   | ;|;|
          | :|:|                   | ;|;|
          | :|:|                   | :|;|
          | :|:|                   | :|;|
             .| :|:|    ,,        ...    | :|;|
"'~ ''""'~"'~ ''""'~| :|:|"'~ '''~ ''""'~'~"'~'''.~."''~''~| :|;|"'~ ''""'~"'~ ''""'~'~"'~ ''""'~~"'~ ''""
          | :|:|              .  | :|;|
          | :|"'              | :|'"
           "'"'     `''"     '"''"'"
                             ::'' ;,
     ::'' ;,                 ::'' ;,
                                   ::'' ;,
              ::'' ;,


525 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:29:07 ID:yg7EH6hU

                         _,ィ
                _,.-‐ "´ ̄  | ̄`ヾ=─-、
              /´       ,/i ト、   `ヽ 、ヾ
           __    / ,ノ/   ,/ ,/ .|,| ヽ    ヽヽ
          <´ ヽ,/´ ̄i=/ ___,/ ,/  ||   ヽ.ヽ.  ヽヽ
          ヽ、 i i、   |//   /`ソ   ノ   -‐弋 ',    トヽ
         /ー'| ヽー'/  、-‐-r、     , -‐ァ |ヽ   | i!
        く_   |  `,ゝ ∧:::::`゙|`    'i::ri´',. | ヽ |
            ``iーレ'´ | jヘ ',:::::::|      |:::l |)|   |', |
              |  |  | / ヾ ` ̄       ー' ,ノ ,|   | |!
              |  |  |'ー-‐ヽ、   ー  _, ' ,//  |
              |  |  | |   /\ー、‐<ノ,//l   |
              |  |  | |.  /   \ l ,/i、/ .|  i. |
          |   |  |. | /‐┬- __ゝ/ノ ヽ. |  l. |
             |,i  ,|  l. |,/  |<´    ヽヽ.  iノ| | |
          | l ,' |  | |  _,l ヽ       |  | l |l
         ノ | ,'  ',.  |,. '´ L _ヽ __ ,ノ-‐'ゝ |. |
           |/   .',. |   //  | ', ヽ \ヽ、_ | |
                  ヽ |  /.,'  |   ',  ヽ_,>-,ゝ|
                    `,ー--|__,-‐'ー,'´ __ノ"
                       ,'   / ,'   ,'"´
                 ,'  ,/ i  .,'
                 ,'、_/  |__,'
                 ,'   /  |   |
                  ,'   /    l  |
                    `ー'     ー'

柊かがみ
「さてやる夫。

講義の具体的な内容に入る前に確認するけど、
自分たちの知っている世界は、実は世界そのものではなくて、
脳内で製作した投影だってのは知ってるわよね」


526 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:29:40 ID:yg7EH6hU




                   _,..-‐''''""~´ ̄ ̄ ̄ ̄~"'''‐-,.、
                ,.-‐''" ──‐‐''",.、.:.:.:.:.:.:.:\、.:.:.:.:.:.:.:~"'‐-、
             ,.‐''"''''""~´::::::::::::::::::::::\\:::::::::::::::"'''''\"''--、.:.:.゙ ''‐.、
           ,.‐'":::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙''‐、 ''l:::::__,....-‐'''"    ''.:.:.:::゙'ヽ、
         ,.‐'"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::~"‐--‐‐,         ''.:.:.:. \
       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/"           .:.:.:. ゙‐、
       ,."::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/               .:゙‐、
      ,.".:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/~                   :`、
      ,"  .....:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/´                       ゙、
    ,"   ......:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ,                        ゙、
    /        ........:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|                        ゙;
   ,'            ヽ...:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::)  __                    ゙;
  ,'            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/~   (:::::::/                   :,
  ,i            ヽ,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::(    ノ::::/                    ;
  i             `.、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::)   .|::::|                     i
  |               ゙;:::::::::::::::::::::::::::::i'""      ̄                     .i
  .l                \:::::::::::::::/                             .;
  :                  "'‐‐‐"                              :

美筆やる夫
「昔聞いたことあるお。

人間は世界そのものを認識しているわけではなくて、
五感を通じて得た情報を元に

『世界ってこんな感じ。たぶん。いや絶対』

と想像しているだけにすぎないんだお」


527 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:30:16 ID:yg7EH6hU


               r‐- 、_
        ,.、-‐=ニン′: . : ` 丶 、
       ,. - ''"´. : :{ : . : . : 、 : 丶
      , ´ . : . : . /| {ヽ. : 、   、: /~\ヘ
    /   / : . : . / l | `、 _ _ヽ :  .\::.::.::.::.\
   ./.// : / : ,/- 、 ', !  ´、 `丶: . :`;:.::.}:::.::.::.ヽ
   ′ /  :/i : /     丶   丶`、 : . ト、:i::.:}:::.::.:::.丿
      /.//:.|. : .,′           ヽ: .: |:::ヾ∧::::/
     ,'/  | : | : ハ   _ _     ,、=≡ミ`,: .:ト、乂 卞´
     ′ 1: ハ:|バ'´``` ,     、、 `;.:| :}: : .
       ∨  `ゝ} ゙´   _ ‐、     ,__レノ: : ノ│
             _込、_   ヽ _丿  _ イ:/: : .,.'  |
          f'~゙'''ー汀ニ─-r‐ ´〈,/ : : ,:イ: .  |
         _|::::::`"゙゙}::_;//廴__/   :/く;|: i.  |
        ∠,r‐‐、;;;;;;{イ f~ ̄/  .//~`}: l.  |
           / r'"_ソ:.丿{ ,!  / /   〃   |: l.  |
        人  _〉ノ}、 ヽ| / イ   .,' !    {: !  |
        〔ヽ、\少´|}\ |,//{   { ,i    |: |  l
        〈\_二__/|>ゾ<从  | :l     {: l  |
          } ` ̄  /: : : : : : `、 ヽ:! |       {: l. |

柊かがみ
「そう、それそれ」


528 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:30:39 ID:yg7EH6hU



       ∧_∧   < この大学には合コンやる文化がないモナ。つまらなくね?
      (´∀` )
   
  ∧_∧
 (iii   )   <そうだねー。(一度も呼ばれてないのか(´;ω;`)ブワッ)




柊かがみ
「私たち人間にとっては、究極のところ
自分が『ある』と認知しているものが『世界にあるもの』なのね。

なので現実の世界には『ない』ものを『ある』と思いこんだり、
逆に『ある』ものを『ない』と思いこんだりするというわけ」


529 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:31:17 ID:yg7EH6hU

        ,   / `ー---─一''"~´ ̄`ヾヽ
      i  i| ilレ           ミミミミ''"`─- 、
    , .,i! i !/i  i         ミミミミヾ   ミヾ ゙ヽ
    .i  ,!i l.| ' i  ゞ       彡ミミミヾ   ミヾヾ  `ヽ   聞こえた!
  ,  i!、k ヽ、 ヽ          彡ミミ   ミヾヾ    ゙
  li l ヾ、    ヾ        _,,==  ミヘベ        
  , |i、ヽ  ヽ、     ヽ             ヾ ゙        いま恐怖の大王が
  !ヾ ヽー- _ ー- ,,__         〃ヾ            
  ヾヽヾ ‐- ,,___             /ソツ、ヾゞ、ヾヾ         叫んだのを俺はたしかに聞いた!
   ` 、`ー- 、...,,─--  __,,     彡ソソ ヾゞゞミミ
  ヽ.、 `ー --- .,,─--  __,, 彡ソソノ,;  ,,-弋ミミミミ
    \ ゙ー‐- 、..,,,____,,. --彡彡彡'"'",ィ'-====、ヽミミミ
      ``,.-、-─r,=====、:;;,,::;;::f" ,.'i´ o`i 冫ヽ ]-'´ ∧∧    「びっくりするほどユートピア」って!!
         ゙iヾ ニill 〈 (.O)ーi` ̄´i  _`_-_'....'  li ゙_/   ヽ
        ゙i   ill::::::::;ー-‐γ'i'::l,⌒ヾ`)::::::::::;;''  〃u \
        ゙i  :ill::::::::;;  ソ::::;i,、,  ヾ:::::::;''' _,,ノ'  ,r-|
         ゙i、  ゙`‐=='"..::::::;i,, .,,,  ゙゙'''''"~´    l_|
          ヾ.イ        '''"..-一、   u   .lヽ
            ヽ     :;;l ̄´ _,,,...,.ヽ     ,イ_〉
             ゙i. u   ;;iェ'´ i'  ヾト!    ./:! \
              ゙!.    :;;Fi、   ,,.ツ   ./;:;:  ゙i
             ./゙i ヽ   ゙;ヽニ二ニ-'´  ./ :;:;  / ヘ
            / i  ヽ    :..,,-‐' /::;'  ;:; /  /∨\/

柊かがみ
「もちろん五感を通して確認するから、酷く現実離れしたものを
信じてしまうことはそこまで多くはないんだけど……
それでも、錯覚や幻聴の形でたまに本来ないものを見たり、
実際には鳴っていない音を聞いたりもするから、過信は禁物かもね」


530 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:31:53 ID:yg7EH6hU

  ♪          ♪
♪   ♪     ♪      ♪

  /  /  ,M.  l  、 ヽ、
. / /  |  |.|''‐'|  |  |   l、.|      ♪
 | | l 'ナ大|  |ナフ大|  |ミ|ヽ          ♪
 | | .| |-,..、'  '‐,..、/|  |ニ| |   ♪
. ゙l十|  ゝ'.    ゝ' .|   l|lーK
  || / xxx     xxx.|  l|' |ヘ     ♪
  ||.ト 、  ----l   |  l|  |.ヘ
  ||  | ≧lーr=_==r'''l|  l|   | ヘ
  ||  |.| /. ゙ーー' .'|  リ  | ヘ
  ゙´´ヽ |  (⌒)  / / |   | ヘ

朝倉涼子
「その他、音楽が頭の中で再生しっぱなしになったりもしますよね。

同じ曲をずっとリピートして聞いていたときとか特に」


531 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:32:12 ID:yg7EH6hU

     ____
   /      \
  /─    ─  \
/ (●)  (●)   \
|    (__人__)      |
\   ⊂ ヽ∩     <
  |  |  '、_ \ /  )
  |  |__\  “  /
  \ ___\_/

美筆やる夫
「あー、あるある」

.


532 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:32:49 ID:yg7EH6hU

              \  ___
               _>‐  `ー‐「 `ー―――‐-
                '" : : : : : : : : /|: : : : : : : : : : : : : : 丶、
            /.:.:.:.:.:  '".:.:.:.:.:.: .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ヽ:.:.:ヽ
            /:; -ァ:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ∨___V⌒\
        // /:/:::::::::::::: /:: /:::/  l:::::: \:::::::::::::::::::::::::::∨ン′!  jヽ
           l/:::::/::::::: /::_/_:/   l:::::| ::: \_:::::::::::::::::::',:  K_/  ',
              /::::〃:::::::,'::: / !:l     ',:: lヽ´:::::\`:::::::::::::::: l  |::::|  l
.            ,':::::::{{:::::::: |:::/ |:{     ヽl \|_  \ ::::::::::: |  |::::|  |
          !:::::::/!::::::::jレ えテトミ     ィ斗テ〒ア ::::::::::|  |::::|  |
           |:::::/│::::::Ⅳヾ r'::::::「       r'::::::: j バ ::::::: |_/ ::,|_,/
           |:::/_厶:::::::|ハ Vヘ j      !ヘイ/  ヘ :::: |:::::::::/:|
              V  ヾヘ::::|ヽハ ゞ ''      ` ー''   レ'Ⅳ^|):: /:: |
                l ヽ|::::: { .:.:.   '     ::.:.:. ,、 _ イ:::: /::::::|
                |:::|:::::: 个    ヽ)     イ/::::::::::':::: /::::::: |
                |:::l::::::::::|::リ  >t-r   セヽ 〃:::::::::::::::/:::::::::::|
                |::::l:::::::::|/ _/ /-}   V  /:::::::::::::: /::l::::::::: |
                |:::::l::::::::l'´    |-―=:-/  /:::::::::::::: /| ::l ::::::: |
                |::::::l::::::::|ヘ.   |   :/  /::::::::::::: /ヽl:::| ::::::: |

柊かがみ
「この手の現象って、たいてい無意識が勝手にやってくれちゃってるわけだけど、
ある程度なら自分の意思でも行えるのよ。

ここが今回の前置きのポイントね」


533 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:33:04 ID:yg7EH6hU


          ,.-''"´ ̄ ̄ ̄`゙ヽ、
        / ,.ィ _,..r---r-、   \
      ./ /.イ´ | |  | .| `lヽ、 .ヘ
     lヽv ,.イ ⊥_  | |   | .| ,.斗、 ヽ ゙l,),.‐;
     ヤノv' | .j,..≧トッ  ,.ィ''ァ'、  | .〉l /
    |  ∨ 〉イrl゚ハ::l   l乍リバl,// ゙'.}
    ヘ  ヘィ'弋乞:ソ   弋_チ:ノ '.ハ  .∧
      〉  / l "´ _,....--、 `゙  l .ヘ l ヘ
     ∧/  |  ./     ヘ  |l  .Y ', ヘ
     / /  .人  |      | ノ |  ヘ ', ヘ
   / /    / ゝ.ゝ、.______,...イ<´ .|   ヘ ', ヘ
  / /l   /   / '----'-' ヘ  〉   ハ ', ヘ
 / /.〈   ∧  /  γ⌒ヽ  ', ∧   ノ ', ヘ
./ /  \ /  ∨    ゝ-‐'   ∨ l__,.イ   ', ヘ

朝倉涼子
「今やってみましょうか。適当に頭の中で曲を流しますね」


534 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:33:21 ID:yg7EH6hU



【どこからともなく流れて来た音楽】


 まっもるも攻むるもくっろがっねの~♪ 浮べる城ぞた~のみ~なる~♪


.


535 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:33:43 ID:yg7EH6hU


         ____
        /⌒  ⌒\
    (ヽ /( ●)  (●)\   /)
   (((i ):::::: ⌒(__人__)⌒::::\ ( i)))
  /∠ |     |r┬-|    |_ゝ\
  (___     `ー'´   ____ )
       |        /
       |       /

美筆やる夫
「おおっ? 音楽が聞こえて来たお!」


536 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:34:05 ID:yg7EH6hU


    / ̄ ̄ ̄\
  /        \
 /    ─   ─ ヽ
 |    (●)  (●) |
 \  ∩(__人/777/
 /  (丶_//// \

美筆やる夫
「ってあれ? 朝倉さんの脳内で流れる曲が何故やる夫にも聞こえて……。

……あ、参加者の主観的世界の一部を観察できるってこういう意味かお?」


537 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:34:24 ID:yg7EH6hU

                   _______
             _/:ヽ-‐':´: :: : : : : : : : ::`ヽ、
        -‐=ニ´: ::/:.:、: : : : : : ::、: : : : : : : : : : :ヘ、
          /: ::;イ:|: ::λ: : :i: : : :|:: ::/;;;`};;};`;ヽ::ハ
        /: ://: :j : :| ヘ‐、:|: : : :|::/;;;;;;;;;;/: : ~:|;;;〉:j
         l/ / ::::|: : :| ∨::|、: : :|::ヽ、;;;/: :: : : :|: ::リ
           j: ::::ヽ:: :| ___ヽ{ヘ: : :ト: : :|: : :::: : : :|::/
            |/ヘ:::',ヽ{ ャ;チヤ ヽ;: ::|ヘ: :|: : : : : : :|'
           ヽ::〉  |j:;ソ,  V::.{´ヽ{: : ::|:: : :|i
            〈   ゛    ∨_ノ: : :/:::|::: : |:|
               \-'      /: : ::/:::::j::: : :|::|
               ` ‐-‐ァャ/: : ::/::::;人:::: :|:.:|
                   /:::/: : :ノ,ィ´ ヽヘ:: |: :|
                     r'-/: ::;f´r===、  |::|: :|
                 i 〈: :;ノ〉´ ̄゛\ヽ |::!: :|
                  / /V /     | i |:: : :|

柊かがみ
「そういうこと。

全部観察できるようにすると大混乱になるから、
強く意識の表層でイメージしたものだけが出るようになってるんだけどね」


538 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:34:44 ID:yg7EH6hU


            _   _  - ―― - 、_
          _⌒>`'´: : : : : : : : : : : : : : :`>- 、
           〈ー、/: : : : : : : : : : : : : : : :、: : : /:.:.:.:.:∧ _
         ∨:/ : : : : : : : : : : : : : : : :\: !:.:.:.:./<´:.:.:.:.`7
         /:/ : : : : : : : : : /\: :ヽ: :!ト、: ヾ;.:.:.:.{:.:.:}.:.:.:.:./
           /〃 ; : :/: : : :,ィ:/   ヽ: :トリ ヽ__' ,:.:.:∨.:.:.イ
.        /イ: :/: :/: : : :/ l !    斗!<´ \\:.:.\:.:.:\
        /! /!: /!: :ー/- iL_      リ   _ 斗ト,:`: r‐<ー≦
         〈_| l_l: :! !1 /__       ,.ィf{´::::。|リヾ-、!:.:.:〉__∧
.          レ'ヘ: l : ! {fキ≠=ミ      ∨:::::リ rヘ l`Y: : :l: : \
             `! ∧`、∨::::゚リ         ̄  、'_ノノ::/: : /: : : : \
            /!: : ヘ∧  ̄       __  ' ' '/  ̄l__/: :,.イ : : : : : : ヽ
              //l: : : : : ,ゝ' ' '  < ノ  /!,、/ ,.ィ≦-'、: : : : : : : :'.,   , -、
          // !: : : : :|! : > ‐ ---r ' //: : /./    ` ー-_..__ '/  ノ
            //   !: : : :∧: :l: : | /アl__/ ,./: :〃/      , ´, - /  /
         〃   l: : : / __L.!.ィ´,、/´>、_,//: ://! !      /  / /    .{
        /   /: : /´  /.:./イ⌒>'/.:.:.:.!: :/ l | ト、   ./  / '´      l
         /  /: :/ i/:.:.:7/`V /.:.:.:.:.:.:.l: :l:.:.ヾ!:l \ {  .|!   /`Y´∨ヽ
.        /   /: :/ ./.:.:.:.:.:.!':::::::l/:.:.:.:.:.:.:.:.!: !:.:.:.:.リー-イ丶!  i!  ノ ノ  |  }\
 r 、  i´Y    ! /  /:.:.:.:.:.:.:.:.l:::::::/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.リ.:.:.:.:.:.:.:./   \ ゝ __ '   / /._ \
 ヽ \j |/7 /リ   {:.:.:.:.:.:.:.:.:.l_/:.:.、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./        ̄| !`T´`:´ : }\ ヽ
   ',   _>'´      l:.:.:.-‐:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`:.:.‐-.:.:.:.:.:.:.:.:./           リ  l : : : : /  丶_ノ
   ノ .//      ,イ.:.:.:.:.:.:.:.O.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./              / : : /


柊かがみ
「ってわけで、舞台装置の説明は以上。今回の講義に入りましょうか」


539 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:35:01 ID:yg7EH6hU



◆◇◆◇◆◇ 1.抽象的概念と実体の考え方  ◇◆◇◆◇◆


.


540 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:35:26 ID:yg7EH6hU


          ,..-──v'⌒ヽ
       _/:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.厂`ー―ァ
.     /〈::::/:∨:.:.:.:/::.:.:.:/:./:ヽ:.:.:.:<
    〈::::::::Y::::/:.:.:.:.ナナメ|:/ヽ:.:}:.:ト:.\>
    ヽ:::/:::/:.:.:,ィ-|∠_ リ  |:ス:.:|:.:.:. |
      〉-r(|:.:./ `ト{:r「   イテチ:.:|:.ト:.:|
.     |:.:.:|:.|:/_  ´ ̄   ヒ!ノ∧|.:「リ
.     |:.:.:|:.:.:.:.:ト、   rァ   ノ:|:.リ
.      |:.:.:ト、:.:.:.K:}   r‐ rイ:l:.|:.:|
.      !:.:.:|__}:.:.:|::::\_,,>、:\:l.:|:.:|
     |:.:/ ヽ:.:.ヽ::::::ヽ |::::::}:/:/
      ∨   ヽ:.:.:l\:::ヽ|:::/|:./
    /   .|  ヽ::ヽ \ |∧l:.{   r‐rこつ
.   /   ヽ レく ヽ:.:ト-ィ r'>'⌒「 |_ ⌒⊃、
.    {    ト、::}、 ト:.|/  \  |  ヽ:::厂 ̄´
    \    \ |:.:|   ∧  }   ヽ-イ´

柊かがみ
「ねえやる夫。

今回のテーマの一つである、『抽象的概念』って、
そもそもなにか知ってる?」


541 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:35:40 ID:yg7EH6hU


          ____
       / ノ  \\
      / (●)  (●)\
    / ∪  (__人__)  \
    |      ` ⌒´    |
     \ /⌒)⌒)⌒)   //⌒)⌒)⌒)
    ノ  | / / /   (⌒) ./ / /
  /´    | :::::::::::(⌒)  ゝ  ::::::::::/
 |    l  |     ノ  /  )  /
 ヽ    ヽ_ヽ    /'   /    /
  ヽ __     /   /   /

美筆やる夫
「抽象的概念? 

イメージ的な……性質とか、そういうものじゃないのかお? 

『コーヒー』とか『ジュース』なんて用語とか……そういうのだお。

……なんか上手く言えないけど」


542 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:36:09 ID:yg7EH6hU


                <´ ̄ ̄  ‐- __,,,
            /         `i  ¨> 、
           /         :i   !  ヽ ヽ \
           /   /   /  :|  /  ヽ ヽ ',丶丶、
        _,. <~ハ  /  :/   i  /  i  ',  i i\ `゙
       ヘ;:;:;:/;:;:;| ,' ー-/、  /j: /|  ∧ |  l: lヽ;:}
        t;/:;:;:;:;| i≧x、ン`゙ー// | 7''ーl‐l'"  l l;:;:;:》
        | \;:;:;| ,.| ミて ≧ミ/  !/,,.ィ杉i  /l l;:;:/
        |  T´( |/ ヾニシ     frシ/ / /: リ-'i
        |  ヘ  `t-ヘ :::::::  、  ::::u /_|/ /: ハ
        ,'    \ \ \, -、-‐  _ ィ /  ∧  ヘ
       /:i    } ヽ  ',/ <ヽ_i`i´| \/  /  ',   \
       //|   ,xf<ヽ/ ァ-、゙i::::/つ: :/  ,'>ー、ト    \
      // /   fi i: : :/トヽヽ,.-' イ V: / //  `ヘ\   ヽ
    /" /   i ', V`ヽ、`´,イ 'ヘ/:/ / / /    >`-、  ヘ
   /  / ,'  j _,ィ': : : : : :/ }  /:/ / / / ヽ r'" く彡 \  ハ
 /   / /  /V  `ヽ=-i l  /: { / / ̄/\ Y ,へ、ンKv ̄> ',
    / /   //i      } ljl[/: : i ,' /  /' ̄`l l ゙!ゝ》,.イ ̄ \ ヽ

柊かがみ
「意外と答えられないでしょ。わかってる気がしてるけど、いざ説明を求められたら
答えられないのよね。

辞書の『世界の中からある特性だけを引き離した思考の対象』って説明も、
わかったようなわからないようなって感じよね。

『実体や概念そのものを頭の中で統合して類型化したイメージ』
と私なら説明するけど…………
これもわかるようなわかんないような、と言う感じでしょうね」


543 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:36:59 ID:yg7EH6hU



                           _,ノ:7
               _,.-‐─-ィ'ト-‐─-‐':.:<´
             ,ィ'´: : : : : : : : |: : : : :: : : : : ` ̄:`‐-、
            / : /: : : : : :j:: : |ト、: : :i: . . . . . . . .ヘ ̄`
          /:ヽ、r',: :/: :/: : : /|:: : | | }: :|: : : : : : :: : : ハ
       /::rー-|: :/: : :|::;-‐'´|:: .:j |  |: :|`‐-: : : i:: : : :ハ
       /:::j:::::∧/::|: : |::/  |: :/ |   |::j ∨: : : |:: : : |::|
        /::::|::::/::/::/|: ::j/ __j:/ |   |/___ ∨: : :|:: : : |:j
        \:|::〈::::|:/::|: :/ヤ〒行`     オテヤハ:: ;小、:: :j/
         |::::::\_(|;/ `、ヒィzj      {んソ,λ/::i::| ∨
          |:::: ::|:: :| `ーヘ   ̄       、  ̄ j::::::::i::|
       |:: : : |: ::|    ヽ、    、‐-,   ,イ:i::::::|::|
       |:: : : |: ::|       ` ー-_ァ`ニ-‐"´ |::|:::: |::|
       |: : : :|: ::|       ,r'~ ,ィj  {、`ヽ、|:::|: : |::|
       |: : : :|: : |   r' ̄  `ヽ、 }  |: :|: : |::|
       |: : : :!: : |   j´`ヽ、. \\|ー‐j   ,|: :|: ::}::|
       |: : : : : : | ノ    {`ヽ、\| /  /|: :|: :|:λ  ,ノ^ァ‐、__ノ´)
  ⊂ニ´ ̄ Y^ヽ: : : |/"    ヽ、. \|./ /,/|: :|: |`ヽr'"   { {{´ <_
   ノ γノ 丿 `ヽy       `ー-,"、ー'´ :|: ::|::j  〈    ゝy、~゛ 、、`>
  <ノノノアー<    `゛   ,/    / i `ヽ、|: :j:/:、    /   ̄`‐'´
    `~`´   |`ー-、      /〉、  /  j \ |;ノ: : :| \_,/
         |: |: :|::|ヽ_,,/ / ゛  j__,.ノ  \ _〉: :|

柊かがみ
「ま、けっきょくのところ、抽象的概念はそれのみで理解するのは難しいわ。

先に実体について考えましょう」


544 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:37:21 ID:yg7EH6hU


1.1 実体とはなにか

.


545 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:37:34 ID:yg7EH6hU



          ,..-──v'⌒ヽ
       _/:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.厂`ー―ァ
.     /〈::::/:∨:.:.:.:/::.:.:.:/:./:ヽ:.:.:.:<
    〈::::::::Y::::/:.:.:.:.ナナメ|:/ヽ:.:}:.:ト:.\>
    ヽ:::/:::/:.:.:,ィ-|∠_ リ  |:ス:.:|:.:.:. |
      〉-r(|:.:./ `ト{:r「   イテチ:.:|:.ト:.:|
.     |:.:.:|:.|:/_  ´ ̄   ヒ!ノ∧|.:「リ
.     |:.:.:|:.:.:.:.:ト、   rァ   ノ:|:.リ
.      |:.:.:ト、:.:.:.K:}   r‐ rイ:l:.|:.:|
.      !:.:.:|__}:.:.:|::::\_,,>、:\:l.:|:.:|
     |:.:/ ヽ:.:.ヽ::::::ヽ |::::::}:/:/
      ∨   ヽ:.:.:l\:::ヽ|:::/|:./
    /   .|  ヽ::ヽ \ |∧l:.{   r‐rこつ
.   /   ヽ レく ヽ:.:ト-ィ r'>'⌒「 |_ ⌒⊃、
.    {    ト、::}、 ト:.|/  \  |  ヽ:::厂 ̄´
    \    \ |:.:|   ∧  }   ヽ-イ´

柊かがみ
「ではやる夫、実体ってなにかしら?」


546 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:37:49 ID:yg7EH6hU


      / ̄ ̄ ̄ \
    //     \\
   /  ( ≡)   ( ≡) \
   | ///  (__人__) /// |
    \__ `ー ' ___/
   /    ヾ、 //  \ ヽフ 
   ヽ_⌒)ハ //   | レつ||)
  i⌒l ミ゚Д゚,,彡⌒)  ヽ_ノ  ̄
  |  | ヽ__"" ヽ_ノ|  |
  ヽ  ̄ ̄ ̄/ ヽ ヽ_ノ
    ̄ ̄ ̄ /  /ヽ__)
       (__ノ

美筆やる夫
「それは簡単だお。

実在するものだお。

つまり、目の前にあるコップ入りのコーヒーとかジュースとかの、
実際に世界にある物だお」


547 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:38:10 ID:yg7EH6hU


               r‐- 、_
        ,.、-‐=ニン′: . : ` 丶 、
       ,. - ''"´. : :{ : . : . : 、 : 丶
      , ´ . : . : . /| {ヽ. : 、   、: /~\ヘ
    /   / : . : . / l | `、 _ _ヽ :  .\::.::.::.::.\
   ./.// : / : ,/- 、 ', !  ´、 `丶: . :`;:.::.}:::.::.::.ヽ
   ′ /  :/i : /     丶   丶`、 : . ト、:i::.:}:::.::.:::.丿
      /.//:.|. : .,′           ヽ: .: |:::ヾ∧::::/
     ,'/  | : | : ハ   _ _     ,、=≡ミ`,: .:ト、乂 卞´
     ′ 1: ハ:|バ'´``` ,     、、 `;.:| :}: : .
       ∨  `ゝ} ゙´   _ ‐、     ,__レノ: : ノ│
             _込、_   ヽ _丿  _ イ:/: : .,.'  |
          f'~゙'''ー汀ニ─-r‐ ´〈,/ : : ,:イ: .  |
         _|::::::`"゙゙}::_;//廴__/   :/く;|: i.  |
        ∠,r‐‐、;;;;;;{イ f~ ̄/  .//~`}: l.  |
           / r'"_ソ:.丿{ ,!  / /   〃   |: l.  |
        人  _〉ノ}、 ヽ| / イ   .,' !    {: !  |
        〔ヽ、\少´|}\ |,//{   { ,i    |: |  l

柊かがみ
「そんなところね。

厳密に表現するなら、『今、ここに、あると認識できる物』

と言うほうが正確だろうけど」


548 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:38:33 ID:yg7EH6hU


       、 _
       \_ー、 _f ヽ, ‐───- 、
      _ ─`  l          、  `r< ̄:::/
    /         , 〉. 、       \__j:::::::\_|_
  ∠ -─ フ´   l ./|ヽ_ヘ\__\ 、\:::::::::::::::::\
     r'/ /  || ! ヘl  \_`ヽ \ヽ、::::::::::::/
     〉 /  -7l.! l  ヽ   \ ヽ ヽ、ヽ:::::::::人
     .' ,'  !  i l       __,rz ヽ} ヽl `::/  \
     l /:l  |  |  _,,z     ==" rへヘー!´ヽ, ‐,  \
     K__|  ヽ ハ彡"    _     __,イ` rヘ / /.    \
       l  /入!、!     く 冫   / ! !  l i' /っ、      \
.       ∨/ / .>、 _____ /l´ヽ、j/  f  { `l ヽ      \
.        ,' / / !  | /:::;j_ /:::::::/  A そ_,ヘ   \.    \
         l / /  |  イ:::::|´ `!:::::::/  //::ヽ/ ハ、_  \      \
        |/  ,   |,ハ:ヽ::::|  ,'::::::/  //:;;//'/ノ l   \.    \
       /  ,    !ヘ〉、ヽ:! .,':/// /. \// /   ヽ    \      \
        /  ,'    ノ///}_ヘ!.!/´// ,' _ `l、/       }     \     \
        ,'   ,   /k  ' ' トV/'//  l    i、`ヽ、    /      \ \   \
.      !   l  イヽ、ヽ、△ヽイ/!  !     \   ̄ ̄         \ \、 \
      l    !  ハヽ、 ー 、_j ..::l' |  !\    ヽ               \ ヽ\ ヽ

柊かがみ
「――――たとえば、『今、ここ』にある、このコーヒーのようにね」


549 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:38:48 ID:yg7EH6hU


【どこからともなくでてきたコーヒー】

                       (
                     `.
                     、 `ヽ.  `ヽ
                     ノ    ,!  ノ
                   ,r   '´ _   '  _,
                  !     r'´   r‐'
                  , , -─==i==i=‐- .._
                //   ,_.......i............___ ヽヽ
                トヽ.-''´:.:.:::::::.:.:.:.::::::::::::::.ソノl
                 l `` ー====-―´´ / ‐- 、
                |              ゝ!─、 l
                  !              ノ、_j j
                ',             ゝ_ノノ
                 ゝ、          /
                  ` ` ̄ ̄ ̄ ̄ ´


550 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:39:11 ID:yg7EH6hU


          ____
       /ー  ─\
      / (●) (●) \
    /   .(__人__)   \
    |     `⌒´      |
     \           _/

美筆やる夫
「お? かがみ、その手に持ってるコーヒーはどこから出したお?」

.


551 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:39:25 ID:yg7EH6hU


              \  r:、_
             -‐ : : ̄{ : : : : \_
        _r≦ァ'´: :/: : / ;'い: : : : : ヽ≧、_
        〈 ∨: :/: /: _/| :ハ : _\ : : :', / 〉
        ∨ ;イ: :│/ l/  ヽ:{\ヽ: :.l_/ ノ
.          |:/ | : 小テぇ.   ィテハl: : |oく
            / | : ∧ V:リ    V:リ ∧Nヽ│
.           |__/∨ト人.:::: t ┐ ::.:人イ_」」
           |: : :l: : :|ニ=ァrーr< /)|: :|: |
           |: : :|: : :|イ ヘ∨/(Y7'ヽ/: :|
           |: : :|: : :|ハ. ∨ ∧`^ 人:.ノ
           |: : :|: : :|  '、/ ′|\}}`ヽ
           | : ∧ : |  / /  | //   }
           l :/  : :|  / /  |V/  /

柊かがみ
「脳内からよ。さっき音楽を涼子ちゃんが流したのと同じ。

主観的世界では、その主観の持ち主があると認識すれば
実在するって言ったでしょ?」


552 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:39:43 ID:yg7EH6hU


      _____     ━┓
    / ―   \    ┏┛
  /ノ  ( ●)   \  ・
. | ( ●)   ⌒)   |
. |   (__ノ ̄    /
. |         /
  \_      _ノ\
    /´         |
.     |  /       |

美筆やる夫
「でも、なんとなくいい匂いまでしてくるお?」


553 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:40:13 ID:yg7EH6hU


                _,,  -‐‐-x,ヘ__
             , -‐:::::::::::::::::::::::/i::k::::::::::::`丶、
            //´::::::::::::::::/:/i  l;:iヽ;::::::::::::::::::\j^\__
          //::::::::::/::::::/:/ i!  ゙k! ヘ;:::::::::::::::::::::j!: : }: : ::}
         / ,/::::::::: :/:::::x‐t-/ l!   ヘi  x一t-、::ヾ{: : :j!::::ソ
          /:::::/y゙:::::::::/ i/   |   ヽ ヘ;::ト、:::::::::`x个<
            i:::;イ:::::i!:::::::::zェェx,,      ,,xェェty::::::::/: : i::::\
            |/ |::::;i!::::::::ヘ k,,x:::`|    Yリ: :i! j!リ;:/: i: :::k:;;/
             |:;:::i:::::rxi ゙マk_rj      ik_, y ,ム-、~了゙: i
             |:::::|/i!  ',. ゙-‐゙     `ー゙ /.  ノ::j!:::::::|
             |:;:::i!:::ゝ- t ゙゙゙゙゙゙   ___  ゙゙゙゙゙ノ-z''゙::::j!:::::::: |
             |:!::::::::::k::::::::゙'i x、,, ゙ー゙ _.ィ'゙ /:::::::::jk::::::::::|
             |;!::::::::::| >''゙ ̄ ̄ミ二二,,ブ''‐/;;':::::::/i|::::::::i::|
             |j::::::::k:|     __j!_   /〃::::y! i!゙;:::::::i!|
             |;::::::::|ヘ! /     j!'    /〃:::::/ l ヘk::::: i!|
          ,/j!| :::::|  ;/     .j!    //j!:::::/ :| ヾ::::::|ヘ
          /   | | ::::|,/i!         /' j!:::/  |  ヘ::::゙、\

柊かがみ
「嗅覚情報も再現してるからね。

涼子ちゃんがさっき聴覚を通して得た記憶を再現して
音楽を流したのと同じ要領で、
今度は視覚・触覚・嗅覚を通して得た
コーヒーの記憶を再現したの。

より具体的に言うと、今朝所内で私が飲んだ、
翠星石ちゃんが淹れてくれた
ブルーマウンテンコーヒーそのものの記憶が元になってるわ」


554 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:40:31 ID:yg7EH6hU

       ___
     /   ヽ、_ \
    /(● ) (● ) \
  /:::⌒(__人__)⌒::::: \
  |  l^l^lnー'´       |
  \ヽ   L        /
     ゝ  ノ
   /   /

美筆やる夫
「そんなこともできるのかお……」


555 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:40:45 ID:yg7EH6hU

              __,l`r-::‐::‐::-::-:.、_
          ,-‐=ニ":: : :: :.:;i: :: :: :::(.j:::`ヽ、___
        ,ィ´~,ィ´::,:: : :: :: ::;|: : :|、:: : :: :: :: ::ヽ、`ヽ
        >‐メ:::/:.:: :: : :;,ィ´ヽ:: :|ヽ:: ::u: ::i: : :ゝ`ヽ〉
        \,,|:;/:: ;/:: ::;/ ||  ヽ;:| `ヽ:: :: :i:;∧:;〉,,/
         '゙7: :;/::: :;フ~`||、  ヽ|  ,斗π:i:: ::|::|
          ||: :;i : ;ハァォリz    zテヤ7:λ:;l::|
.         |:|/:|:.;/::(}、ヒz:リ / / / ヒz:リ {)::V: :{
.         |:: ::|/:: :: :ヽ         ノ:: :: :: .:|
         j:.: ::|. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`Y´ ̄ ̄ ̄ ̄|:.:|
         |:: :.::| お断りしますi.i      |::.:|
         |: :: ::| ヽ( ゚ω゚ )  i.i      |:: :|
         |: :::,f.| (゚ω゚ )/ ∩ノフ'7     |:. ::|
         |: ::.:j | i  i ,ィ´  ´ィフ   ,ィ' ヘ::.:|
         |: ::;ノ .|_ ノ´ヽ、  _,,ア___〈 孑 ,〉::|
         |::/  ,f´    `ゝ´    j´`ー'λ:|

柊かがみ
「再体験とか追体験って言われてる現象に近いわ。

ずいぶん驚いてるけど、貴方もできるわよ?」


556 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:41:15 ID:yg7EH6hU

        ____
      /      \
     /⌒  ⌒    \
   /( ・ ) ( ・ )    \
    |   (__          |
   \   _l        /
   /  ー        \

美筆やる夫
「本当かお?」


557 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:41:27 ID:yg7EH6hU

       , - '´`ヾ ''ヽー-ッ、
     / ,   /  ,、ヽ'  ヾ-.、、
   /  /  /  /_ ヽ^l      ',ヽ
  / / /   / //  `´7 ,'    ',.ハ
  Ll__/  斗=ト、,'     ,' /  |   l  l
   / l  ハ ,'.l ,'   /ォミ、 /   l  |
   ,'`ー'r┘-' ヽ   /,//  メ、   ,'  |
  ,'  ,' 三ミミ   `_<__//   //ヽ{
  l   ノ xxx      =ミx、 >、/l/  l´
.  l .〈         xxx`ヾ   /ニ〈
  l   ヽ、  、__     /   /´   ヘ
  l   / l`r-、、_    /   /    ',
  リ  l'  l lヽ ` ''`フ"7   / l     ',
  | /   ヽ'ー`ニ7./ /   / ヘ     ',

朝倉涼子
「余裕ですよー。私もできます。

私はジュースの方が好きだからジュース出しておきますけど、ほら」


558 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:41:44 ID:yg7EH6hU


【どこからともなく出て来たジュース】
                   ||
               __||___
           |______||___|
           |  。.||  |
           |  .。||  |
           | 。  。 |
           | ° 。 |
           | °。  |
           |,‐‐‐‐,|
             ̄ ̄ ̄


559 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:41:57 ID:yg7EH6hU


         ___
      /)/ノ ' ヽ、\
     / .イ '(●)  .(●)\
  .  /,'才.ミ).  (__人__)   \
  .  | ≧シ'   ´ ⌒`     |
  . \ ヽ           /
美筆やる夫
「む。じゃあやってみるお」


560 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:42:22 ID:yg7EH6hU


【コーヒー?】
              _.. ; -―――――――- :_
            ,'´ ,,,,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,,, `、
             |、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,!γ二`、
            | ` 、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;..,;' k'"  ヾ.i
            l   ` ―-------― '::"  |    l |
            'l.                 l    //
             !.                ,'   //
             'l.              ..::人__ノ/
              '!.           ...::::,'^ー-‐"
               ヽ         ,,,,;;;;;;;"
                ゛'''---------''´


561 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:42:37 ID:yg7EH6hU

           ___   ━┓
         / ―  \  ┏┛
        /  (●)  \ヽ ・
       /   (⌒  (●) /
       /      ̄ヽ__) /
.    /´     ___/
    |        \
    |        |

美筆やる夫
「出たけど……なんか見た目だけだお。
しかもリアリティにかけるというかなんというか」


562 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:42:56 ID:yg7EH6hU

               ___   /ヽ、
        ─==フ¨´      ̄|  ``'ー- 、
          /,        / ,ィ'|  ヽ     ヽ、
         // /  /  /〃 | | |   ヽ    ヾYニヽ、
          /,イ  /   / 〃/,  |│!、   ',.   ヽ |:.:.:ヘ:.:.\
       / /  ,'  / 孑|'"   l !| \ }    ∨:.:.:.:.:',:.:./
        /  i  ,'' /  j   l ||  ヽ |`i    }:.:.:.:.:.:.∨
         |   /  |/{!7メミ、    | _ _土 l|  | |:.:.:.:.:.:.:.|
        | / |  lム {:::::::}     'fて::;;;}7}  ト、|:.:.:.:.:. 丿
        |/  | │il ヒ辷     {::::::::ソ |  | | ̄ ̄ |
          |ヽ∧} '   ,    ` ー'′ | /)  ,'  |
          | | | ` 、   r‐┐   ''  |/ノ  /  |
          | | l    |>.、`___ ..   -‐'ア     /l   |
      r‐‐'"¨¨V | |    |  |  / \/    / |   |
      ≧=   Ⅵ |   │ /-<   〃     /   |   |
    と´r─'  _,イヽ、  ,レ'|::::::∧ /    イ    |   |
      `ー┬´   |  /  厂::| ∨    / │   │  |
        |    丿 /  /:::::::| /    /   |    |  │

柊かがみ
「なんとなくイメージを浮かべるようにすると難しいわよ。
それじゃ抽象的概念の想起になっちゃうからね。

そうじゃなくて、朝飲んだコーヒーをできるかぎり
鮮明に再現するようにして頂戴」


563 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:43:10 ID:yg7EH6hU


         _>ー-  -―∧ー- _
      , <´ : : : : : : : : : : : :|: : : : : : : :` - 、
    /  _/     : : : : :|: : :.: : : : : : : : : :\
   /:_: <:〃    /: : : /: : .:|: ∧:.:.: : : : : : : : : : ヽ
  /イ:;:;:;://: : : : : :.:/: : : :イ: : / |:;|iハ:.:.:.:. : : : : ヽ:.:.:.:>>- _
 '  ヘ//: : : : : :;:;/: : : / |: :/  |:;|l  i:.:.:.:.: : : : : :l: : i:;:;:;:;l:;:;:;: ̄\
  /:;:/: : /: : :.:/!: :__/_|:/   |:| l  i_l: : : : : : l: :l:;:;:;:;!:;:;:;:;:;:;:;/
 <:;:;:;:/:. :/: : :.:.:i:.l: ´/  |,'`   |! l '´\l`゙: : : i : l: :l:;:;:;:;:;i:;:;:;:;/
  \i: :/|: : : : :l:.:|: /   |!.    |  !   ヽ!: : :| : l: |:;:;:;:;:;:!:/
    |:/-|: : : : |/不示テミ、   ! ィ=≠=z\|: :ハ |:;:;:;:;:;:;|
    |i  |:. : : :|l-||! V{::::::|      ヘノ:::::::} ア'|i: i:;:;l:|t―f-´
    !  li: : : :f.{ !| i ゝイj      |iゞ-イソ ' |!'|゙i、:|!:l: : |
     |:.ヽ: : |:丶i ゞ-''"      ヾ''-"  う'´|j:.:.:.! : |
     |:.:.:.:ハ:|:.:.|/! '"'    '     '"'  ィ‐ナ":.:.:/:. : |
     |:.:.:.:.:|i|:.:.:! > 、   、    _ <___/:.:.:.:./|: : : |
     |:.:.:.:.:|!: : :∨' ̄ `> 、   ィ7:;:;:;:;:;//:.:.:.:/|:|:.:.:.:.:|
     |:.:.:.:.:.ト、: :/    _ィ--`}‐-/:;:;:;:;:ィf/:.:.: / ヘi:.:.:.:|
     |:.:.:.:.:|/ヽ/    /:;:`iー" /:;:;:;:;:;:/: : : :/   }:.:.:|
     |:.:.:.:.:! ∨   /:i:;:;:;:;l  /:;:;:;:;:;:;/: : : :/    l:.:.:|
     |:.:/ /    l: }ヽ:;:;:;l /:;:;:;//: : : :/     l:.:.:|
     {: {  /    lヽ \:∨:;/ /: : :/      }:.:.|
     |: :ヽ /     l i´ ̄`‐´ ゙̄/: :;/        }:|

柊かがみ
「いい? 朝飲んだコーヒーを細かく鮮明に思い出すの。

カップの色、形、中のやや泡立った黒い液体の光景。

カップの取っ手から伝わるコーヒーの重み。

湯気を立てるコーヒーの温かかさ。

漂う香り。

細かく思い出すの。

細かく、細かく……出来る限り細かく思い出すの。

『飲んだコーヒー』なんて大ざっぱなものではなくね」


564 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:43:40 ID:yg7EH6hU


              _. -―――- 、.__
            /          `ヽ、
           /         ___    \
         /      ,-‐ ゙´ ̄        \
         ./,__      ,-―- 、        \
       「         {r'゙ ̄:::ハ i         .ヽ.
       }  /´ヾ.     ii:::::::::::::::i i            \
      /  .iソ::::ii      ii:::::::::::::ノノ             ヘ.
      /   i;::::::ii     ヾ-‐゙´´ ヘ            ヘ.
     {    ヽノ'               i.                 i.
     i    i.    i             }            }
      {    {.   ノ\_        ノ            ノ
     ヘ.    ゙ー-'´--- `ゝ-――<´           ノ
       \                        /
        \                     _. -‐ ´
             ゙> 、_ _    ___. _/ ̄  ̄ ヽ、
           i /    ̄ ̄      ./        \
          / /                           ヽ
         / ./
        / .i
        i /                ヾi.
        i /                  i.
        i/                      i.

美筆やる夫
「……」


565 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:43:54 ID:yg7EH6hU


【どこからともなくでてきたコーヒー】
                       (
                     `.
                     、 `ヽ.  `ヽ
                     ノ    ,!  ノ
                   ,r   '´ _   '  _,
                  !     r'´   r‐'
                  , , -─==i==i=‐- .._
                //   ,_.......i............___ ヽヽ
                トヽ.-''´:.:.:::::::.:.:.:.::::::::::::::.ソノl
                 l `` ー====-―´´ / ‐- 、
                |              ゝ!─、 l
                  !              ノ、_j j
                ',             ゝ_ノノ
                 ゝ、          /
                  ` ` ̄ ̄ ̄ ̄ ´


566 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:44:06 ID:yg7EH6hU

      ____
     /_ノ ' ヽ_\
   /(≡)   (≡)\
  / /// (__人__) ///\
  |     |r┬-|      |
  \     ` ー'´    /

美筆やる夫
「おっ、出来……」


567 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:44:22 ID:yg7EH6hU

          ト、
         ,ィ:::rヾ
         '⌒)::!、 ヽ、   ふっ
      ノ〉   し'⌒)ノ
   (⌒ (_,ィ
    ):::::::::r'´r:イ
    '^):;イノ ムイ
    ム (
     ヽ `二 =‐'´


568 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:44:33 ID:yg7EH6hU

      ____
      /_ノ ヽ、_ \
   o゚((●)) ((●))゚o
  /::::::⌒(__人__)⌒::::::\
  |       |r┬-|     |
  \     `ー'´     /
美筆やる夫
「あれ、消えたお……」


569 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:44:48 ID:yg7EH6hU


         _, -ー,=、ッ-、、.-‐、
       //´ ̄´  `  `   ヽ
      / /     ;ヘハ  l   ハ
     /  /    l |   | _l_ |   |
     /_,..┤   zビ''|   ´リ `l  リ
     { _ | | _,.l ''ー'   ___ l`r{
     ト、 ミ T´ | ===   ` ̄´|´ハ _
    ,' r-,、{ |  | xxx     xxx|l'`∨
   ,'/∨ `|  |、   ー'ー' _,. ィ'| _|
   /  ヽ、| | `ヽ' ニ '´ |  l.|,イ
 //  ヽハ  |   ,    |  | |
/ /__   l ヘ リ  /_ ┼┐ }-、', |
'´  ` -'/ ,人'   ム /、/  ト、ヽ.|
      ` Y ヽ、      ,.┤
         ヽ'_ `T ┬'T´ l ,〉
          ` 'ー┴r'フ´

朝倉涼子
「やる夫さん、集中力なさすぎー」


570 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:45:26 ID:yg7EH6hU


                    ト、
                    ヾ:\
                     ___\: `ー─|`ー-  _
              ,  '´:: : : : : -: : : : : : : :│: : : : : : : `丶
             ∠ -―/ :.:.:.:.:.:./.:/.:.:.:.:j.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:ヽ
                / :::::::::::::::/:::::/ !::::::ハ::::::::::::::::::ヽ::::::ヽ:ヘ
               ,.' ::::::::::::::::::/⌒メ、_| ::/ ヾ::\_:::::::| :::::::∨}7ヽ
                 /::::::,:ィ :::/:::::|:: /   |:/   '; l´\`::::!:::::::::::',j'/∧、
             /::::〃/:::::| :::ャzt=z-、l'      リ _,斗rzァ::::::::::::∨/∧\
               ////,| :::::|:::/{! ト..ノ外    彳 ノ外∨::::::::::::::∨, ∧ 〉
            ´ 〈//,| :::::l:∧' |!ヘイj|       |!ヘイj| ∧ :::::ト、::::l//,' ∨
                   `ー|:::::∧ハ ゝヒ.少      ゝ以ソ ハ:::├ヘ├─ ┘
                |!::∧ ゝ_}       '       レム:::j::::ル
                l∨::ヽ/人      -      人/::∨:::,'|
                |::|:::::::::::::|:::> 、_ ,__ __, < |,:':::::::::::/::|
                |::|:::::::::::::|::/ r[ \|__l/ ̄] /:::::::::: / :::|
                |::|:::::::::::::|:レ'' `ヽ、___, -‐'´ /::::::::::::/:::::::|
                |::|:::::::::::::|:|  \___, -‐'´/ ::::::::: / ::::::::|
                |::|:::::::::::::|:|            / ::::::::: /゙ヽ:::::::|

柊かがみ
「想起した情報を保持するためには
集中し続ける必要があるわよ」


571 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:45:41 ID:yg7EH6hU


         ____
       /     \
      /  _ノ   ヽ、\
    /   (○)  (O)  \
    |       ||  (__人__)  ..|
    \    ノi   !  |.  /
     /    し'   `⌒´ .ノ
     |       ./ ./

美筆やる夫
「なかなか難しいお……」


572 :名無しのやる夫だお:2010/04/28(水) 22:45:43 ID:c9HvaO2E
ここまで電気信号で再現できんなら
オナホ要らないんじゃw


573 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:46:15 ID:yg7EH6hU


         、____,、__
       ,.一'′: : : : :|: :. ̄`ヽ
      /:,ィ/:.:.:./: : : :|: : : : : : : \
    /イ7/: : : :./: /l: :,イ:.;ハ: : : :ヽ: :.Y^マ 、
    //:/: : :/:_/_|_/ |:.| ヒ__: : :.:i: :|  | 〉
.   〈_,/;イ: : l:|´/ l/ Vl ´\:` : :|: :|  !/
     l/ |:.:.:.|:|えテミ    fテ斤トl、|:ハ!__」
      |:.:.イ } ftッノ     ftッノ |/Ⅵ: |
      |:.:.:トハ xx.  ,    xx ,ハノ:.:|:.:|
      |:.:.:|: :|>-、._ 、   , </: : /: :|
      |:.:.:ト、|/  ,ィ-ぅ</: :/: : /ヽ:.:|
      |:.:∧/  /「丁¨7: :/: : /   i:.|
       l:./ /   i Ⅵ__/ィ'/: :./   .| |
       爪/   | f'¨艾¨Y:./    | |

柊かがみ
「今度所長に集中力強化トレーニングをやってもらった方がいいかもね。

ま、でも今ので実体のイメージはついたろうし、今はおきましょ。

話を抽象的概念に戻すわよ」


574 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:46:38 ID:yg7EH6hU


1.2 抽象的概念とはなにか

.


575 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:46:53 ID:yg7EH6hU


                         ノ|
             _____/〉-‐:´::/
         __,.-‐":: :: :: :: :: :;/:: : :: :: ::`ヽ、
       ,ィ´,:: :: :: :: ::/: :: :: ;イ、:::、:: .: :: :: :: ::\
     __,/::_:/::; ::/:: ::/:: :/|:::/| ∨:|:: :: ::.、::.:ヽ、::`ヽ
    /;;;;マ;;/:.:/:::i: :: :⌒://:/ |  |::|;⌒:: ::.i:: :: ::ヽ、::\
  /;;;;;;;,|;;;;|::/|: ::|:: :/:/__'" | _|/_ヽ、: :; :|:: : :: :: :ト‐-`
  ヽ、_;;/{_;;|;/;;| ::|:: ;ヤチテォ゛   'ィァヤ:7∨::|: :: ::i: ::|
    j:::∧;: ::{ |:.:|/ 、込:z:;i     ヒ::z;j, ハ:;リ::: :;/:::/
    |:: ::∧:弋|;/,   `-‐'   、 `‐" 〈_):|: :/|:;/
     j:: :: :∧:: :ヘλ         ._   丿::::|;/ '´
    |: :: :: ハ:: : :∧`> 、 __   |:| ,.ィ´::i:: ::|
     |:: :: :::iλ:: : ∧__,.-‐j.  Τ|:|、_.|:: ::i.: ::|
     {:: :: :i:| ヽ;: :: :`ヽヾ==="|:| `ヽ;:!:: ::}
     |:: :: :i:|  ,f´`}:: ::ハ     |.|  :i, ヘ;: ::|
     j:: :: :i:| 丿  |:: : :}    ,ィ´~ヘ |:  〉:.:j
    |:: :: :i:〈´,,,,  |::i:.:|  丿  λ|__,<}: :|
    |:: :: ::i|{><}_,,{::|:.:| /  ,ノ´`'i:: ヘ:: |

柊かがみ
「さっき出したような『今ここにある』と認識できる実体を
頭の中で統合すると抽象的概念になるんだけど……
これだけじゃわかりにくいわね。

実際に涼子ちゃんにやってみてもらいましょうか」


576 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:47:13 ID:yg7EH6hU


              ,
           , ィ//____
       /´ ̄: : :!: : : : : :.`ヽ
   ┌‐ァ´/:/: :.l: ∧: :.!: : :`ヽ: \
   Y´:{:/: : /__:イ:/  !__!、:.!: : :ヾー ゝ
   {:::::/:{: /´/l/  l/ `}:|: : l: :}
    `Y: イ:ャ≠rミ     r-=rァ: :|: :|
     |∧!:/ r、:::|   トィ,.:} 〉: ト、l
    |l: 込.弋シ    弋ツ{ }イ:|
    |:!:. ート、''''  。  '''ノl" l:.|
    |:.ヽ: :| ` ァ-ャ<.  |: :l:.|
    |: :.}: :| /l >    |: :.|: :|/ |/}::::{ヽ!l V: :イ.:|
    |: :.|: :| /| { .》::《 | |∧/ !:.|
    |: :.|: :|〉 l l .{:::::} l l | |:.:|

柊かがみ
「涼子ちゃん、コーヒーの実体を5つくらい出してくれない?」


577 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:47:26 ID:yg7EH6hU


      / ,.‐-y'´'ヽ/ ヽ-゙-ヘ
     /  / , / ∧∧ ',  ',ヽ
    ,'  /  l l l ,'‐-' | | |  l 'ハ
    ∧' ,'  l | ,リ  _リ l l  l l l
    ト、 'l   l`ニ´   ` ̄-r'___「
   / ヽl ̄'l ====  === ,'´ |
   /  ,∧l  |          { l|
  ,'   /  ', lu_   ,、 _,.ノ ,'|
  ,'   /   ', .lヘ ',三|{=', |   'l |
 ,'  ,'    ', ', ヘ ', |,l ,}|  ,'.l |
 |  l  l   /ヽ | ヘlレ'',´ l-‐' l |
 |l  L._ハ_ }-‐',=l<,ヘ.ヽ{  l   l l
 `ヽ.|   `'、_  `   ´ ',´ ̄ `レ'
        ',゙T'''''''T'7´
         ',ノ.  レ

朝倉涼子
「ジュースじゃ駄目ですか? コーヒーは好きじゃないです」


578 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:47:39 ID:yg7EH6hU



          /: : : : : : : : : : : : : : : `ヽ
        /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ---、
     /::了弋___: : : :/: : : : : : : : : : :.〉: : : : : `ヽ.__ヽ___,
  /::::/ 7::::::::{: :`>': : : : : : : /: : : : :/ト、: : : : : : ヽ---rイ´
  {:::::::: | /::::::::::::∨ /: : : : : : /: : : : :/:.:| !: : : : : : : : \:::ヽl
  ヽ::::: |.!:::::::::::: /: :{: : : : : //: : : : ,イ: :/ |:ト、 : : : i: : : : ヽ::::〉
    \|l::::::::::::/: :,イ: : : : ィ7ー-、 / |: / |:.! ,X: : :}: : : : : :.V
     /l、::::: / / |: : : :/ イ: : /  !/  l:.|´ ∨ |: : :i、.: : !
.    l: :l ̄ |/r‐、l: : :.//|/      |/__ ,ィ.: :|: : :|ヽ: : :!
    l : :!: : :.:.{ ヽ.|:.:.:/ヤ乍牙气     斤ァ/ハ:|: : :l  \|
.   | : :!: : :.! ト、_.l/  {:辷.ソ       辷/{: :∧!: :/
.    | : :l: : :.l≦ミヽ ヽ ,,¨ ̄     ,.    }/:.:!:.∨|
   l : : ! : /    \\\ .____(^ーァ____,. イヽ:.!: :.:.:|
    | : : l:.:,'     ,.ヘ_と}_}_}_]≧、  `ヽー┴‐-、:|
    | : : l:.|    '"´       ヽヽヽヽ- 、      }!

柊かがみ
「良いわよ、ジュースでも。コーヒーに拘る意味ないし」


579 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:47:52 ID:yg7EH6hU

                 ,...,.-‐'"´`ヽ,..-、
               ,ィ',.イ         ヘ-‐、
            //,  / /   _    ゙'''ヽ
              / 'ィ'´ /  /   / /,ハ.,ィヘ    .ヘ
           }‐/  ,/   /ヽ、//   "''┤   l.∧
           |_ .゙7''"'¬イ└/l゙メ.、    .リl |  | |
        /ヘ/ `/   / ヾミョ、 `   、≦斗.|  | |
       .l,..-''"∨   / xxxx     .ミk、,゙L/   .ハ .|
      ,.<   /   /.    γ'ー、_,  `゙"/-、 / .レ'
    ,.ィ'" (   |   .ト'、..   l   / xxx/  「′
 ,.イ   ,..-'|  |   |  |゙ヽ、   ゙ー''"   ノ   |
'´  ,.-‐'"  ヘ  リ   |  ヘ  ヾ=-..r-=ニ'"|   |__
,.イ       ヽ ゝ、 |    、   ̄ノ    .|   | ヤ¬ッ
   /      > `''     ゙'¬"  .|   |   |  .レ'"
 /      /   /        |  /  リTー'
/        /    '--ッ  __./  |'"´〈、_/ |

朝倉涼子
「了解です。じゃあ、えい」


580 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:48:13 ID:yg7EH6hU

        ||                                          
    __||___            ||            ||             ||                ||
   |______||___|       __||___       __||___        __||___           __||___
   |  。.||  |      |______||___|       |______||___|      |______||___|         |______||___|
   |  .。||  |      |  。.||  |       |  。.||  |      |  。.||  |        |  。.||  |
   | 。  。 |      |  .。||  |       |  .。||  |      |  .。||  |        |  .。||  |
   | ° 。 |      | 。  。 |       | 。  。 |      | 。  。 |        | 。  。 |
   | °。  |      | ° 。 |       | ° 。 |      | ° 。 |        | ° 。 |
   |,‐‐‐‐,|      | °。  |       | °。  |      | °。  |        | °。  |
     ̄ ̄ ̄      |,‐‐‐‐,|       |,‐‐‐‐,|      |,‐‐‐‐,|         |,‐‐‐‐,|
                ̄ ̄ ̄         ̄ ̄ ̄         ̄ ̄ ̄           ̄ ̄ ̄


美筆やる夫
「うわ、5つもいっぺんに出て来たお!? 

やる夫は1つ出すのがやっとだったのに」


581 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:48:31 ID:yg7EH6hU


        /  U         、     ヽ
γヽ⌒)   /              \  、_  ヽ
(   ´>  | _,.--‐r―ーr-- 、_  U   〉ヾ  \
(_,ノヽ'_,.ィ<´ |、 l |   ',. 、  , `ヽ,、   \ヽ,/
     ̄フ  | .メ、|_   _,斗匕. _ >、ヘ\   .ヽl
.    ∠、  レ' ´    `´ `´ | ,`'  |\  ゙,〉
      ヽ、〈 ====    ===| ,'   .|´ヽヽノ
         |`ハ xxx     xxx l'    | ノ´_ ヽ、
        | ' l           l    |´   `゙'''`---------―_ッ
        レ' ゝ、   -┤  __,|    |         ̄ ̄ヾ ̄、
       |   ∧`7Tニ''' " ´,ィ|    |               _ヽ
       |   | `l ', ヘニニ´/イ    |                ∧
       |   |   ', `l ゚ ゚ ゚./ |.    ,'\   `ヽ、       ,r'"
       |l  _,l  ', ヘ  / .|   ,リ-,r'      ヽ、    ノ
       ゞ'´    l  l /  / ̄ ノ∧ \       ハ\ヽ'

朝倉涼子
「いえ、一つ一つ出して保持して、の繰り返しですよー。

早いからいっぺんに出したように見えたかもしれないけど」


582 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:48:55 ID:yg7EH6hU


          U''"´ ̄ ̄ ̄`゙ヽ、
        / ,.ィ _,..r---r-、   \
      ./ /.イ´ | |  | .|U`lヽ、 .ヘ
     lヽv ,.イ ⊥_  | |   | .| ,.斗、 ヽ ゙l,),.‐;
     ヤノv' | .j,..≧トッ  ,.ィ''ァ'、  | .〉l /
    |  ∨ 〉イrl゚ハ::l   l乍リバl,// ゙'.}
    ヘ  ヘィ'弋乞:ソ   弋_チ:ノ '.ハ  .∧
      〉  / l "´ _,....--、 `゙  l .ヘ l ヘ
     ∧/  |  ./     ヘ  |l  .Y ', ヘ
     / /  .人  |      | ノ |  ヘ ', ヘ
   / /    / ゝ.ゝ、.______,...イ<´ .|   ヘ ', ヘ
  / /l   /   / '----'-' ヘ  〉   ハ ', ヘ
 / /.〈   ∧  /  γ⌒ヽ  ', ∧   ノ ', ヘ
./ /  \ /  ∨    ゝ-‐'   ∨ l__,.イ   ', ヘ

朝倉涼子
「なお、左から、昨日飲んだオレンジジュース、コーラ、サイダー、
今日飲んだリンゴジュースと葡萄ジュースです。

AAいっしょだって? 大事なのは中身です」


583 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:49:29 ID:yg7EH6hU


        ||                                          
    __||___            ||            ||             ||                ||
   |______||___|       __||___       __||___        __||___           __||___
   |  。.||  |      |______||___|       |______||___|      |______||___|         |______||___|
   |  .。||  |      |  。.||  |       |  。.||  |      |  。.||  |        |  。.||  |
   | 。  。 |      |  .。||  |       |  .。||  |      |  .。||  |        |  .。||  |
   | ° 。 |      | 。  。 |       | 。  。 |      | 。  。 |        | 。  。 |
   | °。  |      | ° 。 |       | ° 。 |      | ° 。 |        | ° 。 |
   |,‐‐‐‐,|      | °。  |       | °。  |      | °。  |        | °。  |
     ̄ ̄ ̄      |,‐‐‐‐,|       |,‐‐‐‐,|      |,‐‐‐‐,|         |,‐‐‐‐,|
                ̄ ̄ ̄         ̄ ̄ ̄         ̄ ̄ ̄           ̄ ̄ ̄



柊かがみ
「復習になるけど、この一つ一つが実体って奴ね。

現実の世界に実際に存在した、涼子ちゃんが飲んだジュース」


584 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:49:44 ID:yg7EH6hU

              ,. -:―――――--、___
            ,. :'´: ,. -― : : : : : : : : : : : : : : : : : }___
       /: : :/: : :,. : : : : : : : : : :./ : : : : : /: : : : : : : `ヽ、
 _ _ /__/.: :.:/: : : : : : : : : /: :. :. :.: : :/: : : : : :-:、_: :\
´:::::::`|:::::}´:::/: : :/: : : : : ,. -―ァ'‐-,ィ : : : : ,イ: : : : : : : : :\  ̄
:::::::::::::じ'::/:.: : ,.': : : : : :/: : :/ : //: : :./ ハ: : : : : : : : : :ヽ
:::::::::::/:::/: : : : /: : : : : : : :.,:-/: :./ /: :/  / |: :__: : : : : : : : :ヽ
:::::/|: /: ;.イ:/: : : : : : :/ /:/  //   /  卜:.|:`ヽ: : : : : : ハ
7|: : |//: :l/ : : : : :/  /'´   ノ′   /   | : :|:.:.: |:.: : : : /: : i
': |: : {´ : __/ : : : / ,ヘ、ー―      /   |:.:.,ハ: : :! : |:. :.|: : : l
: :|: : : ̄: /: : :/   ゞミ主主多         |:./ |: : : : |: : :| : : :|
:.|: .:. : ,' : ,イ  :::::::::::::::.          __\ j/   |.: : : :| : : !∧: |
: :.| : : : :|: /(_   :::::::::::::::         ㏍  `ー  ,|.: : :.:! : : |′V
: : | : : : |/、           __     ゞミ主主!/:|: : :/ : : ,ハ
: :. l : : : :|: :ト-ヘ、      /::::::`¬ァ     :::::::: /: :|: :/: : :./::::}
: .: .l: : : : |: :|   \     {:::::::::::::/      ::::: ハ : | / : : / ̄
:.:.: ハ : : : |: :|  /::`ト、   `ー一'       ノイ: :j/|: : /
: ,':∧:.: : l: :レ'´:::::::: |;ノ   > 、 _____,. イ:/|: : : :| :/
:./,.'  〉、:.ヽ:!:::::::::::::::|   |::::::::}     / : : : l// : : : :|/
,'/ ,<:::::\: :\::::::::: |   ヽ}:::::\   /: : : : // : : : :/
:| /   \:::::ヽ : ヽ::::::「 ̄ ̄∨:::::::::::\/: : : : // : : : :/

柊かがみ
「じゃ涼子ちゃん、こんどはこの5つを互いに近付けていって、重ねて頂戴」


585 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:49:58 ID:yg7EH6hU


./ |   |. |    ヤ.|     |/   |   |
|  .| .ヽ. | | U  Ⅵ   / |    .|   |
|  |  ヽl |     ヘ,イ、ー.、-、 U  .|l  ./
|  .|,..../ ハト   "/|,_ノ_::::ハ ヾ゙T l、/ ヽ
`'7 ̄ヘ{ |"r、ハ     .|:::f. .ハ:::::l リ.|
./   ベ ヤl:ハ:l    ヤ弋_ノ o:l  |
|    |ヘ. マz'リ     ゝ=ニ::::ソ   ∨
|    ヘ l `´  ,..-‐-、      ∨
\   ヘl.   l´     ヽ     ,ィ゙ヽ
  \  、-ゝ、.__ \     ),、--'"-、| \
   <´ ̄   | ̄|、 ̄ ̄´ノ >  .ヽ  \
   `l >-、  .|  |   ̄ <´      ヘ
    ∨ > |   ̄ 。 ̄  >     ヘ
     <   |   ゚γ'ヽ゚ ,>'"    ヘ

朝倉涼子
「了解です」


586 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:50:13 ID:yg7EH6hU


【一つにまとまっていく】

    →                        ←

        ||                                       
    __||___      ||     ||       ||        ||
   |______||___| __||___ __||___ __||___   __||___
   |  。.||  ||______||___| |______||___| |______||___| |______||___|
   |  .。||  ||  。.||  | |  。.||   |  。.||  | |  。.||  |
   | 。  。 ||  .。||  | |  .。||   |  .。||  | |  .。||  |
   | ° 。 || 。  。 | | 。  。 | | 。  。  | 。  。 |
   | °。  || ° 。 | | ° 。 | | ° 。 | | ° 。 |
   |,‐‐‐‐,|| °。  | | °。  | | °。  | | °。  |
     ̄ ̄ ̄ |,‐‐‐‐,| |,‐‐‐‐,| |,‐‐‐‐,| |,‐‐‐‐,|
          ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄    ̄ ̄ ̄    ̄ ̄ ̄


587 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:50:26 ID:yg7EH6hU

【一つにまとまった】

                   | |
               ______
           |______ ___|
           |  。 |  |
           |   .。   |
          |  。  。 |
          |  ° 。  |
           | °。  |
           |,‐‐‐‐|
             ̄ ̄ ̄


588 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:50:39 ID:yg7EH6hU

      ____
     /\  /\
   /( ●)  (●)\
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |     |r┬-|       |
  \     ` ー'´     /

美筆やる夫
「お? 重なったと思ったら、まじりあって一つになったお。

どことなくあいまいで省略されてるけど」


589 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:50:55 ID:yg7EH6hU


                   | |
               ______
           |______ ___|
           |  。 |  |
           |   .。   |
          |  。  。 |
          |  ° 。  |
           | °。  |
           |,‐‐‐‐|
             ̄ ̄ ̄



柊かがみ
「この一つになったものが抽象的概念よ。
この場合、『ジュース』という概念ね。

どことなく省略されてるのは捨象って言われる現象ね。
抽象化するときに印象の薄い属性や共通しない属性は
消えちゃうのよ」


590 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:51:23 ID:yg7EH6hU


          ,..-──v'⌒ヽ
       _/:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.厂`ー―ァ
.     /〈::::/:∨:.:.:.:/::.:.:.:/:./:ヽ:.:.:.:<
    〈::::::::Y::::/:.:.:.:.ナナメ|:/ヽ:.:}:.:ト:.\>
    ヽ:::/:::/:.:.:,ィ-|∠_ リ  |:ス:.:|:.:.:. |
      〉-r(|:.:./ `ト{:r「   イテチ:.:|:.ト:.:|
.     |:.:.:|:.|:/_  ´ ̄   ヒ!ノ∧|.:「リ
.     |:.:.:|:.:.:.:.:ト、   rァ   ノ:|:.リ
.      |:.:.:ト、:.:.:.K:}   r‐ rイ:l:.|:.:|
.      !:.:.:|__}:.:.:|::::\_,,>、:\:l.:|:.:|
     |:.:/ ヽ:.:.ヽ::::::ヽ |::::::}:/:/
      ∨   ヽ:.:.:l\:::ヽ|:::/|:./
    /   .|  ヽ::ヽ \ |∧l:.{   r‐rこつ
.   /   ヽ レく ヽ:.:ト-ィ r'>'⌒「 |_ ⌒⊃、
.    {    ト、::}、 ト:.|/  \  |  ヽ:::厂 ̄´
    \    \ |:.:|   ∧  }   ヽ-イ´

柊かがみ
「各実体に共通、あるいは特に印象深い属性
(甘い・冷たい・美味しい・液体・奇麗)ほど
濃く反映されるわ。

ただしこの『ジュース』という概念は、
現実世界に存在する全てのジュースの情報を
統合したものではなく、
涼子ちゃんが思い出せるジュースの情報を
統合したものである点に注意してね」


591 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:51:36 ID:yg7EH6hU

      ____
    /ヽ  /\
   /(●) (●)丶
  /::⌒(__人__)⌒:::uヽ
  l    |r┬-|     l
  \   `ー'´   /
  /         ヽ
  し、       ト、ノ
    |   _    l
    !___/´ ヽ___l

美筆やる夫
「ふむ。主観的世界と客観的世界の差がここにもでるわけかお」


592 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:51:52 ID:yg7EH6hU

            _   _  - ―― - 、_
          _⌒>`'´: : : : : : : : : : : : : : :`>- 、
           〈ー、/: : : : : : : : : : : : : : : :、: : : /:.:.:.:.:∧ _
         ∨:/ : : : : : : : : : : : : : : : :\: !:.:.:.:./<´:.:.:.:.`7
         /:/ : : : : : : : : : /\: :ヽ: :!ト、: ヾ;.:.:.:.{:.:.:}.:.:.:.:./
           /〃 ; : :/: : : :,ィ:/   ヽ: :トリ ヽ__' ,:.:.:∨.:.:.イ
.        /イ: :/: :/: : : :/ l !    斗!<´ \\:.:.\:.:.:\
        /! /!: /!: :ー/- iL_      リ   _ 斗ト,:`: r‐<ー≦
         〈_| l_l: :! !1 /__       ,.ィf{´::::。|リヾ-、!:.:.:〉__∧
.          レ'ヘ: l : ! {fキ≠=ミ      ∨:::::リ rヘ l`Y: : :l: : \
             `! ∧`、∨::::゚リ         ̄  、'_ノノ::/: : /: : : : \
            /!: : ヘ∧  ̄       __  ' ' '/  ̄l__/: :,.イ : : : : : : ヽ
              //l: : : : : ,ゝ' ' '  < ノ  /!,、/ ,.ィ≦-'、: : : : : : : :'.,   , -、
          // !: : : : :|! : > ‐ ---r ' //: : /./    ` ー-_..__ '/  ノ
            //   !: : : :∧: :l: : | /アl__/ ,./: :〃/      , ´, - /  /
         〃   l: : : / __L.!.ィ´,、/´>、_,//: ://! !      /  / /    .{
        /   /: : /´  /.:./イ⌒>'/.:.:.:.!: :/ l | ト、   ./  / '´      l
         /  /: :/ i/:.:.:7/`V /.:.:.:.:.:.:.l: :l:.:.ヾ!:l \ {  .|!   /`Y´∨ヽ
.        /   /: :/ ./.:.:.:.:.:.!':::::::l/:.:.:.:.:.:.:.:.!: !:.:.:.:.リー-イ丶!  i!  ノ ノ  |  }\
 r 、  i´Y    ! /  /:.:.:.:.:.:.:.:.l:::::::/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.リ.:.:.:.:.:.:.:./   \ ゝ __ '   / /._ \
 ヽ \j |/7 /リ   {:.:.:.:.:.:.:.:.:.l_/:.:.、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./        ̄| !`T´`:´ : }\ ヽ
   ',   _>'´      l:.:.:.-‐:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`:.:.‐-.:.:.:.:.:.:.:.:./           リ  l : : : : /  丶_ノ
   ノ .//      ,イ.:.:.:.:.:.:.:.O.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./              / : : /

柊かがみ
「そういうこと」


593 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:52:07 ID:yg7EH6hU

       ,、  ,.‐、 _,.-‐ 、_  :
     r‐-'  `'   `   ヽ`ヽ :
   : /     ,  l    l  ハ  ヽ :
.  : /  l  lヽ-' |    l   ',   ハ :
 : /   |  l |   | |  _,|  l ト- 、 l
 :,'    l、 リ   斗ヒ´__|___l |、  `'} :
 └┐__ r' _`二   =r==r'| └r' ` ミヽ| :
.    : |`', " ̄     l  | |   |`l   l :
     | l |ll  r‐¬ ゝ‐' |   レヘ   l、
     |. l u   |   |   |   | | ',  |l :
     |  `ヽ,、,_-‐_ニ_,. -オ.  | |  ',  |.l :
     |   | | | /〈 ´ ノ ,|  ,|. |  ',  l ヘ :
     |   r'' |/ l ` ´ /└'´ l |   ',  l ヘ :
    └' ´ | l  |   /    l |   ',   ヘ

朝倉涼子
「あのー……。

すいません。ずっと集中し続けるのが辛いんですけど。

説明終わったなら消していいですか?」


594 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:52:34 ID:yg7EH6hU


                <´ ̄ ̄  ‐- __,,,
            /         `i  ¨> 、
           /         :i   !  ヽ ヽ \
           /   /   /  :|  /  ヽ ヽ ',丶丶、
        _,. <~ハ  /  :/   i  /  i  ',  i i\ `゙
       ヘ;:;:;:/;:;:;| ,' ー-/、  /j: /|  ∧ |  l: lヽ;:}
        t;/:;:;:;:;| i≧x、ン`゙ー// | 7''ーl‐l'"  l l;:;:;:》
        | \;:;:;| ,.| ミて ≧ミ/  !/,,.ィ杉i  /l l;:;:/
        |  T´( |/ ヾニシ     frシ/ / /: リ-'i
        |  ヘ  `t-ヘ :::::::  、  ::::u /_|/ /: ハ
        ,'    \ \ \, -、-‐  _ ィ /  ∧  ヘ
       /:i    } ヽ  ',/ <ヽ_i`i´| \/  /  ',   \
       //|   ,xf<ヽ/ ァ-、゙i::::/つ: :/  ,'>ー、ト    \
      // /   fi i: : :/トヽヽ,.-' イ V: / //  `ヘ\   ヽ
    /" /   i ', V`ヽ、`´,イ 'ヘ/:/ / / /    >`-、  ヘ
   /  / ,'  j _,ィ': : : : : :/ }  /:/ / / / ヽ r'" く彡 \  ハ
 /   / /  /V  `ヽ=-i l  /: { / / ̄/\ Y ,へ、ンKv ̄> ',
    / /   //i      } ljl[/: : i ,' /  /' ̄`l l ゙!ゝ》,.イ ̄ \ ヽ
   /  /   iシ j    ,.イ /i /: :〃! /   j    \`/┴'" ̄  j
  /  /   {      / |,': :|,': :〃/   /     /      / \
 /  /    ヽ    /  《 ヽ: : イ    イ    / i     / ',
/  /      ヽ_イ/   > <     ヽ <¨´  ̄    /  i
  /         ,'  | /::::i~i:::::::ヽ     iヽi_     /   }

柊かがみ
「あ、ごめん。もういいわよ。ありがと」


595 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:52:44 ID:yg7EH6hU

        /    /   /   /ヽ、、 ,_,.-|   |        ハ ヽ
       /   /   /   l/   `´  |l  |   l     ', .ハ
 __     /   ,'    /  /kソ   ヽ, ,リ   |   |      | ',
. | ` ヽ、,-l'    |   ナヒテT´     ゙メ、、 リ    |     L.┤
 ',    >`‐.、┐'ー¬´ ,.-=-、      ' ヽ`ナ|    |     l | ノ
 λ   /   ヽ`┐_ | {'   ハ    γ‐=ミ、` ーr'リ     リ ノ゙l
./  ヽ'      >'  l 弋   ,リ    {{     ハ  レ` ヽ、  ハl彡人
{ ' ´      /   /  `'ー‐'"    弋    ,リ /    l `イ/  ヽ`≧-
 ヽ、     /   /     , -ーー-、 ゙'┐  f/    ,ト< ` ヽ \_
   `ヽ   /    ヘ      /       ヽ.ヽ /       / ト 、      `
     \ l     l>、    l        l/      /  ノ  ` ヽ 、
      ゙| |   l,'  `'ー、ヘ_      /, - 、-‐ヽ_/、イ  ヽ     `ヽ
       | |   |   ヘ  ヽ`'=‐-,.-//    ヽハ `ヽ ヽ   ヽ
         | |  |     ヘ  ヽ  , //l     `l  ヽ  l ヽ ヽ
       | |  ト、    ',       |/ ',     ノ      |  ヽ ヽ
        `ヽ、 ハ \     /  イ  ∧   ノ      |-'´`゙-、ヽ,....,_

朝倉涼子
「ふいーっ……」


596 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:53:00 ID:yg7EH6hU

       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ―)  (―)\
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |             |
  \              /

美筆やる夫
「お疲れ様だお。

しかし抽象的概念ってのはなかなか面白いもんだお。

まさに主観的世界でのみ存在できる代物だお」


597 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:53:30 ID:yg7EH6hU

          ,..-──v'⌒ヽ
       _/:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.厂`ー―ァ
.     /〈::::/:∨:.:.:.:/::.:.:.:/:./:ヽ:.:.:.:<
    〈::::::::Y::::/:.:.:.:.ナナメ|:/ヽ:.:}:.:ト:.\>
    ヽ:::/:::/:.:.:,ィ-|∠_ リ  |:ス:.:|:.:.:. |
      〉-r(|:.:./ `ト{:r「   イテチ:.:|:.ト:.:|
.     |:.:.:|:.|:/_  ´ ̄   ヒ!ノ∧|.:「リ
.     |:.:.:|:.:.:.:.:ト、   rァ   ノ:|:.リ
.      |:.:.:ト、:.:.:.K:}   r‐ rイ:l:.|:.:|
.      !:.:.:|__}:.:.:|::::\_,,>、:\:l.:|:.:|
     |:.:/ ヽ:.:.ヽ::::::ヽ |::::::}:/:/
      ∨   ヽ:.:.:l\:::ヽ|:::/|:./
    /   .|  ヽ::ヽ \ |∧l:.{   r‐rこつ
.   /   ヽ レく ヽ:.:ト-ィ r'>'⌒「 |_ ⌒⊃、
.    {    ト、::}、 ト:.|/  \  |  ヽ:::厂 ̄´
    \    \ |:.:|   ∧  }   ヽ-イ´

柊かがみ
「面白いだけでなく、実用性バリバリよ。

重要な推論規則である推移律(三段論法)には
含意の考え方の理解が必要で、

その含意の考え方の理解のためには、
この『抽象的概念と実体』の関係の理解が必要になるからね」


598 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:54:14 ID:yg7EH6hU

              \ー- 、__ ヘ-――‐-
                  __>─: : : :│: : : : : : : : : : : `丶
              '´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\.:.:.:.:ヽ __
          /.:.:/.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:j.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ.:.:./⌒く 7 \
         /::::/ :::::::::::/ :::::::/:::ハ:::ヽ、::\:::::::::::::::::::ヾ///∧///\
         / -‐/::::/:::::::::/:::⌒/|::/  ' : | \⌒ヽ::::::::::::::::::∨ '/∧////
          /::::/:::::::::,'::::::::/ l/   ヽ|  \::ハ:::::::::::::::::::∨/ '∧//
            / :::,' ::::::::::|:::::ャ=ァz、      ,z=弌〒} :::::::! :::|////|/
         l::::/|:::::::::::::|:::/{ f_)ハ      イ、_)ハ∨ :::::::|:::::|////|
         |:∧|:::::::::::::l∧ |トし::|      |トしイ::| ヘ:::::::∧ :jー┬r'
         '   l:::::::::∧::ハ. Vヒリ       ゝ辷.リ  '.::::ハ ∨:::::l::|
           ' ::::/!∧:::::}     ,       ''   ィ∨ー':::::::::,' :|
            ∨│小::人     r ,    //:/ ::::::::::::/ :::|
              | ::|:::V::::> , . _   ィ⌒V:/::::::::::::::/:::::::|
              | ::|:::::::::::|:::::レ「 `┴‐‐<_」/ ::::::::::::/ ::::::::|
              | ::|:::::::::::|/ `'ー―一'´  /:::::::::::: /|:::::::::::|
              | ::|:::::::::::|   \____,. -‐´/ ::::::::::::∧|:::::::::::|
              | ::|:::::::::::l            / :::::::::/  ヽ :::::::|

柊かがみ
「さっきの『ジュース』という概念と
涼子ちゃんが昨日飲んだコーラの関係はこう表わせるわ」


599 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:54:36 ID:yg7EH6hU


┌────────────────┐
│                       .│
│昨日飲んだコーラ → ジュース     │
│                       .│
└────────────────┘

.


600 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:55:01 ID:yg7EH6hU

          _
         ヽ\  _, ── 、_
         r、 >  ̄ | `   _  \  _
       / ̄       |        Vヽ_/:::::|
.      //〉´   / ∧ |、 |   ',:::::)_ノ
      /  / / \ /  | !ヽ/  ト、!ノ:ヽ:::〉
       | イ / |/   ヽ| ´| l  |_ヘ/iイ
       |/ | / ● _  ●ヘ  ├Ⅵ | ト、
         |'.|   ( l l )   |  |` )| |:::::>
         | ト、     ̄   _|  !-イ||/
        ノ |三\____/三|∨卞ヘ V\
          / __人_≧ァ┬ィニ二壬少´ ノ ヽ__\
       {'´      ´ `    `´ <_/   `

柊かがみ
「ね。含意でしょ」


601 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:55:13 ID:yg7EH6hU

         ____
        /⌒  ⌒\
    (ヽ /( ●)  (●)\   /)
   (((i ):::::: ⌒(__人__)⌒::::\ ( i)))
  /∠ |     |r┬-|    |_ゝ\
  (___     `ー'´   ____ )
       |        /
       |       /

美筆やる夫
「あー、たしかに含意だお。たしか包含って名前がついてたかお」


602 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:55:35 ID:yg7EH6hU

    ,ィ''‐/ヽ/ヽー:.、
  /    /ヽヘ ヽ  .ヽ.、
 / /  ///`゙"´| l  |   | ヽ
. l | |_大ナ|'  ナ大 | l  | |ヘ
.|__ .|.==== l ==== ヽ__ノ |ミ|、
| .「XXX    XXX |   .|ミl.|
| ./    、,、 ,     |   |`l.|
|.l.     ´ `´     |   ├K
| ゝ、.___,.<ソ       _|   |.川
| |  |./  ヾ)二オ''ハ´ .|   |.川

朝倉涼子
「補足しますが、推移律(三段論法)はこう表わされます。
命題論理の推論の項目で詳しくやると思います」


603 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:55:51 ID:yg7EH6hU


┌─────────────────────────────┐
│                                           .│
│~ 推移律 ~                                  │
│                                           .│
│                                           .│
│・((A→B)∧(B→C)) → (A→C)                     .│
│                                           .│
│・(AならばB、かつ、BならばCである) ならば、AならばCである   ....│
│                                           .│
└─────────────────────────────┘

.


604 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:56:06 ID:yg7EH6hU


1.3 抽象的概念からさらに抽象的概念を導き出す

.


605 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:56:20 ID:yg7EH6hU


               ___   /ヽ、
        ─==フ¨´      ̄|  ``'ー- 、
          /,        / ,ィ'|  ヽ     ヽ、
         // /  /  /〃 | | |   ヽ    ヾYニヽ、
          /,イ  /   / 〃/,  |│!、   ',.   ヽ |:.:.:ヘ:.:.\
       / /  ,'  / 孑|'"   l !| \ }    ∨:.:.:.:.:',:.:./
        /  i  ,'' /  j   l ||  ヽ |`i    }:.:.:.:.:.:.∨
         |   /  |/{!7メミ、    | _ _土 l|  | |:.:.:.:.:.:.:.|
        | / |  lム {:::::::}     'fて::;;;}7}  ト、|:.:.:.:.:. 丿
        |/  | │il ヒ辷     {::::::::ソ |  | | ̄ ̄ |
          |ヽ∧} '   ,    ` ー'′ | /)  ,'  |
          | | | ` 、   r‐┐   ''  |/ノ  /  |
          | | l    |>.、`___ ..   -‐'ア     /l   |
      r‐‐'"¨¨V | |    |  |  / \/    / |   |
      ≧=   Ⅵ |   │ /-<   〃     /   |   |
    と´r─'  _,イヽ、  ,レ'|::::::∧ /    イ    |   |
      `ー┬´   |  /  厂::| ∨    / │   │  |
        |    丿 /  /:::::::| /    /   |    |  │

柊かがみ
「この抽象的概念は、実体だけでなく、実は抽象的概念自体からも
導出することもできるわ」


606 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:56:35 ID:yg7EH6hU


                 __,イ|__ ... .ィ
             , :<´ : : : |: : : : :ー<..
           /: : :/: :/} :小: : : : : : : : ≧ー
        __,/ /: : /: :/ ,| : | ∨| : : : : : 廴
       f´/ }:/.: :.ム斗' | /| `ヘ}ヽ: : : : ヘく
       ∨  ,イ: : { ;:/  j/     V ! : : ∨
         ヽ、{∧:.:レマ7テミ     fテ「ア:|.:ト、:ハ
        |:ヽ}ヘ/ { {トし|    |しハ'Ⅳ:|:「ヽ}
        |: :l`ー、 ゙辷ノ   .  辷ノ{ム/:{
        |: :|: : :|:ト、''''   _  '''' ノ´|: :|
        |: :|: : :|:|:.「>r -r- <| : : |: :|
        |: :', :/i_>―-、Y⌒Y´ ̄ ̄`ヽ
        |: : Y´/  ,.-、 |l: :.《      }
        |: : { {  {  )\: :ヽ、__ノ了¨ヽ
        |: : :〉 \辷'′ ヘ: : : ̄ ̄:_ノヽ |
        |: : {__,イ   ,.‐ァ、  ̄ ̄「 辷.ノ /
        |: : | l l |  〈 f'うァ  ,ィァ、 /`ー‐'´
        |: :少‐r‐ヘ  `ー'′  ftッノ {
        /:.:/|  |>(     )  ノヽ

柊かがみ
「たとえば『犬』っていうのは抽象的概念でしょ。

『猫』『イルカ』『ゾウ』なんてのもそう。

で、こういうのが合わさると、『動物』とか
『哺乳類』なんて概念になるわね」


607 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:56:55 ID:yg7EH6hU

         ____
       /⌒  ⌒\
      /( ●)  (●)\
    / ::::⌒(__人__)⌒:::: \
    |     |r┬-|     |
    \      `ー'´     /
      >         <
     ( |        / )
      `|       /'
         |   r  /

美筆やる夫
「あー、なるほど」


608 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:57:34 ID:yg7EH6hU


                  i7
                  , -‐i!‐-、
                i::::..゙ー'  i
               '、::::::..... /
                 `'‐-‐′



柊かがみ
「そのため、実は物でなくても抽象化ができるわ。

たとえば『リンゴが上から下に落ちる』
『猿も上から下に落ちる』
『ボールも上から下に落ちる』といった事象なら、
『落下』。
もしかしたら『重力』なんてものにもなるかもね」


609 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:57:51 ID:yg7EH6hU


          ____
        /⌒  ⌒\
      /( ー)  (ー) \
     /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
     |     |r┬-|     |
     \      `ー'´     /
      r´、___∩∩__,  /
      \__ ´人 ` _ノ
       ヽ   ̄   ̄ |
       |      /

美筆やる夫
「へえ。帰納法の考え方に近いお」


610 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:58:05 ID:yg7EH6hU

                   ヽ、
                 __\ヽr 、
                /: : ,: : : ̄: :|: :  ̄`  、
              /-‐7´: : : :/: イ!: l: :、: : : :、ヽ
                /. . /: :ィ_./ ! !、!、:ヘ. . . Y\_
                  / !: /: 7 l/ | ヽ|`ヾ-!: : l: i:::::〉`┐
                  /〈!:.:l: イコヤ!   卞弌ヶ: :ト |::人:::::l
               /イ ハ.:レi 辷ソ ,   せシ l: :l:.ト!':|!iヽノ
                 / l:/`l    _       r!/Y:::::|!:|
                  `ーi: ,'::\_   ` _ ..イー':〈_」!_」
                    |l:!: : l/!イj ̄/ハ// : /:::::::|
               |l:!: : l「l l::〉'/  ,/: :./||:::::::|
                    lll:: :〃l. ∨ /! : .i ヽ!::::::|
               |l: :./ l / / .,' : :,'  l:::l:|
                |!: :.!   y /  ,': : ,'  / !::|:|
                  |': : }_/ ,'  i /i. / l:::|:|
              /|: : l::::::::{ ̄i ̄`!:,'::! /  !::|:|

柊かがみ
「そうね。帰納法との共通点は多いわ。

疎漏が問題になるとこまで同じ」


611 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:58:21 ID:yg7EH6hU


1.3 上位概念、下位概念

.


612 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:59:11 ID:yg7EH6hU


 / /: .    / / . : /:|: : :/:::::::::/:.. . ..,' . ,'.:. .:. .:. .:. .:. 、.:. .:. .:. .:. .:. .:. .:|
./. :/: .   . :/: : i: : : :/´:l : /:::::::::,':.:.:.:.:.; . .;.:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:.l
ヽ:/: :/. : : /: : :.|: : :/::::::|:./::::::::::;:.:.:.:.:.:; . .;.:._._:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .,:. .:. .:. .:. .:!
:::/:.;イ. : : /: : :/|: :./::::::::j/:::: :: : i:.:.:.:.:.:; . .;.:. .:. `.:..:. .:. .:. '.:. .:. .、 .:. .:. .:. ,'
:/:/::!. : :/ : :./:::|:./::::::::::::: :: :  !:.:.:.:.:.:; . .;.:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. `.:. .:. ./
.:/::::!: : : : : /!::::j/:::::::: :: :    、!:.:.:.:.:.:', . :,.:. .:_ ;. .:. .:. .:. .:. ;. .:. .:. .:. ./
':::::::|: : : : :/:.|:: :: :: :: :        \::::::::'. . ':,::::::::::::::::,:'::::::.:. ;.:. .:. .:., '
::::::::|: : : :/:.:.ヽ                ヽ:::::::' ,. ' ;::::::::::::::::::::::: .:. .:../
:::/| : :./-‐-、\               ' ´  ̄ ̄ ` ヽ::::::::::::::,  '
´:: ;イ: / ‐-、 `               ::::...  }-‐ 7´
ヽ/:.|/:!     }                        /
:/\:.:∧                          ,'
:: :: :|ヽ:.:.ヽ __ イヽ::.. . .               !
:: :: :|  ` 、:.:.:.:.:.:.:.:.|::                 _.. '
:: :: :|    ` ー- /           _,.. -‐ ´

柊かがみ
「導出された抽象的概念を上位概念、
元となった概念を下位概念と呼ぶわ。

いちいち導出された概念って呼ぶの面倒だし、
今後はこの用語を使うわね」


613 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:59:29 ID:yg7EH6hU


          ,.. 、   ,. 、
    ,γ⌒ーイ   ヾ _ ゙ヾヽ、
  , './     / //`ヽ.' ヘ ハ ヽヽ
./  / /  ,'  l |` `゙´´ l | ',  ', ',
   / ,','   ,斗キト     ,ニ|、',  ',. ',
 /| l l    | _| リ     ノL_l   l l',
´ ,リ. ',',_,..- ' ´         T‐┘リ
 彡|,.ヘ〉.| ===≡   ≡== |  |`
  _|   |               ',  |
‐'´' |.   | XXX        XX,  |
  ヘ|   |      `(_`チ     ノ. |
   |   |           , ィ'   |
   |   |`         ´ |    |

朝倉涼子
「ただしこの二つは相対的な関係を表わすにすぎません。
たとえばさっき抽象化した『ジュース』を上位概念とすると、
下位概念は5つの想起した実体のジュースになります。

ただしあくまで相対的な関係なので、
これが『飲みもの』と『ジュース』なら、
『飲みもの』が上位概念、『ジュース』が下位概念になりますよ。

実体は最も下位になる概念と言えますね」


614 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:59:47 ID:yg7EH6hU


三≧: 、        /     /     l\             /         /:}
三三三ヽ     , ィ7¨ヽ  /   l  l l  \        / 俺こそ上 /:/}
三三三ニ}     /   /l   l   l l           /         /://
三三三シ    /   /  |   ,'    l l          /         /://
三三〆    / /    ,'   /    /l l    ____'___    /://
三/    ,.//ー―  /  /   / l/     /         /:l三三}//
イ    //テ≡≡≡ / /.:l   /  l   / いいや  /:/}三三}/
|  // {!  |::}|イ.:::/|  /      /俺が上   /://}
| /         lハf/ l/  j /       /         /:///
_レ’   し    }じ'  {    , /      /         /:///
          ゞ′ `フ /′     {三三三三三}///
\         , ,     /            {三三三三三}//
:. \            /          {三三三三三}/

柊かがみ
「また、ある程度上位に位置する概念(ただしどの程度かは人によるわ)を
『抽象度が高い』概念と言うこともあるわね」


615 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:00:28 ID:yg7EH6hU


┌───────────────────────────┐
│                                       .│
│~ たとえばこうなる ~                         ..│
│                                       .│
│上位概念   『液体』という概念                    .│
│                                       .│
│↑        『飲み物』という概念                   .│
│                                       .│
│↓        『ジュース』という概念                  │
│                                       .│
│下位概念   実体のジュース(を、五感を通して得た情報)   ..│
│                                       .│
│                                       .│
│(*上に行くほど抽象度が高い)                     │
│                                       .│
└───────────────────────────┘

.


616 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:00:43 ID:yg7EH6hU

       ____
    //   \\
   /( ●)  (●) \
 /::::::⌒  、_!  ⌒::::: \
 |     'ー三-'     |
 \              /

美筆やる夫
「あ。

そうか、実体も突き詰めれば概念と言えてしまうのかお。

五感の情報を統合して脳が『今そこにあるもの』と
認知しているだけなんだし」


617 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:01:28 ID:yg7EH6hU




        ,.-,=ニ_´,.-'´`ヽ,-'ヽ、_,..、
     ,-´/   `           ヽ
    / /     /   ,、  ,、 l    ヽ
   /  /  /  /   / `´ l  l   ハ
  l   /   |  |   |_,    リ  |    |
  |__/   |   | '''''''T´   `メ、_ |    |
  〈、、 リ   └r‐'──'    '└-ハ__  _|
  〈 `ヾT¬' | ======    ==== | _ニ,」
  |`ヽ l´|   |           |´l |
.  |  ∧.|   |  γ'''¬‐-、    ', l|
  |  /   l   |  ',    ノ    ノ .l|
 | /   |    |'、‐-゙、.__, ィ、. -‐イ  l|
. | /    l    | `ヽ   ノ ハ  |   リ|
.|/   |   ヘ  l   `   , ', |  リ |
l'   |  |/ \ l        l ',l  ノ l|
'    |  /   /`       l  l'´   l|

朝倉涼子
「そうなりますね」


618 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:02:03 ID:yg7EH6hU


                  _,,、、-‐‐‐‐- 、.,_
                _、-'' `          ´''‐ ,_
            _、‐`                  ´'‐,_
          、 `                     ^ _
           、`                         ´ ,
        ,`                            ´_
          ,`                               ',                  ジュース
.       ,′                                 '.    具体化                  ||
       ;                                 :     →                __||___
        !             液体               i                  |______||___|
        !                               i                  |  。.||  |
       ,                                ;       ←          |  .。||  |
.        '.                              ,′    抽象化         | 。  。 |
         ´,                               ,'                   | ° 。 |
        ´_                                _`                   | °。  |
         ^、                         、`                    |,‐‐‐‐,|
            ' _                       _ `                       ̄ ̄ ̄
             ´-._                      、‐`
                ´‐、,_                 _,、‐'`
                ´''‐- 、、.,,_____,,..、、-‐ ''`


柊かがみ
「それから、下位概念から上位概念を導出する作業のことを『抽象化』、
逆に上位概念から下位概念を導出することを『具体化』と言うわ。

具体化は、分野は限られるけど、『ブレークダウン』とか
『落とし込む』なんて言い方をされることもあるわね」

(*ただし、具体化だけがブレークダウンではない)


619 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:02:26 ID:yg7EH6hU


1.4 上位概念・下位概念の特徴

.


620 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:02:47 ID:yg7EH6hU



              ,
           , ィ//____
       /´ ̄: : :!: : : : : :.`ヽ
   ┌‐ァ´/:/: :.l: ∧: :.!: : :`ヽ: \
   Y´:{:/: : /__:イ:/  !__!、:.!: : :ヾー ゝ
   {:::::/:{: /´/l/  l/ `}:|: : l: :}
    `Y: イ:ャ≠rミ     r-=rァ: :|: :|
     |∧!:/ r、:::|   トィ,.:} 〉: ト、l
    |l: 込.弋シ    弋ツ{ }イ:|
    |:!:. ート、''''  。  '''ノl" l:.|
    |:.ヽ: :| ` ァ-ャ<.  |: :l:.|
    |: :.}: :| /l >    |: :.|: :|/ |/}::::{ヽ!l V: :イ.:|
    |: :.|: :| /| { .》::《 | |∧/ !:.|
    |: :.|: :|〉 l l .{:::::} l l | |:.:|

柊かがみ
「抽象化を進めるほど
(これは『上位概念になればなるほど』、または
『抽象度が高くなるほど』と言い換えても意味は同じね)、
次のような特徴が出てくるわ」


621 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:03:03 ID:yg7EH6hU


┌───────────────────────────────┐
│                                            ....│
│・捨象が強化されるために概念が曖昧化する                  .│
│                                            ....│
│・また元となる下位概念が増大するために含まれる意味が増加する    .│
│                                            ....│
└───────────────────────────────┘

.


622 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:03:23 ID:yg7EH6hU

               ___   /ヽ、
        ─==フ¨´      ̄|  ``'ー- 、
          /,        / ,ィ'|  ヽ     ヽ、
         // /  /  /〃 | | |   ヽ    ヾYニヽ、
          /,イ  /   / 〃/,  |│!、   ',.   ヽ |:.:.:ヘ:.:.\
       / /  ,'  / 孑|'"   l !| \ }    ∨:.:.:.:.:',:.:./
        /  i  ,'' /  j   l ||  ヽ |`i    }:.:.:.:.:.:.∨
         |   /  |/{!7メミ、    | _ _土 l|  | |:.:.:.:.:.:.:.|
        | / |  lム {:::::::}     'fて::;;;}7}  ト、|:.:.:.:.:. 丿
        |/  | │il ヒ辷     {::::::::ソ |  | | ̄ ̄ |
          |ヽ∧} '   ,    ` ー'′ | /)  ,'  |
          | | | ` 、   r‐┐   ''  |/ノ  /  |
          | | l    |>.、`___ ..   -‐'ア     /l   |
      r‐‐'"¨¨V | |    |  |  / \/    / |   |
      ≧=   Ⅵ |   │ /-<   〃     /   |   |
    と´r─'  _,イヽ、  ,レ'|::::::∧ /    イ    |   |
      `ー┬´   |  /  厂::| ∨    / │   │  |

柊かがみ
「どんどんおおざっぱになっていく、と言ってもいいわね」


623 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:03:42 ID:yg7EH6hU


     /          `ヽ、
    /           丶  `ヽ、
    /           `丶_|ヽ、  >
  ,..⊥r─‐r‐‐r─--、、    \_ k'-、
/  / '≧|  | ,≦ヽl `丶、,_  `フ  `ヽ
ヽ_,、L,..-ヘリ   ヽヘ--、゙ ___ YLニ=' {゙ー'"´
  ゝ, '| ┃     ┃ ´ | `├.、'" `゙¬ー--、、
   / l ┃     ┃  l   | .ノ、        `ヽ、
  ,' .リ xx     xxx /   「´  `ー------  、._ 、ヽ
  ,'   ゝ、    _   _ /   ハ      、      `ヽrミ
  リ、 | ヽ`7l^′´/〃   /,.-、     \ `ヽ、   /
  ´ ヽ_|  `|ヘ lニ'/└-r、イノ____〉_    、ヾ、ヽヽ/
         | lγ /,  ノ| 丶. |  __,.-' `' ` '゙
     _z== (7_'、ィ'" ´イ'  ヾ、 /"´
    l( ̄、`ヽ、ヘ’  __    ヘl'-┐
.   lヽ、ヽ 、._ヽ }}     ノニ´-‐-'
   |  `゙'¬-,/T冖7'''"´
   ヽ、    / ,l /

朝倉涼子
「逆に具体化を進めるほど(つまり、下位概念になればなるほど、抽象度が低くなるほど)
概念が実体に近付いていくので具体的になり、
また含まれる概念が狭く細かくなっていきます」


624 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:04:15 ID:yg7EH6hU

       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ―)  (―)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
  |       |++++| 」_ キラッ |
  \     `ー''´ l   /

美筆やる夫
「へえ。

上位概念を使っていると、様々なことを一気に語れるので便利そうだお」


625 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:05:30 ID:yg7EH6hU


              /. . . . . . : : : : : : : : i!: : : : : : : : : : :`  、
               ̄ /  . . . . : : : ; 小: : : : : : : : : : ヽ: : :ヽ、
                 /  . . : : /: : : : // | ヘ : : : : : : : : :ヘ: : : : r‐t‐-   、
             / . . : : : : /-‐‐:メ/  | V:. :-ト‐- 、 : : ヘ: : : l::::::\::::::::::ヽ
              /. ://: : : :,: : : :/ノ   |  V : :l \ : : : : ヘ: :/::::::::::::\:::::/
             //  ' : : : :.|: : :/__   |  \:.l  ヾ: : : : :∨::::::::::::::/::/
                 | : : : : !: ヤ孑仍ュ    ィfチ庁マ:. : : : |::::::::::/|::::/
                 | : : : ∧/ { ::;;;j}       { ::;;;jl} ノ\ : : |::::/: : :!`′
                 | : : イ :ヘ 弋zソ      辷zり  レV /7´/: :j: |
                 |: :/ |: : :.ト     '    ` ¨   )´V/: /: :/:.|
                 |/  |:. : :.{     ー‐ '      ,r- イ: :/: :メv⌒}
                ,': : : :|> ..       . < /: : r'-「   !ヽ
               /: : : :,'l : : : : :.`卞  ¨´{_ ィ´ :/ |       `二つ
         ___ ..ノ : : : / |: : : : :/ レ'´ ̄: : : : : /:.;「 ̄ ̄ ̄ ̄ | \\
      , . :´ : : : : : : : : __: :ノr十' "7 /7: : : :_ : イ:./ |=====|   \\
    /: : : : ._.. -… '"ノ ノ/|l!l!:.:.:.//ノ/:. :./:.:〃:.:/   |=====|    \\
    /: : : /     ∠ イ/ |l!l!:.:/   {: :/:.:.:〃:/     .| ̄ ̄ ̄ ̄´|     \\

柊かがみ
「形式論理学(前回やった、言語を抽象化した記号で表す論理学)がまさにそれよ。

たとえば推移律を用いたあらゆる推論を、日本語だろうが英語だろうが関係なく、
一行で語りつくせちゃうわけだから、その範囲は素晴らしく広範と言っていいんじゃないかしら」


626 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:05:47 ID:yg7EH6hU

             (ヽ三/) ))
         __  ( i)))
        /⌒  ⌒\ \
      /( ●)  (●)\ )
    ./:::::: ⌒(__人__)⌒::::\
    |    (⌒)|r┬-|     |
    ,┌、-、!.~〈`ー´/    _/
    | | | |  __ヽ、    /
    レレ'、ノ‐´   ̄〉  |
    `ー---‐一' ̄

美筆やる夫
「そう言えばそうだお」


627 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:06:12 ID:yg7EH6hU


        /    /   /   /ヽ、、 ,_,.-|   |        ハ ヽ
       /   /   /   l/   `´  |l  |   l     ', .ハ
 __     /   ,'    /  /kソ   ヽ, ,リ   |   |      | ',
. | ` ヽ、,-l'    |   ナヒテT´     ゙メ、、 リ    |     L.┤
 ',    >`‐.、┐'ー¬´ ,.-=-、      ' ヽ`ナ|    |     l | ノ
 λ   /   ヽ`┐_ | {'   ハ    γ‐=ミ、` ーr'リ     リ ノ゙l
./  ヽ'      >'  l 弋   ,リ    {{     ハ  レ` ヽ、  ハl彡人
{ ' ´      /   /  `'ー‐'"    弋    ,リ /    l `イ/  ヽ`≧-
 ヽ、     /   /     , -ーー-、 ゙'┐  f/    ,ト< ` ヽ \_
   `ヽ   /    ヘ      /       ヽ.ヽ /       / ト 、      `
     \ l     l>、    l        l/      /  ノ  ` ヽ 、
      ゙| |   l,'  `'ー、ヘ_      /, - 、-‐ヽ_/、イ  ヽ     `ヽ
       | |   |   ヘ  ヽ`'=‐-,.-//    ヽハ `ヽ ヽ   ヽ
         | |  |     ヘ  ヽ  , //l     `l  ヽ  l ヽ ヽ
       | |  ト、    ',       |/ ',     ノ      |  ヽ ヽ
        `ヽ、 ハ \     /  イ  ∧   ノ      |-'´`゙-、ヽ,....,_

朝倉涼子
「ただし上位概念になればなるほど、
概念があいまいになってしまって意味を理解しづらくなる、
というデメリットもあります。

形式論理学がわかりづらいとよく言われる理由の一つは
抽象度の高さにあるでしょうね」


628 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:07:07 ID:yg7EH6hU

           ` ー== ――/` ―― .、
           ,.: ¨´: : : : : /:.|: : : : : : : : : :` 、
         /: : : : : : :': : :/: /` : : : : \: : : : : .:\
        //: : : : : /: : .:i|:./.| '.: : : : : :ヘ: : : : : : : ヽ
      /イ: : : : : : :/: : :.:/|:' |  '.: : i : : : ∨: : :\: : :〉=y‐..、
     '’//: : : : : :斗-:.:'/ |  |  ':. :ト: ̄`卞、: : : ヽ:.:!:::ヽ:::::::7
     〈:::::': : : : l ´: :|: : /.     |   Ⅵ ヽ: : レ :` : : :∨::::::::`、′
      Y: :/: : :l: : : |:.斗ぇzx  |   リ zェ≧廴_: : : : :V::::::::::::〉
.      |:./{:.: : |: : :弋 __ノⅥ`     イ__ノⅥ¨ツ`: : |: :|:::::::/
.      |ハ | : : |:.: :|  VK:::イ       !ん:::j〃〉:.: .:Ⅳ:::::/
        `|: : ハ:. :ヘ  込zソ       込zソ  ∧:.:/:レi`ハ
         Ⅳ: |:. :|__       '       / ,∨: |:.|i: :|
         |: : .:ヽ:.|:∧ :::     -    ::: /.7´: : : /: |l: :|
         |:. :.__|:.: l_ >-  _   _  -<_/: : : : /: : |!: |
         |: { r` ,.-! |:.:.:.:.:.|   ̄  |:.:.:./: : : :,:イ: : : |: :'
         y´ヽ Y ∧、V:.:.:.ヘヽ _ ' /:.:./: : : :/} |: : : :∨
        〈 、` /  j ト、 \:.:.:.、  /:.:.ィ: : /  .|/: : : : .:l
         >‐′イ/ k {\ \:ヽ //,イ:.:/ / V:.l: : :l.:|
         广ニニ7  ハ ヽ >ミ、Y/ 1:/|/    Ⅵ: : :| |

柊かがみ
「なので概念を表現する際には適切な抽象度を選択することが必要になるわね。

抽象度の低すぎる概念を使って表現すると冗長になるし、といって、
抽象度の高すぎる概念を使って表現すると意図を掴めなくなるわ」


629 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:07:28 ID:yg7EH6hU


┌─────────────────────────────────────────────┐
│                                                                  │
│~ 抽象度の高低と出来あがる文章の関係の例 ~                                 ......│
│                                                                  │
│                                                                  │
│抽象度                                                            ....│
│                                                                  │
│高すぎ    ・今朝は寒いから事故に気をつけてね                                 .....│
│                                                                  │
│適切     ・今朝は道路が凍るほど寒いから、足を滑らせないよう慎重に歩いたほうがいいよ。      ....│
│                                                                  │
│低すぎ    ・今日は霜柱が下りていたんだ。吐く息も白かった。水たまりも凍っていた。            .│
│         昔こんな日に足を滑らせてねえ、尻もちをついてすごく痛かったんだ。               .│
│          自転車に乗っていてこけそうになったこともあったかな。                      │
│          なるべくゆっくり歩いたらすべらないんだけどさ。ついつい急いじゃって転ぶんだよね。     .│
│                                                                  │
└─────────────────────────────────────────────┘

.


630 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:07:54 ID:yg7EH6hU


         ____
       /     \
.    /       \
.  / /) ノ '  ヽ、 \
  | / .イ '=・=  =・= u|
    /,'才.ミ) (__人__) /
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \
 /\ ヽ          ヽ

美筆やる夫
「抽象度が高すぎる説明は具体的になに言いたいんだかわからんお。

といって抽象度低すぎの説明は冗長すぎて主旨がわかりづらいお」


631 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:08:23 ID:yg7EH6hU


  / /  /       /   /   ヘ    ヘ
. / /   l       l   l l`゙ ''"´ |    |
/ イ   |       |  | |      |l   |
| /|   |       l|   | |     | |   ハ
|/ |    |  l    大ト、L,斗'__ヽ、,,LL,,,,,斗|
l  |____|  l    | |  「リ三三三 ノノ´  ノ |
    | ヽ--'r──'  ̄` 三三三三  ̄ ̄ └
    |     | ========三三三三=======
    l|    |       三三三三三
   l |    |       三三三三三
   | |.   /        三三三
   | |   l   U
    | |   \        ,..-‐''ヽ
    | |    |` ' - 、 _   弋____,ノ    __,..,/
    | |    |   /  ` ニ=ー=ニ´  /

朝倉涼子
「割とこういう説明の仕方をされることもありますけどね。

少なくとも業務報告で抽象度が高すぎる、
あるいは低すぎる言い方をしたら怒られるでしょうね」


632 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:08:37 ID:yg7EH6hU


           _-─―─- 、._
         ,-"´          \
        /              ヽ
         /       _/::::::\_ヽ
       |         ::::::::::::::  ヽ
        l  u    ( ●)::::::::::( ●)
       ` 、        (__人_)  /
         `ー,、_         /
         /  `''ー─‐─''"´\

美筆やる夫
「あー。

そういや昔、起こったことをそのまま伝える
抽象度低すぎな説明をして、
『報告に来るなら要旨をまとめてから来い!』なんて怒られたことあるお」


633 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:09:05 ID:yg7EH6hU


         `ー、- 、 、
           ,. >‐.: : :`: :「`:''': :-. 、       。
       , -'". : : : : : : : /:,.|: : : : : : : :\  ○
      /-ァ' ,  . /. . // l.:!、: . : . : :.ヽヽ       o
         /. ./: : : 厶、_//   !l `v--:、: :.ヘ:.Y´ ̄`ヽ
      /. :./: : : /: : / !′  l.l ∨: ヘ: : : :.i:.!`ヽ   |
.       ,':.; イ: : : ,': :./_|   !|  _V__i : : l.:l:|  ゙ ,!
      i:/ |:i.: : i: :ヌ`゙゙ト    ィ''Tヾ刀: : |、|   Y
       {' r:|ハ: :.l∧Υリ |     Υリ | ヘ}、:.|ノ}    ノ
       ヽ|∧.:|'^l ヾ-'' //// ヾン  ',ヘ:|: |、_,/|
           |: :ヘト人    r-┐     ,_,ノ'.:! |: : i:|    /〉
        l: :/: :.l:,r≧;,,,、` '′ _,. イ|!: : : :,! |: : :l|   /ノ)
          l:./: : ,!'//ニ''-‐`=</_  l//: : :i|: |: : :.l!  ,ノ /
.        l/: :/,,''/      ∨ユ、〃: :_/」-!-、;l、ベ、 ,レ^!
       /: :.//      _ _,. . -=' "´      ゙i ヽヽ∨/
        /: :,/イ     '' '"´               ヽ ゙!.゙!.|′
.       /: :/::::::l                    L!-''
     /: /:::::::::::l     >,、、_        ...:::_,ノ
     /: : :7'r:.、::,!  ,. :''" / Vヾ!>,、___,,. . r:'':"|:|
     /: : :/:.|: : /        ゙ヽ、j |/'ム|: : l   !: : :|:|

柊かがみ
「あー、まあ、ありがちよね。

ただ、抽象度が低いほうがきめ細やかな情報を伝えられるのも確かなのよ。

なので詳しく情報を伝えたいなら、
それこそ一部を実体レベルまで抽象度を低くして説明する必要もでてくるわ」


634 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:09:25 ID:yg7EH6hU

      ____
    /ヽ  /\
   /(●) (●)丶
  /::⌒(__人__)⌒:::uヽ
  l    |r┬-|     l
  \   `ー'´   /
  /         ヽ
  し、       ト、ノ
    |   _    l
    !___/´ ヽ___l

美筆やる夫
「ん? でもそれだと要旨がわかりづらくなるお?

 どうするんだお?」


635 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:09:45 ID:yg7EH6hU


                       _
               __r 7-<´
                 /     イ、   \       /ノ
           ,.--f--ァ , -// | ゝト ヽト _,、, イ っ)
             {:::::ハ:::/  /ィ/   ィ,ヤ、 ∨  i || Y`´
           ∨l 7イ / _,  ヒソ|ハトヘ  _Y ´
            / 〉, ∨, 二´  , ノ´   /
             / / ヽニァ─、`ヶイ| / /
         /  { <_/    \ヽ !ノ \
         !   | /   _,〈リV jハ  \
          / |  |ヽ   イ、 / }、! \  \
.          / /|  l  \/彡〉ー彳ノj  \ ヽ\
        |/ |  |    `>イソ ̄ |/!    \ |\\
        |   \ \ // i i   ! i L__      l }  \!
              \ Y_/__|  ! |=Y     リ   |
             7ー三|=|ミK´ \
             /  / リ ̄   〉 /
               /_/        /ー/
               / /      / /
           / /        ノ、/
          ハ-イ       ヽ_夂
          ー‐'          ー'

柊かがみ
「簡単よ。

先に抽象度の高い概念を使って説明し、
そこからに具体的な内容へと下ろしていくの。

それなら要旨(これが抽象度の高い概念ね)もわかるし
細かい内容も伝わるでしょ?」


636 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:10:04 ID:yg7EH6hU


┌──────────────────────┐
│                                │
│~ 例 ~                           .│
│                                │
│今朝は寒いから事故に気をつけてね。         .│
│                                │
│凍った道路で足を滑らせるかもしれないから、    .│
│ゆっくり歩くようにしたほうがいいよ。           .│
│                                │
└──────────────────────┘

.


637 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:10:57 ID:yg7EH6hU

                             ___
                       , -‐. :': : : : : : : :` 丶、
                      f : : `丶'. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
                      |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : 丶、: : :.l lヽ
               /: |: : : |: : : : : : : : : : : : : :>  ̄ ヽ‐「 ̄`丶、
                  く: :/ |: : :∧、_: :ヽ: : : : : :、 く      ,_」     \
                マ: : |: : :|: :|ヽ`ヽヽ: : : : :.\\   /: :|丶、  /
                 |: :λ: :|: : | ヽ: : :ヽ: : : : : :.ヽ \/: : |: :| | :\ /
                    |: :.ハ: :ト: :〉三气 :ヽ: : : : : : :| :ト: :ヽ: |: :.|:| :|: `l
              .| :∧ :ヽ|:.ヽ ",_) 7: :ヽ: : : : : :| :| :|\/: : |j: :|: : |
                   | / ',: : : : :} }|  \|l: : : : : |:/: | ./: : : |: : |: : |
              レ   ',: : : :j {.リ   `| |\: : |^l: レ: : : : :|:/ |: : |
                     Vヘ ノ `     リ  ゝ、j く/: : : : :/|: :|: : |
                       ヽ、 -ァ   _| 「 ノク: : : : /| |: :|: : |
                      ` `r-‐.イ_/   ノ: : :_/ | |: :|: : |
                          _  | 「 ̄ \ // ̄ ヽ い.: : : :|
                        ┌'‐、ヽ-j/     `く     丶い: : : |
                      7 丶 |' ‐-     /       'ぃ: : : |
                       'イ,、r    `丶、/        }: : :.弋
                         V       /         |ヽ: : :\

柊かがみ
「また、表現するときだけではなく、物事を理解したとする認識も、
実際に必要とされる抽象度とあっているかは要チェックよ」


638 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:11:35 ID:yg7EH6hU


           ヽ、
           ,.j`ヽ.-;‐::‐:-:-.、.__
      -‐=ニ": : : ;|:`:ヽ; : : : : : :.:`:ヽ、
       ,ィ´: : : : ;ィ|: : ::、: : :ヽ、:: : : : : :ヽ、
      /;/:,ィ: :.;/||:.: : :;ハ;: :: ::ヽ、;: : : : : :ハ
      /.;/: ::/: :;斗、|∨: .:| ヽ、;__:: ::i: :: ::ヽ;: :}
    /|/|: :;/: :/ |リ ! ∨:.:|  ヽ;.:`: :i: :.:ト;:|::λ、
    ヽ、|;ク: :,イ マテz  ∨:.| __ ∨; ::|、: :| リ:,fヽヽ、
       |;/: ::} 込リ  ヽ| 行テヤ∨、:;/: :{, __〉 _〉
       i: : :{    ,    込;リ ,,_ソ∨:;: .;{_,メ_,r'´
       |: : :iヽ、  ー‐   ,/ |: : :;ハ; : : :|
       |: : :|  `>ォ-‐π´、_  j: ::/  j;: : :|
       j: : :|,.ィ´  |ー、 ,.-/ `/: :/.、  }: : :|
       λ::ィミミヽ、. |ー-/  ,/: :/彡ミ:、 j: : :|
       j: :j:;| /{ `㍉|/,ィ彡"メ::/j" `ヽ} ト、: :|
       |: :i:| i `ー=ャ≦´__,/: :/./   j |:λ:|
       |::|:.:|λ  /´jiヾ  /: :/,/   ,/ |::| i:|
        j:.:|:.:| λ/  ||  ,ィ: ://'"´  /  |::| |:|
       |:.:|:.:|  ヽ、 |:|  リメノ    /   |::| |:|
   r'´~ヽ、|:ji:|::{   V、 \ /  ノ  /j    |::| |:|
   `ヽ、  |:|l:|レ'    }  ,/,ノ´  / ハ   |::| |:|

柊かがみ
「まず、理解している概念の抽象度が高すぎると、
実際に用いる際に肝心なことが抜け落ちていたりするわ」


639 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:11:58 ID:yg7EH6hU


┌─────────────────────────────────────────────────┐
│                                                                       .│
│~ 勘違いの例 ~                                                            .│
│                                                                       .│
│                                                                       .│
│前提1・抽象度の高い概念:「犬は骨を食べることができる」                                   ..│
│前提2・フライドチキンの食べ残しの骨も、骨ではある                                       .│
│前提3・うちの愛犬のチョビは犬である                                                 .│
│                                                                       .│
│        ↓                                                             ...│
│                                                                       .│
│結論・フライドチキンの食べ残しの骨をチョビにあげても大丈夫である。                            ..│
│                                                                       .│
│*実際には間違っている。フライドチキンに使われる鶏の骨は噛み砕いた時に破片が鋭利な形状を取りやすく、     │
│けがの元となるため、与えないようにすべきものである。                                      │
│                                                                       .│
└─────────────────────────────────────────────────┘

.


640 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:12:11 ID:yg7EH6hU

::::::::::::::::::::::::::::::::::::                         :::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::                         ::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::                         :::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::                          ::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::                 _,.-‐──-.、_     :::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::                /,'   、_.,'  \     :::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::                / /‐   /__. |_ ,' `ヽ、  :::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::            ,ィ{ 〉‐..... < , 'ヽ_〉   ∧  ::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::             / Y::{:::::;/,:|_/: /| :i ,/:| ,|   ::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::         r'´ ̄ ̄ ̄//{ |γ∨ | /|/i:::|/   :::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::          /|___,,// ̄ハヽ、  |/,' |:/     :::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::         // , ' //     ∧}ゝ-'´  '"     :::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::      // , ' //    ,. ':/ ∧               :::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::    ./'"´ , '  〈/〈    / ,∧  ∧              ::::::::::::::
::::::::::::::::::::::   /   , '    ∨  /  /| ∨ ∧             ::::::::::::
:::::::::::::::::::::  ..lー-,、, '__        /ヽ.>/:::|: : :∨ ∧: : : : : : : .. . ....  :::::::::::
:::::::::::::::::::  .,.. |::/:::/::i:::\___,/   /==t   ∨_;ヘ        `.:、:::::
::::::::::::::::::,: '  {´`Y´`下 ̄Y  \   ,/  ̄    `==='´         ,:::::::
::::::::::::::::',  〈_人_,,/_ノ-┴--‐'" ̄                   ,..::':::::::::
::::::::::::::::::`:..、                             ,...:::´:::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

柊かがみ
「といって、理解している概念の抽象度が低すぎると応用が利かなさすぎるわ」


641 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:12:30 ID:yg7EH6hU


┌──────────────────────────────────┐
│                                                  │
│~ 理解してる概念の抽象度低すぎの例 ~                      .....│
│                                                  │
│                                                  │
│・『コーヒーミルク』はスジャータの製品のことだと理解している。           ..│
│                                                  │
│            ↓                                    │
│                                                  │
│・『コーヒーミルク』を買ってくるよう頼まれる                      ......│
│                                                  │
│            ↓                                    │
│                                                  │
│・店には『コーヒーミルク』はあるがスジャータの製品はなかった           ..│
│                                                  │
│            ↓                                    │
│                                                  │
│・けっきょく『コーヒーミルク』を買わずに、「売っていませんでした」と報告する    .│
│                                                  │
└──────────────────────────────────┘

.


642 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:12:57 ID:yg7EH6hU

        ,.-,=ニ_´,.-'´`ヽ,-'ヽ、_,..、
     ,-´/   `           ヽ
    / /     /   ,、  ,、 l    ヽ
   /  /  /  /   / `´ l  l   ハ
  l   /   |  |   |_,    リ  |    |
  |__/   |   | '''''''T´   `メ、_ |    |
  〈、、 リ   └r‐'──'    '└-ハ__  _|
  〈 `ヾT¬' | ======    ==== | _ニ,」
  |`ヽ l´|   |           |´l |
.  |  ∧.|   |  γ'''¬‐-、    ', l|
  |  /   l   |  ',    ノ    ノ .l|
 | /   |    |'、‐-゙、.__, ィ、. -‐イ  l|
. | /    l    | `ヽ   ノ ハ  |   リ|
.|/   |   ヘ  l   `   , ', |  リ |
l'   |  |/ \ l        l ',l  ノ l|
'    |  /   /`       l  l'´   l|

朝倉涼子
「なお、理解している概念の抽象度が高すぎる場合は検証、
低すぎる場合は帰納による抽象化を行えば改善できます。

てっとり早く書籍等で追体験するのも良い手ですが、その場合
伝聞であると言う点には注意したほうがいいですね」


643 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:13:14 ID:yg7EH6hU


1.5 抽象的概念と実体の考え方の活用

.


644 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:13:29 ID:yg7EH6hU


)類推

.


645 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:13:46 ID:yg7EH6hU


          ,..-──v'⌒ヽ
       _/:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.厂`ー―ァ
.     /〈::::/:∨:.:.:.:/::.:.:.:/:./:ヽ:.:.:.:<
    〈::::::::Y::::/:.:.:.:.ナナメ|:/ヽ:.:}:.:ト:.\>
    ヽ:::/:::/:.:.:,ィ-|∠_ リ  |:ス:.:|:.:.:. |
      〉-r(|:.:./ `ト{:r「   イテチ:.:|:.ト:.:|
.     |:.:.:|:.|:/_  ´ ̄   ヒ!ノ∧|.:「リ
.     |:.:.:|:.:.:.:.:ト、   rァ   ノ:|:.リ
.      |:.:.:ト、:.:.:.K:}   r‐ rイ:l:.|:.:|
.      !:.:.:|__}:.:.:|::::\_,,>、:\:l.:|:.:|
     |:.:/ ヽ:.:.ヽ::::::ヽ |::::::}:/:/
      ∨   ヽ:.:.:l\:::ヽ|:::/|:./
    /   .|  ヽ::ヽ \ |∧l:.{   r‐rこつ
.   /   ヽ レく ヽ:.:ト-ィ r'>'⌒「 |_ ⌒⊃、
.    {    ト、::}、 ト:.|/  \  |  ヽ:::厂 ̄´
    \    \ |:.:|   ∧  }   ヽ-イ

柊かがみ
「さて、抽象的概念には、その概念に含まれるのであれば
おそらく持つであろう属性(『ジュース』なら、『甘い』とか)
があるわ。これを利用して」


646 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:14:02 ID:yg7EH6hU


┌───────────────────────────────────────────┐
│                                                              ..│
│~ 抽象的概念を利用した推論の例 ~                                       │
│                                                              ..│
│・ジュースは甘い                                                     │
│                                                              ..│
│・今手に取っている新発売のジュースはまだ飲んだことがないが、とにかくジュースではあるらしい     .│
│                                                              ..│
│・おそらくこの新発売のジュースは甘いだろう                                  ......│
│                                                              ..│
└───────────────────────────────────────────┘

.


647 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:14:18 ID:yg7EH6hU


       、 _
       \_ー、 _f ヽ, ‐───- 、
      _ ─`  l          、  `r< ̄:::/
    /         , 〉. 、       \__j:::::::\_|_
  ∠ -─ フ´   l ./|ヽ_ヘ\__\ 、\:::::::::::::::::\
     r'/ /  || ! ヘl  \_`ヽ \ヽ、::::::::::::/
     〉 /  -7l.! l  ヽ   \ ヽ ヽ、ヽ:::::::::人
     .' ,'  !  i l       __,rz ヽ} ヽl `::/  \
     l /:l  |  |  _,,z     ==" rへヘー!´ヽ, ‐,  \
     K__|  ヽ ハ彡"    _     __,イ` rヘ / /.    \
       l  /入!、!     く 冫   / ! !  l i' /っ、      \
.       ∨/ / .>、 _____ /l´ヽ、j/  f  { `l ヽ      \
.        ,' / / !  | /:::;j_ /:::::::/  A そ_,ヘ   \.    \
         l / /  |  イ:::::|´ `!:::::::/  //::ヽ/ ハ、_  \      \
        |/  ,   |,ハ:ヽ::::|  ,'::::::/  //:;;//'/ノ l   \.    \
       /  ,    !ヘ〉、ヽ:! .,':/// /. \// /   ヽ    \      \

柊かがみ
「ってな具合で推移律(三段論法)で推論するのに使えるわね。

類推って言われるみたいだけど」


648 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:14:38 ID:yg7EH6hU


         ____
       /⌒  ⌒\
      /( ●)  (●)\
    / ::::⌒(__人__)⌒:::: \
    |     |r┬-|     |
    \      `ー'´     /
      >         <
     ( |        / )
      `|       /'

美筆やる夫
「ほほう、なるほどだお。たしかに普段やってるお」


649 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:14:52 ID:yg7EH6hU


                  ____
                 /     \
       iニーヽ    /─  ─   \
      iニ_   ̄ ̄/(●)  (●)   \
        ⊂ノ ̄ ̄|  (__人__)  u   |
            ⊂ ヽ∩ `ー´    _/
              '、_ \       )
                \ \ / /|
                 |\ ヽ /  |

美筆やる夫
「……あれ? これ、穴がないかお。

たとえばさっきのジュースの概念だと、朝倉さんが飲んだことの
あるジュースしか含まないお。

ってことは、もし朝倉さんが酸っぱいジュース(レモネードとか)
しか飲んだことがなかったとしたら、
朝倉さんにとってのジュースは『酸っぱい飲み物』になるお。

属性の勘違いによる推論ミスがありえねーかお?」


650 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:15:18 ID:yg7EH6hU


┌───────────────────────┐
│                                  │
│~ 抽象的概念を利用した推論の失敗の例 ~     ..│
│                                  │
│・ジュースは酸っぱい                     .│
│                                  │
│・コーラはまだ飲んだことがないが、ジュースである    │
│                                  │
│・おそらくコーラも酸っぱいだろう              │
│                                  │
│                                  │
│(*間違った前提から間違った結論をだしている)   ..│
│                                  │
└───────────────────────┘

.


651 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:15:52 ID:yg7EH6hU


                   ヽ、
                 __\ヽr 、
                /: : ,: : : ̄: :|: :  ̄`  、
              /-‐7´: : : :/: イ!: l: :、: : : :、ヽ
                /. . /: :ィ_./ ! !、!、:ヘ. . . Y\_
                  / !: /: 7 l/ | ヽ|`ヾ-!: : l: i:::::〉`┐
                  /〈!:.:l: イコヤ!   卞弌ヶ: :ト |::人:::::l
               /イ ハ.:レi 辷ソ ,   せシ l: :l:.ト!':|!iヽノ
                 / l:/`l    _       r!/Y:::::|!:|
                  `ーi: ,'::\_   ` _ ..イー':〈_」!_」
                    |l:!: : l/!イj ̄/ハ// : /:::::::|
               |l:!: : l「l l::〉'/  ,/: :./||:::::::|
                    lll:: :〃l. ∨ /! : .i ヽ!::::::|
               |l: :./ l / / .,' : :,'  l:::l:|
                |!: :.!   y /  ,': : ,'  / !::|:|
                  |': : }_/ ,'  i /i. / l:::|:|
              /|: : l::::::::{ ̄i ̄`!:,'::! /  !::|:|

柊かがみ
「その通り。失敗がありえるわよ。それ以外に、上位概念の属性と相反する
属性を持ってる下位概念を類推した場合も失敗するわね。

残念ながら、類推は間違いなく事実を手に入れられる、
なんて便利なものではないわ」


652 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:16:08 ID:yg7EH6hU


      _,. -ー‐-_- 、 _
   , '´ /`'‐-'´ ヽ,'´ `ヽ-‐ヽ
  /  /  /   /  , ,    ,ハ
  /   /   /  l ト、,-l |  l  l ハ
  | __,.|   |   l |  | l  |   | |
 彡ニ|   l|ト.、__|__|  _L斗 |   | |
 {   ハ__|_______,´   _____,゙T‐  l |
 l‐- r'|  | TiiTT   ` ̄├‐「´´
 |  'ヘl  | |ll| l       l |
. l ,  |  |U  ,...___     ノ |
.| ,'  |  「ヽ -`ニ´,-r‐T´.  |
| ,'   |  |  `  ´ , ', |   |

朝倉涼子
「それが帰納法の問題や統計学といった話に繋がっていくわけですが……
話題を広げすぎると収集つかなくなりますから今回は説明しません。

予定には入っていますので、後の回を乞うご期待ということでお願いします」


653 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:16:34 ID:yg7EH6hU


           \ヽ-lヽ―- 、
         ,..-‐ ̄: :. :|: :. :. :. :∧
          /:. :. :/: :i :∧:ト: :. :. 廴)ヘ
        //7: :/:,.._|/ |:|>-‐|: : :|ヽ.ヽ
          |: :,イ ∠L  ヽL--ァ: |: :| \
           | / |:イセf    !='ハ: :j、 |イ/
          VヘV:|  __  〉/ノ | :|
          ∨ゝ、 !‐ ‐┘/ソ: : j: :|
           |: : /`7   } /: : /:. :|
           |: :/  |ミ-彳/: :./ヽ :|
           | :j \. |丶イ: : :/  l|
               レ' l  L_/:. :/...  ||
              |ヽ__| |-/,|: : /┬‐〒|
               |: | | | ゝイ :/ |  :| |
              |:.| j | | | |:/  |  :| |
               |:.| 「 .Lハハ|'  l  :l |

柊かがみ
「でも完璧ではににせよ、類推ってとても使える手法だからね? 

『証明せずとも、ある程度見当をつけられる』ってのは物凄く有利なことよ。

証明のためのコストをかけずに、ある程度正解に近い(であろう)
答えを得られるんだから」


654 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:17:02 ID:yg7EH6hU
訂正orz

           \ヽ-lヽ―- 、
         ,..-‐ ̄: :. :|: :. :. :. :∧
          /:. :. :/: :i :∧:ト: :. :. 廴)ヘ
        //7: :/:,.._|/ |:|>-‐|: : :|ヽ.ヽ
          |: :,イ ∠L  ヽL--ァ: |: :| \
           | / |:イセf    !='ハ: :j、 |イ/
          VヘV:|  __  〉/ノ | :|
          ∨ゝ、 !‐ ‐┘/ソ: : j: :|
           |: : /`7   } /: : /:. :|
           |: :/  |ミ-彳/: :./ヽ :|
           | :j \. |丶イ: : :/  l|
               レ' l  L_/:. :/...  ||
              |ヽ__| |-/,|: : /┬‐〒|
               |: | | | ゝイ :/ |  :| |
              |:.| j | | | |:/  |  :| |
               |:.| 「 .Lハハ|'  l  :l |

柊かがみ
「でも完璧ではないにせよ、類推ってとても使える手法だからね? 

『証明せずとも、ある程度見当をつけられる』ってのは物凄く有利なことよ。

証明のためのコストをかけずに、ある程度正解に近い(であろう)
答えを得られるんだから」


655 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:17:18 ID:yg7EH6hU


       ____
     /_ノ   ヽ_\
   /( ●)( ●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
  |     (  (      |
  \     `ー'      /
美筆やる夫
「あてすっぽうで判断するよりは、類推である程度
目安をつけて判断するほうがマシってことかお?」

.


656 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:19:57 ID:yg7EH6hU




                   _______
             _/:ヽ-‐':´: :: : : : : : : : ::`ヽ、
        -‐=ニ´: ::/:.:、: : : : : : ::、: : : : : : : : : : :ヘ、
          /: ::;イ:|: ::λ: : :i: : : :|:: ::/;;;`};;};`;ヽ::ハ
        /: ://: :j : :| ヘ‐、:|: : : :|::/;;;;;;;;;;/: : ~:|;;;〉:j
         l/ / ::::|: : :| ∨::|、: : :|::ヽ、;;;/: :: : : :|: ::リ
           j: ::::ヽ:: :| ___ヽ{ヘ: : :ト: : :|: : :::: : : :|::/
            |/ヘ:::',ヽ{ ャ;チヤ ヽ;: ::|ヘ: :|: : : : : : :|'
           ヽ::〉  |j:;ソ,  V::.{´ヽ{: : ::|:: : :|i
            〈   ゛    ∨_ノ: : :/:::|::: : |:|
               \-'      /: : ::/:::::j::: : :|::|
               ` ‐-‐ァャ/: : ::/::::;人:::: :|:.:|
                   /:::/: : :ノ,ィ´ ヽヘ:: |: :|
                     r'-/: ::;f´r===、  |::|: :|
                 i 〈: :;ノ〉´ ̄゛\ヽ |::!: :|
                  / /V /     | i |:: : :|

柊かがみ
「そそ。

証明手段はない。

でも答えは出さないといけない。

そういう時は、類推によって少しでも正解に
近付く努力をしたほうがいいでしょ。

客観的世界って容赦ないから、妄信や願望を基準に
考えない方が身のためよ。
私らがどれだけ信じてようと願ってようと、それが外れていたら
一切情けをかけずに現実を見せつけに来てくれるわ。
しかも私たちは、自分の身に起こったことはすべて
自分が背負わなければならない」


657 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:20:33 ID:yg7EH6hU


     _,,...,_
  /_~,,..::: ~"'ヽ
 (,,"ヾ  ii /^',) My name is "only tengu"
    :i    i"
    |(,,゚Д゚)
    |(ノ  |)
    |    |
    ヽ _ノ
     U"U


柊かがみ
「なんか変な話に行っちゃったわね。話を戻すわ。

たとえば山に行って正体不明のキノコを採集したとするじゃない? 

このキノコを食べるかどうか考えた時、次の二つの理屈が浮かんだとしたら、どうする?」


658 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:20:59 ID:yg7EH6hU


┌─────────────────────────────────────┐
│                                                     ...│
│~ 究極の(?)選択 ~                                       ...│
│                                                     ...│
│食べるための理屈  : 食べてみないとわからない! お腹がすいてるし食べる。   .....│
│                                                     ...│
│食べないための理屈 : 前に食中毒で死にそうになった毒キノコとよく似てるから、    .│
│                たぶん同じ種類な気がする。                   .....│
│                お腹がすいてるけどやめとく。                   ...│
│                                                     ...│
└─────────────────────────────────────┘

.


659 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:22:25 ID:yg7EH6hU

                           . へ
            /⌒`v-─ ¨ ̄ ̄ ̄  ‐-v'     \
      _____|_ .>ヘ            |      }  . -‐┐
      ` ─ァ     \               {. /   |
         /        l. \  \      !    V
.        / / |  ||\.\  \  , /    ヘ「}-1  |
       / l |  |! l   \ \-─く  \___ノ「ヽ.   /
.      / /| ハ.  ‐|-‐!'   \|\__\__ | |  l |__/
          / :! | |   || V__    =キ¨厂丁メ、 |、 l  | !
        l /  | ! |   リく丁`}.     ∨、__..| |∧ | }   l |
        /  ヘ | .   |} 弋ソ     `ー ' ' j/// .′!
           ヽ |\ハ、 """      """/` 7´/ / |
            |  |` t-  ≦` ´ |__. / / /   |
             |    !、  \. イノ  // / /|.  |
             |    | > ´ ∠、 //   /、|    |
             |.   ,!´   /  / /イ   /____\ |
             l  イj_   / / _  |  / . -‐ 丁  !
             |/ /  \.{/ /  }´|. /´      l   |
             / /   ヘ/7´1   / j/      l.  |
            ヘ〈    _.ゝ{`    }  /         〉 !

柊かがみ
「なお『食べてみないとわからない』派の言う通り、
その採れたキノコが毒キノコか食用キノコかは、
食べてみて初めて判明するわ」


660 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:22:42 ID:yg7EH6hU

          ____
        /_ノ  ヽ\
      / ( ●) (●)、
    /::::::::⌒(__人__)⌒\
    |      |r┬-|    |
    \       `ー'´  /
⊂⌒ヽ 〉        <´/⌒つ
  \ ヽ  /         ヽ /
   \_,,ノ      |、_ノ

美筆やる夫
「……やる夫ならやめとくお。

わざわざ毒キノコっぽいキノコを食べるなんてリスキーすぎだお」


661 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:22:53 ID:yg7EH6hU

           __
       / ̄.:.:.:.:、,,,、.: ̄.:.:‐、
      /.:.:.:.:.:.:.:.:.:/   ヽ.:.:.:.:.:.:>
     /.:.:/.:.:/''∨''   ''ヽ.:.:.:.:ゝ
     i.:.:_.:.:.:.:l ●   ●ヽ、.:l
    ノ;:;:∪ !         ヽl
   ノ;:;:;:;:/.:.:L __     __ ノl
   /;:;:;:;:/.:.:.:/   / ̄ >.:.:.:.:.:.:.:.:l
  /;:;:;:;:;:/.:.:/ 、  '  / l.:.:.:.:.:.:.:l
 ヽ;:;:;:;:;:l.:.:/   \/ l l.:.:.:.:.:.:.:l
  ∨  フ\     入ノ 、.:.:ノ
     く.:/.:.:/`┬┌´ l
     / >.:.:、/_l.:.:.:ノ
     ( ノ   l /

朝倉涼子
「食べてみたら美味しいかもしれないし、捨てるのももったいないですよ? 

食べたら死ぬかもしれませんけど」


662 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:23:05 ID:yg7EH6hU


      / ̄ ̄ ̄\
    / -―、  ―-\
   / ィてフ> i iィてフ> \ 
   |    (__人__)    | 
   \      ^     /
   /             \

美筆やる夫
「そんなもん試したくねーお」


663 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:26:59 ID:yg7EH6hU


                           _,ノ:7
               _,.-‐─-ィ'ト-‐─-‐':.:<´
             ,ィ'´: : : : : : : : |: : : : :: : : : : ` ̄:`‐-、
            / : /: : : : : :j:: : |ト、: : :i: . . . . . . . .ヘ ̄`
          /:ヽ、r',: :/: :/: : : /|:: : | | }: :|: : : : : : :: : : ハ
       /::rー-|: :/: : :|::;-‐'´|:: .:j |  |: :|`‐-: : : i:: : : :ハ
       /:::j:::::∧/::|: : |::/  |: :/ |   |::j ∨: : : |:: : : |::|
        /::::|::::/::/::/|: ::j/ __j:/ |   |/___ ∨: : :|:: : : |:j
        \:|::〈::::|:/::|: :/ヤ〒行`     オテヤハ:: ;小、:: :j/
         |::::::\_(|;/ `、ヒィzj      {んソ,λ/::i::| ∨
          |:::: ::|:: :| `ーヘ   ̄       、  ̄ j::::::::i::|
       |:: : : |: ::|    ヽ、    、‐-,   ,イ:i::::::|::|
       |:: : : |: ::|       ` ー-_ァ`ニ-‐"´ |::|:::: |::|
       |: : : :|: ::|       ,r'~ ,ィj  {、`ヽ、|:::|: : |::|
       |: : : :|: : |   r' ̄  `ヽ、 }  |: :|: : |::|
       |: : : :!: : |   j´`ヽ、. \\|ー‐j   ,|: :|: ::}::|
       |: : : : : : | ノ    {`ヽ、\| /  /|: :|: :|:λ  ,ノ^ァ‐、__ノ´)
  ⊂ニ´ ̄ Y^ヽ: : : |/"    ヽ、. \|./ /,/|: :|: |`ヽr'"   { {{´ <_
   ノ γノ 丿 `ヽy       `ー-,"、ー'´ :|: ::|::j  〈    ゝy、~゛ 、、`>
  <ノノノアー<    `゛   ,/    / i `ヽ、|: :j:/:、    /   ̄`‐'´
    `~`´   |`ー-、      /〉、  /  j \ |;ノ: : :| \_,/
         |: |: :|::|ヽ_,,/ / ゛  j__,.ノ  \ _〉: :|
        |: |: :|::|     〈__________|:.: :|
        レ'|: :|::|     / .j  |  |  |  i {:: : :j
           |: |リ    / /  |  |  |  | λ: :/

柊かがみ
「ま、そうよね。まさにそこなのよ。

検証できるならば、真偽ははっきりつく。

でも検証には多かれ少なかれコストがかかり、それが
検証によって得られる真実の価値に見合わないことも多い。

検証不可能なこともある。

いつでもどこでも『とりあえず試してみる』なんてことはできないわ」


664 :名無しのやる夫だお:2010/04/28(水) 23:28:37 ID:UX3GDv5E
ふぐとか「とりあえず試してみる」で正解にたどり着いた食品ってのもままあるが
自分が試す側になるのはごめんこうむるわなw


665 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:29:09 ID:yg7EH6hU


                                   _
                             __   ノ:;|
                    __,〟-::─:-、/:::/-‐"::∠_
                  ,ィ´:: :: :: :: :: :: :: :: ::/::: :: :: :: :: ::`ヽ、
              _r-t/:.::/: : :./ :: :: :: :/::::: ヽ、::. :: :: :: :: :\
            ,r'";;;ノ;λ;/: : ::/:: ::, :: :: :/|ヽ;: :: ::ハ: : : : :ヽ、_:: :\
           /;;;;;;;/;;;;;;γ:: : :/:: ::/|::. ::/ | ∨:: :.:|:: :: : : : :\\::|
          ヽ、;;;;;/;;;;;;;/:: :: ::/:: :/  |: ::/   |  ∨:: :|:: :: :: :: :: ::ヘ `
            `/;;;;;;;;/:: :: :::j:: :/ \.|::/   |   Χ::j::: :: :: :: :: ::.∧
              \;;;;|:: :;/::::|:/  __、|/ヽ  ! /__|;/^V:: :::i:: :: ; :∧
             |:::i:j:.:/|:: ::|;;ヤテァォヾ     ,ァチ:マ7 ハ:: :: :|:: :::ト、::ヘ
             j:: i:|/::|:: :j' ヒz7:;リ       ヒz:;7リ, ハ::|:: : |:: :/ ヽ::|
               |:: :|:: :::|:::;イ `-‐~    、  `‐-~' λ:::|: :/::./    `
                |:: ::|: :::|/V、            〈ソ::.:|/:|::/
               |:: :::|:: ::`:l‐':ヽ、    '⌒     ノ:: :: メ:::´::|
                |:: :.::|:: ::.::|: ::| `>‐-ァ-‐tπ爪::/:: ::/:: :: ::.:|
                 |:: ::.::|:: :: :|: ::|ィ´ " ,.f:〉::: {:ァ /::/:: :/、::_;γ´`}     __
  _ _,r--──-‐" ̄ ̄"|:: ::.:|:::|     |   / j:/::.::ソ '´ /  / `ヽ/ ノ
 ̄"  ̄            |:: ::.:|::|\   |-‐-/ ./:.: ::/   /  /  / /
           :::::\   |:: :: :;リ\\ |  /  ノ:::/   /´  `~´ ,イ_〉____
、           _::;;_ヽ、. |:: :: :| \\ヽ| .///:::/ ___,,ノ       ___,,ノ
__ヽ__,、,-‐─ー-‐´ |::i:: ::::|ヽ|:: : :|  \ヽ|///:/´(,__,, `       {
              |::.|:: ::::| j |:: ::|:ヽ、. ヽ_/ j::jノ λ {{{`ー-‐⌒ヽ,__`ヽ、
            |::.|:: :::| | .|:: :|   `>  <|::|   ヽヾミ≧三三彡'"`‐‐'

柊かがみ
「だから類推を使うわけ。
もちろん100%正解になる保証は無いけど、
根拠がまったくない状態で判断するよりはよほどマシよ」


666 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:29:37 ID:yg7EH6hU


)具体化(ブレークダウン)

.


667 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:30:18 ID:yg7EH6hU


         _>ー-  -―∧ー- _
      , <´ : : : : : : : : : : : :|: : : : : : : :` - 、
    /  _/     : : : : :|: : :.: : : : : : : : : :\
   /:_: <:〃    /: : : /: : .:|: ∧:.:.: : : : : : : : : : ヽ
  /イ:;:;:;://: : : : : :.:/: : : :イ: : / |:;|iハ:.:.:.:. : : : : ヽ:.:.:.:>>- _
 '  ヘ//: : : : : :;:;/: : : / |: :/  |:;|l  i:.:.:.:.: : : : : :l: : i:;:;:;:;l:;:;:;: ̄\
  /:;:/: : /: : :.:/!: :__/_|:/   |:| l  i_l: : : : : : l: :l:;:;:;:;!:;:;:;:;:;:;:;/
 <:;:;:;:/:. :/: : :.:.:i:.l: ´/  |,'`   |! l '´\l`゙: : : i : l: :l:;:;:;:;:;i:;:;:;:;/
  \i: :/|: : : : :l:.:|: /   |!.    |  !   ヽ!: : :| : l: |:;:;:;:;:;:!:/
    |:/-|: : : : |/不示テミ、   ! ィ=≠=z\|: :ハ |:;:;:;:;:;:;|
    |i  |:. : : :|l-||! V{::::::|      ヘノ:::::::} ア'|i: i:;:;l:|t―f-´
    !  li: : : :f.{ !| i ゝイj      |iゞ-イソ ' |!'|゙i、:|!:l: : |
     |:.ヽ: : |:丶i ゞ-''"      ヾ''-"  う'´|j:.:.:.! : |
     |:.:.:.:ハ:|:.:.|/! '"'    '     '"'  ィ‐ナ":.:.:/:. : |
     |:.:.:.:.:|i|:.:.:! > 、   、    _ <___/:.:.:.:./|: : : |
     |:.:.:.:.:|!: : :∨' ̄ `> 、   ィ7:;:;:;:;:;//:.:.:.:/|:|:.:.:.:.:|
     |:.:.:.:.:.ト、: :/    _ィ--`}‐-/:;:;:;:;:ィf/:.:.: / ヘi:.:.:.:|
     |:.:.:.:.:|/ヽ/    /:;:`iー" /:;:;:;:;:;:/: : : :/   }:.:.:|
     |:.:.:.:.:! ∨   /:i:;:;:;:;l  /:;:;:;:;:;:;/: : : :/    l:.:.:|
     |:.:/ /    l: }ヽ:;:;:;l /:;:;:;//: : : :/     l:.:.:|
     {: {  /    lヽ \:∨:;/ /: : :/      }:.:.|
     |: :ヽ /     l i´ ̄`‐´ ゙̄/: :;/        }:|

柊かがみ
「さて、さっきの類推はある下位概念が持つであろう属性を
上位概念から推論していったわけだけど」


668 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:30:40 ID:yg7EH6hU


             /: : :/: : : : : : ::/: : : : : :;|:: :|:: : : : : : : 、:: : : :`ヽ、
           /: : ;ィ´: : : : : : : :.;': : : : i/'´|:: :ト、:: : : : :. . .ヽ... . . . .ヘ
          ノ;/〃. . ./ . . . . :|. . . :/|   |: :| ∨: : : :i.. . . \:: : : :ハ_
          '"  / . . ./. . : : -‐|‐:- / |   |:.:|  |-‐‐-:|:: : : : :.ヘ:: : : :}::`ヽ、
             /: : ::/: : : : : ::/'| :i/  |   |: |  ||: : ::|:: :i: : : : ヘ:: : :|:.: : :}
           j: : : :l': : : : : :/ | :l   |   l:.|  | |: : : l:: :|: : : : : ハ:: :|: : : :|
           | : : ::|: : : : ::/._| :|_、  |  j/   l |: : /、:.:l: : : :.、:. :|:.:|: : : :|
           |: : ::::|: : : :;ハマ弐テォ、       ,__|::/_ ∨: : : : :ト、:|:リ::.: : :|
               |: :::::::|: : :/`| ! V:t::j:|        ミ三彡 /、:\: : :|::.:/::i:.: : :|
             |: :::/'|: :/:ゝj ` `-‐"          /_ノ:::: :\:|:/:: :|:.: : :|
            |:::/ |:/: : ::::ヽ、      '     / /::::::: : : : /:: : :|: : : |
          /三三ニニ=‐-、__,.-‐=ニニ三三;lィ´ /:::::: : : : :/|:: : : |: : : |
          |   ` ̄ ̄`ーr-r‐'" ̄ ̄´    |.ト-:/:::::: : : / |: : : :|: : : |
              |           | !        |  /:::: : :/ ̄゛`ー-ュ:|_:: : |
           |        | :        |,,ノ:::: :/ ,r-‐─.==ニ ̄ ̄
           ,ノ|        | : /´)     |:::: :/   / r-;‐--.、
        /  |       /´) :| / ./ / ).   |:/    { :/    \

柊かがみ
「それ以外に、下位概念そのものを属性と上位概念との関連から組み立てる、
具体化なんて作業もあるわ」


669 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:31:05 ID:yg7EH6hU


             ∴∵∴∵∴
              ∴∵∴∵∴∵
           ∴∵∴∵∴∵∵∴∵∴∵      
       .∵∴∵∴∵∴∵∴∵
         ∴∵∴∵∴∵∴∵
        ∴∵∴∵∴∵∴∵∵
      ∴∵∴∵∴抽象的な上位概念∴∵∵∴∵
      ∴∴∵∴∵∴∵∵∴∵
   ∴∵∴∵∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴
  ∴∵∴∵∵∴∴∴∵∴∵∵∴
  ∴∵∴∵∵∴∵∴∵∴∵∴∵
    ∴∵∴∵∵∴∵∴∵∴∵∴∵
      ∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵
       ∴∵∴∵∴∵∴∵
     ∴∵       ∴∵∴∵


          ↓

          ━┓
          ┏┛
        .  ・
      なにかの下位概念


670 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:31:18 ID:yg7EH6hU

柊かがみ
「実体が判然としない状況で、概念だけがさきにある、なんて状況で求められる作業ね」


671 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:31:39 ID:yg7EH6hU


     ____    ━┓
   /      \   ┏┛
  /  \   ,_\.  ・
/    (●)゛ (●) \
|  ∪   (__人__)    |
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

美筆やる夫
「……どんな状況だお?」


672 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:32:46 ID:yg7EH6hU


                <´ ̄ ̄  ‐- __,,,
            /         `i  ¨> 、
           /         :i   !  ヽ ヽ \
           /   /   /  :|  /  ヽ ヽ ',丶丶、
        _,. <~ハ  /  :/   i  /  i  ',  i i\ `゙
       ヘ;:;:;:/;:;:;| ,' ー-/、  /j: /|  ∧ |  l: lヽ;:}
        t;/:;:;:;:;| i≧x、ン`゙ー// | 7''ーl‐l'"  l l;:;:;:》
        | \;:;:;| ,.| ミて ≧ミ/  !/,,.ィ杉i  /l l;:;:/
        |  T´( |/ ヾニシ     frシ/ / /: リ-'i
        |  ヘ  `t-ヘ :::::::  、  ::::u /_|/ /: ハ
        ,'    \ \ \, -、-‐  _ ィ /  ∧  ヘ
       /:i    } ヽ  ',/ <ヽ_i`i´| \/  /  ',   \
       //|   ,xf<ヽ/ ァ-、゙i::::/つ: :/  ,'>ー、ト    \
      // /   fi i: : :/トヽヽ,.-' イ V: / //  `ヘ\   ヽ
    /" /   i ', V`ヽ、`´,イ 'ヘ/:/ / / /    >`-、  ヘ
   /  / ,'  j _,ィ': : : : : :/ }  /:/ / / / ヽ r'" く彡 \  ハ
 /   / /  /V  `ヽ=-i l  /: { / / ̄/\ Y ,へ、ンKv ̄> ',
    / /   //i      } ljl[/: : i ,' /  /' ̄`l l ゙!ゝ》,.イ ̄ \ ヽ
   /  /   iシ j    ,.イ /i /: :〃! /   j    \`/┴'" ̄  j
  /  /   {      / |,': :|,': :〃/   /     /      / \
 /  /    ヽ    /  《 ヽ: : イ    イ    / i     / ',

柊かがみ
「んー、私は所長と次に何をやるかを話してるときに
よくそういうのにぶつかるんだけど……
そうねえ。

『今までにやったことないビビッとくること』を
やろうと決まった、なんてのはどう? 

これ、経験から具体的になにをすればいいのか決めるのはきついでしょ。
今までにやったことがない以上、当然に経験もないからね」


673 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:33:50 ID:yg7EH6hU



     / ̄ ̄ ̄\
   / ─    ─ \
  /  (●)  (●)  \
  |    (__人__) ノ( |
  \    ` ⌒´  ⌒/
   ( ヽ  ___ ././
   .\ \|  .,レ゛/
     .\旨 爻ン

美筆やる夫
「むっちゃ困るお。どないせいと、と言う感じだお」


674 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:35:23 ID:yg7EH6hU


【大まかな概念しかあってない例】
   / ̄ ̄\/´ ̄ ̄ ̄` ‐ 、
  / / ̄>           \    
 / /  / /  / │ l        ヽ
│/  / /  /   l 丶  〆    l
∪  凵 ││l  」へ」vヘノ \l  │
     │∨´ ヽ/    ( ゚ ) │ ││ セイバーです
     │ │(゚ ) │     │ ││ 
     │ │    ヽ     │ ││
     ││\   ι二つ  │ ││
      │││\      イ | ││
      │ 丿  「`―ー´ │| l ハ
      ∟」´ /卜、_  丿レ´\ ヽ



柊かがみ
「これまでに得た情報やそこから帰納して気付いた法則、
さらに法則から演繹した仮説を組み合わせることになるわ。

もっとも、それで生まれるのはあくまで想像上の産物と言っても
過言じゃない精度の低い(であろう)概念だから、
現実とすり合わせる作業が必要になるけどね。

大まかな概念しかあってない実体ってけっこう悲惨よ」


675 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:35:55 ID:yg7EH6hU


            ._,,,、-:------、,,,、
         ,,/″:::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'''-、
       ,/   ,,;;;;;;;.,,r´'"゚“゙“゙'''' ,_;;;;\
      ,r″;;;;;, ⌒::::::::::┐:::::::::::::::::::: \::::::゙':、
     ,/  ;.;;,./゙;;., |;;;;;;,;;;;;;|::::::::::::::::::::::::::::::ヽ;;;;;`、
    / ,,::,,,/ ;,,lll゙`    `'W'li,,,,::::::::::::::::::::ミ;;;::::::、
   /,,:::::::::::||  lll゙        |;;;;;;;;;;;;;::::::::::|::::::::: ヽ
   ,l゙,:::::::::::::lll  ll      ━━l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| :::::::::::::|
  .l゙,i;;;;;;;;;;;;;l゙l;;;;;;|━      /   l:::::::::.゙l::::::::::::::::|
 ,.、"゙゙゙゙'゙゙゙゙llll, _      ∠    |;::::::::::::|;;::::.,,;;;;;;|
 '、 \、 |::::l   ̄>      ¨ ̄   l;;:::::::::::::;||:::::::::::,,- 、
  \  ` |::::「 /´ __,,---ー¬   |.::::::::::;;;;|::::::/  i
   \ .|;:::l     l::::::::::::::::::::::::|    |;;;::;;;::::::l/   /
     `|;:::l,     l::::::::::::::::::::::|    │;::::::::::|   ,,/:::::|
     . l゙,:::::\_   │:::::::::::::::::ノ _、-‐゙}:::::::::::l'\/:::::::::::゙l、
     ,!,::::::::::::|  ̄'‐`r‐ーー‐'フア  |:::;;;;;;;;|  /i:::::::;;;;::::::゙l
     l;:::::::::::::l    /`'マ/='/゙‐'゜   l´::::;;;ノ  /:::::::::::::,;::::::::゙l、
    .|;:::::::;;;;;;!  /           ¨¨'   ノ:::::::::::::::::::,;;::::::::ヽ

朝倉涼子
「でも新しいことを始めるときって多分こういう過程をたどると思います。

メタ発言になりますが、この『【論理学】やる夫が論理的な考え方を学ぶようです』も
こんな感じで決めたんですよー」


676 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:36:28 ID:yg7EH6hU


┌─────────────────────────────┐
│                                           .│
│例:このスレの内容が決まるまで                       │
│                                           .│
│抽象度                                     ...│
│高     ・考え抜こうとしている人の役に立つ何か          ....│
│                                           .│
│      ・思考のヒントになる何か                     │
│                                           .│
│      ・論理学とその周辺分野                    .....│
│                                           .│
│低     ・『【論理学】やる夫が論理的な考え方を学ぶようです』    .│
│                                           .│
└─────────────────────────────┘

.


677 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:36:42 ID:yg7EH6hU


                   ヽ、
                 __\ヽr 、
                /: : ,: : : ̄: :|: :  ̄`  、
              /-‐7´: : : :/: イ!: l: :、: : : :、ヽ
                /. . /: :ィ_./ ! !、!、:ヘ. . . Y\_
                  / !: /: 7 l/ | ヽ|`ヾ-!: : l: i:::::〉`┐
                  /〈!:.:l: イコヤ!   卞弌ヶ: :ト |::人:::::l
               /イ ハ.:レi 辷ソ ,   せシ l: :l:.ト!':|!iヽノ
                 / l:/`l    _       r!/Y:::::|!:|
                  `ーi: ,'::\_   ` _ ..イー':〈_」!_」
                    |l:!: : l/!イj ̄/ハ// : /:::::::|
               |l:!: : l「l l::〉'/  ,/: :./||:::::::|
                    lll:: :〃l. ∨ /! : .i ヽ!::::::|
               |l: :./ l / / .,' : :,'  l:::l:|
                |!: :.!   y /  ,': : ,'  / !::|:|
                  |': : }_/ ,'  i /i. / l:::|:|
              /|: : l::::::::{ ̄i ̄`!:,'::! /  !::|:|

柊かがみ
「このブレークダウンの手法はもっと突っ込んで考えたいけど、
まだ説明してない概念を使うから現段階で解説するのは適切ではないわ。

宿題ってことにしときましょう」


678 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:37:03 ID:yg7EH6hU



◆◇◆◇◆◇ 抽象的概念と実体の目標設定への応用 ◇◆◇◆◇◆


.


679 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:37:37 ID:yg7EH6hU

                 )\ __/\_ j、
             -‐ ¨ ̄ ̄  {    (0)、
          ∠.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:入:.\.:.:.:.:.:.:.:\ _
           f フ:::::::::::::/⌒ト、/  ヽ::'⌒:::::::::::::::ヾ__ \
          く//::::/:::://_|:/   \l_ \:::ヽ::::::∨\/
           ∨:::/::::::レマ7たト    イたi「ア\l: |∨ /
           /<|:::: ハ 弋rソ/////弋rソ 厶 :::|、_,イ
            7:::: |::/(_:}! ///, -‐一ヘ/// _人/::::::::|
           |::::: l´:::::八  {      }  /:::::j:|::::::::::|
           |::::|三三三三ニ==v=ニ三三三三| ::::|
           |::: | (\('д`)∀`*)|| / ̄\     | ::::|
           |:::::|ロ兄ゝ_j_。イ /ヽ ||l/    \  |::::::|
           | ::::|糸専l〒リ.//^)斗っ-、   / _,| :::::|
           |:::::::|  /と ノ人   '/   てこ ヽ:: |
           |:::::∧/ ̄ ̄  .\ /ノ___∠r(  イ::: |
           |:::ノ≦========='´==========≦jヽ::!
           |:::{ |三三三三三三三三三三三三| }|
           l::/ |三三三三三三三三三三三三lノ::!
           |:| |三三三三三三三三三三三三|:::::|

柊かがみ
「さて、私たちが実際に客観的世界に対して影響を及ぼすためには、
当然に、実行したいことの抽象度が
実体のレベルまで下がっていなければならないわ。

これはいい?」


680 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:38:22 ID:yg7EH6hU



                 |iiiiiii'!iiiiiilliillliiiillll'"l'",,,,,,,...............,_'''--.,iiiiiiiiiiii'.,
                `-,_-,,,iiilllllllllllllllllllllll''"------ `''''-,iiiiiiiiiiiヽ,`.,
              _,..r''" ̄iiiiilllllllllllllllllllllllllllllllllll,,,,,,,,,,,,,,,,,iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii`-,.,
          --''".,,r''ll'''''"iiiiiiiiiii'"`llll,,''''''ll,,,,iiii"""""""`''--.,iiiiiiiiiiiiiiiii`,
            /,.r'",,..lll"riiiiiiiiiiiiiiiiii'''ヽ iiiiiii`i--...,__iiiiiiiiiiiiiiiiiiii-.,iiiiiiヽ.,i`!
            -"/iii,lll''"f"iiill|iiilll|iiil,iiiiiiiiiiiiii`'''-.,,_iiii`'''''''---....,_`iiiii|ii|`,|
             |,lll/l/iiiilllll|iiillll|liiilヽ,iiiii\\_ヽ.,,,--.....i,,,,,iiiiiiiii`'iiii|li| `i
            |/"i"/liillllll/iilll/|lliii'l|.,i,,,,iiii\ヽ -,`.,-,,,,,,iiilllllll,,,iiiiiiiiii||||   フィクションの世界になら概念そのものに
               |/|lllllll/]llll/ |lli.,,,`i '.,,,,,,,iiii',ii| `-,L,>llllliiilllllllllliiiiii|/    干渉するキャラもいるがな
               |' Llll/'''-/-..,,|'.,'-,`, `-,_iiv-'''二L,,,,,,,y',|lll,.r''-.,/
                 `.,|, --|t--,._'!, `-, '" ヽ|''"-ゝ--'"` ||l| r'''' |
                  `'i, `''"'''" `                |!j''" !
                    '.,                       /"ノ_ノ
                     ヽ      ,.i               _'",.-'
                      \     ヽ       _,.      "|フ
                       `ヽ_   ''''''''''''''''''"     /  !
                          `'-.,          ,.-" /  |
                             'i-.,_  _,,..-'"   /  |
                           ,,,...|_`''"_,,....---'''''''''''''"'--,
                          f`''''------'''" ̄ ̄::::::::::::::::::::|
                        ,.....|;;;;;;;;;;|;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::f`,_
                    _,,.-'";;;;`-;;;;;;;;|;;;;;;;::::::::::;;::::::----''":::::::::::::::::`''''''''--.,,_
      ,,.....................----''"::::::::::::::::;;;;;r''"`l;;;;;;;;;;;;;;;'''''''''''":::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`''--..,__
     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'-..'";''''''"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::''''--..,,,
    ,i::::::::::|:::::;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/"`i,


美筆やる夫
「ええと? 抽象概念に手を加えることはできないってことかお?

……あ、そりゃそうか。

抽象的な概念はあくまで主観的世界の中だけの代物なんだから、
それ自体に干渉することはできないお。

もし『ジュース』なんて概念そのものに干渉出来たらそりゃもう神だお」


681 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:38:56 ID:yg7EH6hU

              ,,.-,=-xy_,,xtx:_/ノ_,..___
            _,>=-‐ _二ニ,、j/r'  =ニ_
    o     ,,xjZ゙i ≠ ̄: : : : : : ゙: : : : : : : : : : ~:.x一、
   ____   j  /: : : : : : : : : : :l; ; : : : : : : : :ヾ、: :\>
   !    二ソ彡゙' ∧ : : : :/: : : : /}::!k: :x : : : : : : :ハ ヘl!
_Ox‐}   >ー-// い : :/: :_,: / l::! 、_: :!ヘ: ヘ: : : :ハ l
   !r=フ´  ○: ::{   ノ`T ̄/  !   lΤ i.、::i;: : : ::}   『幸せなお嫁さんになる!』
>  >-!_    /: : : :: ̄ / {/    /   }ノ  i::i: lヘ::::: }
!/ ヾ /~^''y: : : /i: /了て丁T    f Ti了i!:!::: }::ヘ::::!  ……でも『幸せなお嫁さん』って
.    y _ {:/:::i! |/ i  {fi:;;ir}    i!イi!} iハ::|::::::V   具体的にどうなればいいのかしら。
    ~T \|:::::;∧r^ヾ   ゞ-‐'    丶 ゙ .{ヘ::ソ:: : : i
.    /: : : : : :/  ゝ._ 、  ///, -─s ///ノ |: : : : : :l
   /: : : ::::::/      ヾ ._  {,__ ソ . イ   |: : : : : :|
  /: : : : : :/      __.~Tー-z‐ ''     |: : : : : :|
/: : : : : ::::/     /´   `,,xyZ仆Ytzy、 .   |: : : : : :|
: : : : : : ::::/      ,/_  , /'}ン0X;シ0K※ミ  .i!: : : : .
: : : : ::::/     y~~x/ {, ヘ※シ9ミWゞ*) . /: : : /
: : : :/_____./   /. ヘ、ゝWノゝ※゙シ.ヽ,=- '゙ //
: / i゙     /   /  / ~゙'゙∧゙~\ヘ !   ./: : {
´    !;   ___i - ─一''´\,.イ i!ヘ_.>:\_,/ : : : ノ
   /,..:'''::/ .|     _,.xイ/::::::|、  ヾ : : : :. :.:.:.;/:
   > ̄  : ゝ-一:T   /::::::::i! 'l   `ー-一''
  /  /   : : i     /:::::::::{ ハ  /

柊かがみ
「形而上の世界への干渉になっちゃうからね。

そんなわけで、抽象的な目標はそのままでは
達成することができないの。

でも、目標って割と抽象的じゃない?」


682 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:39:19 ID:yg7EH6hU


         ____
       /      \
     /  _ノ  ヽ、_  \
    / o゚((●)) ((●))゚o \
    |     (__人__)    |
    \     ` ⌒´     /
   /´           `\
  /  /          l  l   .___
__l  l_¶______/_/__/     ヽ
  \, ´-'ヽ  ̄| ̄ ̄ ̄ ̄|   l二二二二l
    ヾ_ノ   | '''' '   |   l二二二二l
   | 9=ε-8. | '''..--  |   l二二二二l:::..
   |   ..''  |  ''-.  ,|
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

美筆やる夫
「あー、たしかに。

SMARTの原則に従ってなるべく具体的に設定しはするけど、
それでも目標って実体レベルまで具体化されてはないお」


683 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:39:48 ID:yg7EH6hU


       \  iー´─ -: : : : : : : : : : : : : : : : : `: ‐.、
         \、l: : : : : : : -、: :、_: : : : : :.; : : : : : : : : :`
          , r ": : : : :、: : : : `ヽ二:_:‐:/、_: : : : :, --‐.'
     .ィ ´: : : : : : ; : /、`` ‐ 、: : \了 ̄`` >ゝ_ ,
   /: :, ィ: : : :.l: :.l/   \   ``.‐/ヽ   ./.x7ヽ .',
  //´  /: : : : :.',: :',     \  ./   ./:::::/
       ./: :.;.:.|: :.: '、:.'、      `   ./,仍:::::ソ/〃
      /: :./:..:l: : : : l'.、'.,   ,       .´`'''/ 〃
    . /: : :l: : : : : : :..', \.,/
    . ,': :..:.:|: : : :V.:,、斗 '"    /,,
   ..l: : :./|: : : : V: : ∧   /xf_'ノヽ   .`
    |: :./ .|: : : : :.V: : ∧./,xf"::::::::ソ/    '、._
   ..l.:/  ',: : ト: :..:V\:.l⌒i_`'''´/ 〃      .`
   ..l/   ', : l.ヘ: : : :/ .ノ、    〃
        ヘ:.l .ヘ/ /ヽ: ,ヽ、            ,
          {´ヽ/ ._/ -、: ゝ ー、 、       .,、- 'ヽ
        i ./    、  ゙i: : ヽ、_ , > 、、 - ."´: :\
         .l        ヽ\: :\:.:\: : : : : : : :/~`ヽ
        .|      ` .、!、: : ヽ:\:\\: :.:,、r':.:.:.:.:.
        .l      ゝ / \: : : : : :,、<二:.:.:.:.:.:.:.:

柊かがみ
「でしょ。

だから抽象度を低くする作業、つまりブレークダウンが
必要になるの。

抽象的な目標は、実体レベルまでブレークダウンすることで
はじめて達成が可能になるわ」


684 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:40:24 ID:yg7EH6hU



                       _____
        ,..-‐-、__       / ヽ   /  \
       /       ヽ    // ,.-、ヽ  ' /,..-、 ヽ
      /  '´`ー―-イ    /  ヽゞ-' ノ   ヽゞ-' ノ ヽ  
     . / ./ ̄ \   }  ./:::::::⌒ i´  人  `i ⌒::::::::::ヽ
     / ', -、   \.ノ―、|      `‐‐'  `--'       | 
    . / /   \    ヽ   l|       |-‐┬‐-|         |
   /   ヽ   \  /  l \     ヽ___/       /
  ./     入   .}‐〈   } __\              /
  /       <  _,イ__,-`ー ':.:.:.:.:.:.:.ヽ`ー―‐.、    .,..-‐‐ト、
  \      ̄ /|:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\  /:.:.:.:.:.:l:.:.\
   `ー――‐ '   |:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ト、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ ':.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.ヽ

美筆やる夫
「ああ……、なるほど、だお。

長年の疑問が氷解したお。

目標を立てても何から手をつければいいのかわからない時があって、
あれはなんでだろうと不思議に思っていたんだけど、
要するに実体レベルまで抽象度を下げられてないんだお」


685 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:40:53 ID:yg7EH6hU

              、_____
                \: : : : : : ̄: ̄:`:ー::─:-/:ヽ:─::-::-:.、_
                 >:-:‐:':´: : : : : : : : : :|: : :: : : : : : : : : `ヽ、
               /. ..;ィ. . . . . . . . . . . ..;/|: ::i:: : : : : : : :、:: : : :\
              /: ::/;: : : : : : : : : : :// |: ::|:: . . . . . . . .\::. . .∧
               /: :/:;イ: : : : : : :-‐:;'::/ /  |: :|、: : : : : ::|:: : : :ヘ:: : :..ハ
             j://:/: : : : : : : :.:/::/ |  |::|∨::ー-、:|i: : : : :ハ:: :i:: }
            '´ //: : : : : : : :;ィ': ::/   |  |: :| ∨: : : ::||: : : : : :|: :|:: :|_
                  /: : : : : :.:/_|: :/_  | |::| ∨: : ::| |: : ::|:: :|:: ̄:::/::::〉
              |: : : : ::;ィマ弐テォ、゛  |  ヽ::|,_\: ::| |: : ::|、::|::::::::/::::/
                |: : ::/::∧l |_,ノ::|       ,ィチマ弐ア ,|: : :|:|: |:::::/::::/
               |:/: ::::::::ハ、 |:::::::j      " |_,ノ::::./,'/:|: : :|:|/::_:j:_:/:|
              |: |: : :::::人j ゛-‐         |::::::::/, /::::|: :/::::::::/::::::::|
                  |:.|: : ::/::::i:::、"     '__   ` ‐-'",/\:|/_::_:_;イ::._:」
                 |:|: : ;':::::::|::i:::ヽ、  (::... `)   ",.ィ;/  /: : :::/:::::: : : |::|
               |!: : :::::::::|:::|::::::::;>‐`=r"-r<´/`.、/: : :::人:::::: : : l八
     _           |:_:_:::::::::|:::;ハ:::/,ィ─r'´ヽ _,.∠_,.-‐',ィ' ̄ ̄ `ヽ、:::、: : :\
    }三二ニ=r‐r:==ニ二三三{:::∨ ∨    |  ,ィ'´:::;ィ: : ::/´         ∧:::\: : :\
    |     | |:i         |::/ /` :  l/::::://: :::/         ハ、:::::\: : :.\
    |     | |:|          |/ 〈.  `〉 /::::/ /: :::くノ            } \:::::ヽ: : :∧
    |     | |:|       ,| _,ノ゛ :/ /:/   /: :::/          〉  \::::: : : :.∧
  /´`).     | |:|     /´\   ::/  '"    /: :::/ ,r─‐-.、      /: /    ∨:::. : : ∧
  〈 ̄`ヽ    | |:|     7´⌒ ヽ ::l       〈:::/∨      \/〉 /:: /       ∨:::: : : ∧

柊かがみ
「それも理由の一つね(考えうるのはそれだけじゃないんだけど)」


686 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:41:33 ID:yg7EH6hU


   \    \   ,;'"´::`ヽ,
  \   \ \   |::::::::::::::::::|
   \    \    ゝ::::::r'--'--.、__
  \  \  \ ミヽゝ|        `l
 \   \    ミ  ヽ `}  ヽ、__, |
  \    三ニ'_  ヽ {         \
     \__________)   ミ |     -ーー-、ヽ
 \  イ      `ヽ、 ./´  .|゙ヽ-/L.l'ヘ、___,ト、
  ,..-ー'_______     /  「  __v-'-V- 、,___L__|
  l  _______  `   |   / / \  /  |
´'"´ ̄,..ィ",. ------;゙-‐''" /   ○   ○  | ̄`ヽ、
   ´‐'´   \ <   ,__r'    _       |'-、   >
      \  \  `ー'|  .\_  `ヽ   _ィ' / ヽ'"
    \  \      \   `T'''ー‐T´ ノ/
         \ \ ,-、 |   V'"二'  r'_
        \   ,ヘ、 ヾ     ゙ー'  / `ヽ-、
           r‐'  ヽ   ヽ   r'   r-; |
            \     \    .l    |  {
              \ ヽ  ヽ   |   |   ノ
               `ヽ\  L____,|ヽ--'---'
                   `´ ヘ  |  |
                      ヘ_|ヘ_|

朝倉涼子
「では『日曜日はせっかくの休みだし楽しみたい』と目標を設定したとして、
どのようにブレークダウンしていくのかを考えてみますね」


687 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:41:50 ID:yg7EH6hU


┌─────────────────────────────────────────────────────────┐
│                                                                                    │
│~ ブレークダウンの例 ~                                                                  ....│
│                                                                                    │
│                                                                                    │
│抽象度                                                                              ..│
│                                                                                    │
│高    ・日曜日は楽しみたい                                                                 .│
│                                                                                    │
│     ・美味しいものを食べる・友人たちと遊ぶ・まったり休む                                              │
│                                                                                    │
│低   ・友人たちと河原へ日帰りキャンプに行って、川釣りとバーベキューをする。8時9時くらいに帰ってゆっくり過ごす時間を確保。   │
│                                                                                    │
└─────────────────────────────────────────────────────────┘

.


688 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:43:37 ID:yg7EH6hU


     -=三/    ,.-‐'"´         ミヾ、
    -=ニ三          __,...--r──--┤
    `ニ三  /    ,..ィ "´/ ,   lヽ __   ハ
      三/   ,.-'"/ / // |   l/'´, 、`-,、lヘ
      彡 γ´/ 、l__-'  (/ ∨,/ ./ / ノ } ト-、
       ,ニ| └r、_| ゙̄'''''''  ´ / ∠_ノ_/  l ヽ
     / l´|   二ニニ==ッ   ー──ォ-チ∨ |`ヽヘ
    / /l└-r‐'   //   __,..ヘ ///xx.l  |  `ヘ
  / /  l,.-‐ヘ  //  「 ̄   ////  ノ.,..、  ,、ノ
./  /-‐ ´  /'ヘ xxx    l    / / レ'/ ,.ィ' ノ  `ヾ、
  /´    /  ,.、',     ∨  / /_,//'",..-<     ヽ
フ    /  /  ゝ、___,..ゝ././[,. | レ'´  .l      ヽ
´Y  /、  //  /    ノ   .レl_二ノ´ .}    ト、-‐‐'_'フ‐"
__ト、/  `´ /  /    {    |  。 ゚ ゚ ノ  ,.....,ノ-‐'"
  \    /---、l     }    }  `´_"=‐'"ー-'
    \/    |    ー-=ニヽ‐'"

朝倉涼子
「あくまで一例ですが、このようになります。

もちろん、『日曜日は楽しみたい』が目標(目的というべきかも)なので、
キャンプだけが唯一の選択肢である必要性はまったくなく、
テニスをやるもよし、映画館に行くのもよし、
マンガ喫茶に行くのもよし、一人でエロゲやって過ごすもよしです」


689 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:43:59 ID:yg7EH6hU

                         _,ィ
                _,.-‐ "´ ̄  | ̄`ヾ=─-、
              /´       ,/i ト、   `ヽ 、ヾ
           __    / ,ノ/   ,/ ,/ .|,| ヽ    ヽヽ
          <´ ヽ,/´ ̄i=/ ___,/ ,/  ||   ヽ.ヽ.  ヽヽ
          ヽ、 i i、   |//   /`ソ   ノ   -‐弋 ',    トヽ
         /ー'| ヽー'/  、-‐-r、     , -‐ァ |ヽ   | i!
        く_   |  `,ゝ ∧:::::`゙|`    'i::ri´',. | ヽ |
            ``iーレ'´ | jヘ ',:::::::|      |:::l |)|   |', |
              |  |  | / ヾ ` ̄       ー' ,ノ ,|   | |!
              |  |  |'ー-‐ヽ、   ー  _, ' ,//  |
              |  |  | |   /\ー、‐<ノ,//l   |
              |  |  | |.  /   \ l ,/i、/ .|  i. |
          |   |  |. | /‐┬- __ゝ/ノ ヽ. |  l. |
             |,i  ,|  l. |,/  |<´    ヽヽ.  iノ| | |
          | l ,' |  | |  _,l ヽ       |  | l |l
         ノ | ,'  ',.  |,. '´ L _ヽ __ ,ノ-‐'ゝ |. |
           |/   .',. |   //  | ', ヽ \ヽ、_ | |
                  ヽ |  /.,'  |   ',  ヽ_,>-,ゝ|
                    `,ー--|__,-‐'ー,'´ __ノ"
                       ,'   / ,'   ,'"´
                 ,'  ,/ i  .,'
                 ,'、_/  |__,'
                 ,'   /  |   |
                  ,'   /    l  |
                    `ー'     ー'

柊かがみ
「目標の細分化とも言われる作業ね。

抽象度が下がっていくにつれて、一つ一つの概念が細かく
なっていくから、イメージ通りの名前よね」


690 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:45:33 ID:yg7EH6hU



      _ ,. -‐フ^ヽ--/ `ヽ、_  _
    ,.イ   ̄´    ヽ' ,、  ` `´ .ヽ
   //     ,  ,'ヽ,/_ ', l     ヘ
  / /       ,'   | `´  l l   ',  ',
. / l ,'  ,'  __l__ リ    | |_,   ',  ',
,'- | |  ,'   ハ `゙'ト    ,ィ''´L.....__',  ',
  | l_l _, r-,.-‐‐-.、    ,,-‐‐‐、 |`  r-'
  |   ´ l弋   _,ノ   ヽ、......ノ ',‐''´',
ニァ|    |   ̄´            ',  ',
  l |    |      「 ̄ ̄l     ',  l
  ,lヽ    | U     |    |    ,ノ  l
  l l    .l_    |   _|  _,..ィ'     l
  | ',    ',`>‐、-- ̄r‐ヾ´  ',.    l
  |  ',    ',   ヽ'´ `|  \  ',    l

朝倉涼子
「さて、ここまで話を進めておいてなんですが、
実は『抽象的概念と実体』の考え方だけでは
ブレークダウンの全てをフォローできません。

もうひとつ『全体と部分』の考え方が必要になるからです」


691 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:45:53 ID:yg7EH6hU



         __,,.. .-‐ '--、,
      -‐=ニ´:/:.:、:.:ヽ:.:.:.:.:.:.};;}ヽ
.        /:.:i: : :ヽ:: :ヽ: :丿;;;)::)
       レj_:::::へ、:..:|::.:.::!: ̄:: : :|
          i|:ハ:.:l⌒ヽ:.{: : :i: : ト : : |
.           i(・ ) ヽ.;:^)ヽ{: : l::|
            ヽ __,"" ,ノ:/:. 人:j::|
            `---,/:.:/-"  |: :|
                /-イ`iヽ   |: :|
             て)_くi ヽ  .|: :|
             |_|ヽ_|:ヽ__\:|: :|
              /." ̄  ゝ-' ヾ'
             ゝ-、_へr-"
                 `_ソ

柊かがみ
「というわけで、次やるのはそれなんだけど……

だいぶ長くなったので一回休憩しましょ」


692 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:46:10 ID:yg7EH6hU



◆◇◆◇◆◇ ティーブレイクと次回予告 ◇◆◇◆◇◆


.


693 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:46:22 ID:yg7EH6hU

                  ,.-‐_'''",ニ、ー,.-、,...、
                 / / ` ´      .、 ヽ
                 /  / ,. /  l ∧∧, ハ  ハ
              /   |  |. |  | |  .| | | |  |
              }--ー|  斗ヒ'T.l  テニト' / リ
              ト、.__ ト、__|`` ̄    `/r-'" _
        ,..-ィヽ、  |`ヽ、,|  |.====  .===| | / /l_,.-.、___
 __,..-‐'"   |  `゙7  λ|  |        | |'"¬'"´       ̄`゙'¬,ォ
ト、._       〈    |  | ゙|  |   弋'ッ  .ノ |            / |
ヘ   `゙''-.、_.,ィ'ー-゙、   /  ./ ヘ,..-'゙'',ニ''_、ス¨「´  |   _   __,.../  /
 |     /  ,ィ'" | ./   /  / /L.l  ヽ-'ー''"'"´ ̄  7´       ./
 ヘ    ∨/ L___| ̄ ̄ ̄/. /´ ̄ |  _,|         /       ,〈
   >、   \ヽ、_    ,ノ_,ノ     ¨´         /      / ,〉
  〈 ヽ、   `゙''ー`="'"´                 /    ̄ ̄ / ヘ
   〕                          _,. 〈      /   |
  /  `                   ---- ニ´   〉          |
  l                           `   |        ,/
  `゙''ー-=、_____                    |     ,..-'"

朝倉涼子
「ふいー」


694 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:46:51 ID:yg7EH6hU



               /\
          '"  ̄ ̄ {    ̄ ̄`丶、
         //: : : : : : : j: : : : : : : : : : : :\
     /' 7: : : : : / : : ∧: l: : : : \: :\-=ヘ_
       /: : : /: /: : :/: ハ:ヽ : : : : l: : : ∨:7(_厂\
        /: :/ /.: :|: :⌒:/  ヽ {\⌒:| : : : ∨ │  〉
     /: ;イ:│.:.:.| :/∨    ヾ \j: : :ヽ:ハ.  |l  /
     Ⅳ│ |.: : :!fて汽    イう汽ス: : : l: |  |:∨
         V:! : :ハ! V:rリ    {ト:::rリ ヘ : | :ト、ノ! :!
        ヘl :.:{小. ゞ''  ,   ''ヾ'  ^∨N : ,'.:│
        ∧ : j:人xx  rっ  xxxヘー/: : :/: : |
        |: ∨:|: : :`ーr-zr  ァ<. //: : :/: : : |
        |: : : :|\:_;斗' >‐く  〃: : : :/l : : : |
        |: : : :l /-―|o/ O∧o/: : : : :∧|.: : :│
        |: : : :|' {   `|   | 7: : : : :/ │: : :.|
        |: : : :| V ̄| | O | /: : : /   !: : : :|
        ヽ: : :| {____,| |   |,' : /    │: : :.|

柊かがみ
「涼子ちゃんお疲れ様。集中が必要になる作業を受け持ってくれてありがとうね」


695 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:47:15 ID:yg7EH6hU


       , - '´`ヾ ''ヽー-ッ、
     / ,   /  ,、ヽ'  ヾ-.、、
   /  /  /  /_ ヽ^l      ',ヽ
  / / /   / //  `´7 ,'    ',.ハ
  Ll__/  斗=ト、,'     ,' /  |   l  l
   / l  ハ ,'.l ,'   /ォミ、 /   l  |
   ,'`ー'r┘-' ヽ   /,//  メ、   ,'  |
  ,'  ,' 三ミミ   `_<__//   //ヽ{
  l   ノ xxx      =ミx、 >、/l/  l´
.  l .〈         xxx`ヾ   /ニ〈
  l   ヽ、  、__     /   /´   ヘ
  l   / l`r-、、_    /   /    ',
  リ  l'  l lヽ ` ''`フ"7   / l     ',
  | /   ヽ'ー`ニ7./ /   / ヘ     ',

朝倉涼子
「どういたしましてー」


696 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:47:27 ID:yg7EH6hU

       / ̄ ̄ ̄ \
     /       . \
    /  _ ノ   ヽ、_   \
   .|   (ー)  (ー) .  |
    \    (__人__) .  /
     /    `⌒´    ヽ
    ヽ、二⌒)   (⌒ニノ

美筆やる夫
「そういえば、子ども(?)の朝倉さんが5つもジュースを出せたのに、
やる夫は中途半端なコーヒーを1つしか出せなかったのを
思い出したお……。残念だお。やっぱり才能かお?」


697 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:47:43 ID:yg7EH6hU


          ,..-──v'⌒ヽ
       _/:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.厂`ー―ァ
.     /〈::::/:∨:.:.:.:/::.:.:.:/:./:ヽ:.:.:.:<
    〈::::::::Y::::/:.:.:.:.ナナメ|:/ヽ:.:}:.:ト:.\>
    ヽ:::/:::/:.:.:,ィ-|∠_ リ  |:ス:.:|:.:.:. |
      〉-r(|:.:./ `ト{:r「   イテチ:.:|:.ト:.:|
.     |:.:.:|:.|:/_  ´ ̄   ヒ!ノ∧|.:「リ
.     |:.:.:|:.:.:.:.:ト、   rァ   ノ:|:.リ
.      |:.:.:ト、:.:.:.K:}   r‐ rイ:l:.|:.:|
.      !:.:.:|__}:.:.:|::::\_,,>、:\:l.:|:.:|
     |:.:/ ヽ:.:.ヽ::::::ヽ |::::::}:/:/
      ∨   ヽ:.:.:l\:::ヽ|:::/|:./
    /   .|  ヽ::ヽ \ |∧l:.{   r‐rこつ
.   /   ヽ レく ヽ:.:ト-ィ r'>'⌒「 |_ ⌒⊃、
.    {    ト、::}、 ト:.|/  \  |  ヽ:::厂 ̄´
    \    \ |:.:|   ∧  }   ヽ-イ´

柊かがみ
「集中するための訓練をしてないからでしょ。

瞑想と呼吸法を所長に教えてもらえば? 集中力がつくわよあれ。

……聞いてますよね所長。どうですか?」


698 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:48:02 ID:yg7EH6hU




           SOUND ONLY         






長門有希
「かまわないが、命題論理が終わってから。

一度に様々な分野に手を出すと混同しかねない」


699 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:48:21 ID:yg7EH6hU



          ___
         /     \
       /   \ , , /\
     /    (●)  (●) \
      |       (__人__)   |
     \      ` ⌒ ´  ,/
      ノ          \
    /´      _i⌒i⌒i⌒i┐ ヽ
    |    l  ( l / / / l
     l    l  ヽ       /

美筆やる夫
「そのときはお願いしますお」


700 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:48:33 ID:yg7EH6hU


 (  /         ____          ヽ __  ) |
.  ヽ|     ,. ,-r::T:「´  |::|:::,.zェェk`::T::l::r:-...、_    ├ '   |
.   |  ,..ィ::'::l:;zュ=+::|   |::l:´:「::::::「`゙:ト::|::|::;:::::::::l`ヽ、. |   |
   Y´::::|::l:;イ´::ハ:::|ハ   リ;::::|:;ィzェミ|::::|::l:,'::::::::::ト、:::::r'   |
    |:::::::|::l::::Vィ'ヽ`ヽ   ´ イ _)ヽ:仆;:|::l,':::::::::├-ミ::}   |
    |:::::::l:::´l { r-'::ハ::l       ら゚:ハ::} V ,'::::::::::::l:::::::::::l   |`ヽ
    ゙l:::::::´:ヘ ゙ う;::::リ:l       {弋_:ソ:リ 'レ::::::::::::::l:--r‐{    |.:.:.:.
    |`TT`:',  辷Zソ ,    ゞ=ニン /:::::::::::::::ハ:::::|::::ト--┘.:.:.
    |::::l::|::::::}xx`´          xxxx /::::::::::::::,'ノ::::::|::::l.:.:.:.:.:.:.:.:.:
    |::::l::|::::::、      __,.     /:::::::::::::::/::|::::::::|::::l.:.:.:.:.:.:.:.:.:
    |::::l::|::::::::`:rー-....___ , ... _-ノ:::::::::::::::/::::::|:::::::|:::::l.:.:.:.:.:.:.ノ
    |::::l::|::::::::::::|:::::::::::::l,ィ';},. ' ´/::::::::::::::::;イ:::::::::|:::::::|:::::「 ̄ ´
    |:::::l:|::::::::::::|l:::::::/ノ´ /:::::::::::::; イ:::::|::::::::::|::::::|:::::|
    |::::::l|::::::::::::| V/'´ l /::::::::; ' ´  ハ::::|:::::::::::|::::::|::::|
    |:::::::ハ::::::::::| /´ノ |/::::::::/       }::|::::::::::::|::::::|::::|

朝倉涼子
「頑張って下さい。5つくらいはなんとかなると思いますよー」


701 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:48:46 ID:yg7EH6hU


┏───────────────────────────────────┓
│                                                    │
│         【論理学】やる夫が論理的な考え方を学ぶようです           ..│
│                                                    │
│                                                    │
│                  第3回 命題論理(2)                    .│
│                                                    │
│      ~ 含意が表現する物事の関係(1):『抽象的概念と実体』 ~        │
│                                                    │
│                                                    │
│                      お わ り                        │
┗───────────────────────────────────┛


702 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:48:57 ID:yg7EH6hU


┌────────────────────────────┐
│                                         .│
│参考書籍や参考サイト:                         ...│
│                                         .│
│                                         .│
│・野矢茂樹 『論理学』                          .....│
│・John Nolt/Dennis Rohatyn 『現代論理学(Ⅰ)』            .│
│・苫米地 英人 『心の操縦術』                      ..│
│・茂木健一郎 『脳を活かす仕事術』                    │
│・地橋秀雄 『ブッダの瞑想法』                       .│
│・Google神                                   │
│・Wikipedia                                  ..│
│                                         .│
│*たぶん追加されます                           │
│                                         .│
└────────────────────────────┘


703 :名無しのやる夫だお:2010/04/28(水) 23:51:51 ID:c9HvaO2E



704 :名無しのやる夫だお:2010/04/28(水) 23:55:30 ID:ZFJk73ek
乙でヤンス

あ、頭が痛い…
あと何回かじっくり読んでみますw


705 :名無しのやる夫だお:2010/04/29(木) 00:03:56 ID:oa.17gvQ
乙でした!

抽象的概念の説明を聞いてたら、
唯名論と実念論の議論のベースってここなんだな、
ということを今更ながら把握しました。





    i^,\ _,,_ /^l
    lノ  ⌒ i|l ⌒ヾノ
   シ " (● )  (ー )ミ
  メ  = ⌒(__人__)⌒=ヽ    一度だけじゃなく
 彡     |r┬'|   ;ミ    何度か読みなおすと
 γ⌒)   `ー '   ン      より理解できるにゃ












コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://run1dekiru.blog28.fc2.com/tb.php/124-2765320f


ブログパーツ











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。